お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(6055)立志伝敢闘編
20/10/23
2015年(平成27年)9月下旬。
朝は久々に大宮の自宅で起きた。前夜は、午後大宮に数か月ぶりで戻った。新幹線の中で色々とあったが、ポリテクの仲間に連絡を取った。
丁度久保ちゃんが、休みを活用して方々の朽ち果てたお城を見に行く。その様子をツイッターに掲載する。私はあまりツイッターなどしないのだが、彼のものだけは目を通して「いいね」を押す。そして、時々コメントを掲載する。
そんな訳で、この日の事務所から出るときに彼の投稿に、
 『これから戻りますが、夜に空いていたら会いたいので連絡を下さい。』
と、投稿していた。
 返事が無いままに、出てしまった。その足で、法務局や家庭裁判所を回って新大阪駅に向かった。
 新大阪駅で降りるときに、NPO法人常勤理事の智子さんに、彼のフォローをお願いしていた。その連絡が新幹線の中に来たのだ。
『今日の夜なら空いています。』
そんな返事で嬉しくなって、
『それでは、夜空けて下さい。』
話はとんとん拍子に決まって、結果的に大宮で7時に会うことになった。
その際、誰か他の同級生をと依頼したので、彼が
『友達が居ない人間です。人脈全く無し。』
と、言いながら、中、岩井、陽子各同級生に連絡をしてくれた。
結果的には、岩井君だけが来ることになった。
 岩井君とは、私とのわだかまりがあった。彼の調子よさとあまりにえげつないので、一回拒否したのだ。
 それ以来だから、3年を経過していた。
そのほか、Nさんに私から連絡した。彼女は当スクールのリーダーとして活躍していて、私と同じ時期にケアマネジャーなどの資格を取得していた。まだ、勤務しているようで、その時間を頂けるように私から連絡した。
 しかし、残念なことに送別会で、明日から台湾に行くと言っていた。色々なやり取りが何度も続くが、私どもの会社のホームページをつぶさに見ているようで、サロンの設置とか私が既にケアマネジャーを引退していることなど知っていた。
 そして、新聞に掲載された記事も既に知っていた。
 また、出発する前にそのポリテク時代の恩師からメールが来ていた。新たに先生の卒業された日本福祉大学の教授に、この際の検定のお話をして頂いているそうで、4日に東京にてシンポジュームがあり、そこに出席するので話をしてくれるそうだ。既に、メールでお願いしているようで、本当に申し訳ないと思っている。あの二流の高崎健康福祉大学の先生は偉ぶって、どうしようもなく、無視されていた。
 先生が了解を貰っていたのに、部下の講師が返事すらくれないのだ。こんなの、福祉を教える資格など無い。人格形成に再度学ばないと行けないのではないか。
 多くのやり取りで、やはり気になるKちゃんのことをNさんに聞いた。苦労はしているが、毎日一生懸命に生きているとのことで、少しでも様子が分かって嬉しかったし安心した。
 大宮駅で会う前に、いったん東大宮駅で妻に会って、荷物を預けた。法務局や家庭裁判所などを巡ってそのまま来たので個人情報がたくさん詰まっているバックを持っていた。そのバンクだけ、預けたのだ。
 「夜はどうするの。」
 「何言っている、これから飲みに行くのに食事は出来ないだろう。」
 「折角さんまを買っていたのに。」
そのまま、駅改札口を出ずに大宮駅に向かった。
まだ、1時間ほどあったのでそごう大宮店に行って、書籍を買うことにした。図書券を沢山持っていて、何かに使う用事が無いかと思っていたのだ。時間もたっぷりあるので、大きな書店に行って、後見関係の書籍を見ようと思ったが、無かった。
 かなり大きな書店だが、無いのだ。その替り、検定の勉強をしようと思っていた。その検定は数多くあるが、大きな書棚の全部を「漢字検定」の書籍で埋まっていた。今に、こうなるようにと写真を写した。
 書店の多くを見て回った。次の目的は紙芝居だ。これから、展開する高齢者向けの紙芝居作成を完全にするために、勉強がてら見に行ったのだがなかった。
 結局、購入したのはケアマネジャーの受験対策講座の本。マイナンバーの本。ふるさと納税の本という3冊で2千数百円。その本を持って、書店内にある喫茶店に入った。珈琲を注文して飲んだ。
 当サロンの珈琲はまずい。苦みが強過ぎてまずい。どこに替えてもまずい。結局、一番安い珈琲に替えたら何とか飲めるようになった。そのまずい珈琲がまともな味なのかを調べるために、他の喫茶店の珈琲を飲んでいる。
 美味しい。飲める。うちのサロンの珈琲は飲めないのだ。本当にこれでお客さんが居なくなった。喫茶店の珈琲がまずいのは致命傷だ。
 その喫茶店で休んでいると、Kちゃんから電話があって着いたと言う。そごう8階のレストラン街の和食寿司の店で宮城県のマグロや赤貝など沢山頂いた。
 やはり、同級生は楽しい。だんだんと仕事の話になった。久保ちゃんは、転職するために仕事をあっせんする会社にお願いしているようだ。手取り23万円くらいと言っていた。夜勤も休日出勤もあり、大変だ。
 二人とも、NPO法人会員になると言うことで、喜んだ。

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報