お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(6082)立志伝敢闘編
20/11/07
2015年(平成27年)10月下旬。
 この日、午後から隣のイオンショッピングモール内の喫茶店で、東京のファミリーマート系列の配食サービス事業者が来て説明を聞いた。
 先日、電話で突然配食の話があった。
 色々と説明があって
 「これまで経営していた、門真、守口辺りの御社の事業テリトリー内での事業継承をお願いしたい。大阪市から配食の委託を受けているので、突然止める訳に行かない。推薦を聞いたら、幾つかの事業者を紹介して貰ったので、お電話を差し上げている。」
そんな話だった。
 話では6社に声掛けをしている。その配食だが、当社でも既に数か月前から検討していて、現在のコミュニティーサロン「ララ♪こあら」での配食設備を整えての検討や別な物件を借り入れる検討などしていた。
 その時に降ってわいた話に私自体は、相当の期待を持って臨んだ。6社競合なら、ぜひとも当社が獲得したいと思っていた。
 ネットで調査した。まず、ファミリーマートの配食部門の事実を知って少しがっかりした。
シニアライフクリエイトという組織があったのは分かった。その中の配食が、K社だったのだ。その評判は十分熟知している。どうやら、最近出資して子会社化したようで、意欲が半減した。
 その半減した中で、待ち合わせ場所の喫茶店丸福珈琲店に入った。30分程度早く着いたが、私が入る前を歩いている男性がサラリーマン風だったのでそいつではないかと思ったが、一旦席に着いた。
 そして、改めてそいつが座った時を見計らって
 「失礼ですが、ファミリーマートの方ですか。」
と、声を掛けた。
 間違いが無かった。
 「30分早く来て仕事をしようと思っていました。」
そう言っていたが、この人間がファミリーマートの者かと疑いたくなるような、言葉は丁寧だが、無理しているのがよく分かる。
 私に電話を掛けて来た責任者ではなく、スーパーバイザーだと知った。
少しの挨拶だけで、すぐに商談に入った。話題の無い人間だと知った。
 「早速ですが、今回の経緯をお話しさせて頂きます。」
と、一方的な話が続いた。
現状のテリトリーの収益や顧客などの状況だ。驚いたことに、私も事前に調査していたが、現在の配食の中核店舗は門真市の大東市よりにあり、そこから守口市、大阪市の鶴見区の範囲となって居る。
 つまり、ウナギの頭の部分に店舗があり、鶴見区は尻尾の部分にある。何と効率が悪いのか。疑問点が大きく膨らんだ。
 現状は赤字経営で
 「正社員が3人おります。その3人は経営者が変わると同時に退職して、その後釜に非常勤を入れるとか社員を二人で給与を下げれば初月から黒字になります。」
 そう言って、安心させようとしているのだが数字から判断して、興味が無い。
 何故なら、私たちは独自の展開を図って行く予定だ。サロンの展開と連動させて、イベント機会を活用しての配食や医療との連携を図った配食を検討している。
 その勉強は、この機会を得たのでしたのだが、このスーパーバイザーは私の説明に何の興味も示さないばかりが、そっぽを向いている。
 つまり、何も知らないのだ。ビジネスチャンスを得る機会をこいつは失っているのを全く理解していない。
 その態度を見ながら、こいつのプランには乗れないなと思った。
 「ファミリーマートの出資は、分かると思いますが我々にファミリーマートの食材を運ばせようとする魂胆です。将来は、ファミリーマートで扱っている部材を配食と一緒に運ばせるということを考えています。」
 などと、自分たちの話だけはする。
どうして、そんな話をするのか分からないが、意味のないどころかそんなの興味が無いのと、遣りたくない。
 そんな個別の家を訪問して効率が悪い。それを。口にした。
 「1軒1軒回って配達するなんて、時間が拘束されるし難しいでしょう。効率が悪い。」
 「私どもの考えは個別配達が主ですので、そんなことを社長の面接時に言われたら契約が出来なくなります。」
「そんなの全く関係ない。社長面接があろうとなかろうと、事業するのはこっちだから嫌だったらそれまでだ。」
そう言って、そんなの関係ない意識を与えた。
 「そんな業者も居て、面接時に結果的には話し合って氷解しましたが。」
そんな言葉も、耳に入らずに意味のない時間を過ごした。
 既に、お断りする気持ちでいて資料の内容も見ずに終わった。
 時間にして2時間程度だったが中身が無く、奴は何度も
「他の希望している事業者もあり、やはり同じ情報を与えないと不公平になるので。」
 そう言いながら、何度も競争相手が居るというオーラを出していた。
 しかし、そんなオーラ不要で、既に意味のない業者の言葉となって居た。
 その言葉を耳に残さずに、次のターゲットを物色した。やはり、配食は結構個人でも始められるということで、テリトリー内に多くの事業者がひしめき合っていた。
 やっと、一つ見つけた。全国展開しているのだが、まだ、新参でこの地域にも出しているのだが、業態が異なるので大丈夫か。株式会社Sだ。

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報