お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(6079)立志伝敢闘編
20/11/06
2015年(平成27年)10月下旬。
 今日から、成年後見人養成セミナーが始まる。このセミナーも、持ち出しが多くて時間が拘束される恐れが多分にあり、止めるように研修センターの責任者に言ってあった。
ところが、勝手に組んで勝手に私の名前を入れて勝手に広報してしまった。この還暦を迎えた男は、どうしようもなく勝手な行動が多くどうしたものかと思案している。
 しかし、広報したものはどうしようもなく対応することにした。カリキュラムは、

成年後見人の位置付け


ニュースから見る成年後見のトラブル

トラブルに巻き込まれない前の後見人申立て

成年後見活動(倫理)成年後見制度概論


法定後見制度の基礎と実務


任意後見制度の基礎と実務

後見周辺の生前・死後事務委任行為など

財産管理・身上監護の実務


認知症に関する基本理解            知的障害及び精神障害に関する基本理解


法定後見事例研究




・社会保障制度の持続的維持との関係
・地域包括ケアシステムの中での理解
・全国の活動実態
・職業後見人の絶えない倫理欠如
・親族後見人の問題
・介護施設での虐待への対処
・高齢者の経済的被害の実態
・後見人になる前の心構え
・後見人の基本的姿勢
・成年後見の制度と限界
・後見人の業務の実際と報酬
・成年後見の実情(各地の活動紹介)
・職業後見人と市民後見人の違い
・任意後見の種類と手続き
・身元保証、財産管理、葬儀・遺言、保険、
 遺品整理、施設入居、介護保険申請、障害申請
 エンディングノートの活用など
・後見人としての業務シュミレーション
・代理項目の説明と被後見人となった意識の実際
・事例紹介
・名称と症状
・資格、施設の種類、実践の紹介
・各種施策の紹介
・事例検討

内容は私の個人的な考えで作成した。これまでの、法律一辺倒の市民に対する後見のセミナーは何の役にも立たない。それを、自分で改めたのだ。それが、各方面でそんな感じで打ち出されるようになった。
 この日は、本来なら他の者にさせようと、これまで政令指定都市のオフィス責任者を指名したが、余りの自信なさに、私が概ね対応した。その日が来ると思って待っているのだが、どうも交流や同行だけで、長年の教育が生かされていないのが分かる。
 コミュニティーサロンのスタッフが2人ほど受講することになった。彼女らは、この業務に積極的な関わりを求めているので、応じたのだ。

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報