お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(5905)立志伝敢闘編
20/08/01
2015年(平成27年)4月下旬。
 朝早く起きた。まだ、3時台だった。息苦しくて起きてしまったようだ。暫くihornを見たりして、新聞が来てから読んで5時台まで引っ張って来た。
 昨日、私が不在の部屋に妻が来て掃除をして帰った。掃除をして貰っても、自分が使いやすいように配置してあったものが、動かしていて使いにくかったり、幾らきれいに整理しても使用できないような片付け方だったり、本当に必要だったのか、と思う。
 友人と京都に来ているなら、これまでのように京都や近隣で過ごした方が、なんぼお互いがいいか。
 起きて、直ぐに出勤した。暫く、いつものブログや投稿や記録を終えて仕事に取り掛かった。まだ、7時台だった。
 やることは、昨日、中小企業診断士が言って居た、補助金の申請書の作成だ。全く中身も見ずに、あれを作成してこれを作成してと沢山の要望があった。その大半が、申請書関係ではなく、勝手に支援すると言って来た信用金庫向けだ。
 何度も、中小企業診断士が
 「色々と文句を言って来たり、要望が多かったり、煩い。得に、個人と法人でズブズブの関係じゃないだろうね、と何度も言って来る。」
 つまり、私がオーナーである企業の資金と私個人の資金の区分けがきっちしていないのではないかと、銀行側が心配していると言うのだ。
 補助金申請書には経営革新支援機関の確認書が必要となって来る。その確認書を出すのに、信用金庫は心配なのだ。とんでもないところに出したのでは、責任問題になると言うのだ。
 あほらしい、この信用金庫には何の関係もないし、支援機関として顧問法律事務所がなっているし、先日は地方銀行だが大手の銀行の他の補助金申請書で支援機関としての確認書を頂いた。
 この信用金庫とは関係ないのだが、他の中小企業診断士が申し込んでくれというので申し込んだら、その方ではなく他の方が指名されたのだ。
 その言われて内容は、最初は理解できた。プランが理解できるような図解。それは、絶対に必要だが私は作成できない。NPO法人常勤理事に依頼するほかない。
 続いて、事業所が多岐に亘り理解できないので内容確認だ。そのうえで、一目瞭然に分かる資料を作成してくれと言う。それもある程度分かる。そうして、今度は、決算関係の書類だ。
 私が会社に対して資金提供しているのが気に入らないようだ。つまり、私が貸し付けて利子を取っていないというのに、長々と何度も言うので我慢できないので、言い返した。
 「どういう意味ですか。ちゃんと税理士の決算書だし、前の確認書は銀行から頂いている。何が問題なんですか。」
 本当は、もっと言いたかった。
 顧問弁護士が、支援機関になっているので了解も頂いているのだ。それなのに、関わりのないはずだった中小企業診断士の顔を立てて不快な思いをしたくないと思ったが、言葉を飲み込んだ。
 「私が色々聞いているが、あの信用金庫レベルでこれほどまでの質問が出来るか。あそこにはそんなレベルの人間は居ない。」
 などと、中小企業診断士は言って居たが、私が聞いている彼の言葉にも迫力が無く、何度度も同じ質問をして、同じ説明をしている。
 あとは、何を言って居るのか分からない信用金庫の質問らしい説明をしていた。
 時間つぶし的に思って、長いなと思って居たら、1回当たり3時間が原則らしくて、3時間になったら急に終わってしまった。
 前の中小企業診断士の時も、何を言って居るのか分からない時間の引き伸ばしで、時間が来たら急に終わってしまった。
 今日は祝日で、天気もいい行楽日和だった。しかし、事務所で仕事をしていた。気が進む仕事には繋がらないが、外出する機会があったのがせめてもの慰めだった。
 2時にマクドナルドで、福祉のコンサルタントをしている御仁の時間を取ってくれと依頼された。そのために、午前中だけ仕事をして出た。昼食をしに出かけたのだ。妻が来て居るかも知れないので、部屋に戻って不愉快な言葉を浴びせられては堪らないで、NPO法人常勤理事を誘って、駅前のホテルに出掛けた。
 バイキング方式の昼食で結構おいしいのだが、牛肉の網焼きが最低だった。噛み切れないのだ。幾ら噛んでも無理なので、エキスだけ頂いて口から肉を吐き出した。ダイエット食になるのだろうか。
 マクドナルドには時間より少しだけ早く行って駐車場で待機していて、来た時に一緒に入った。
 いつもだが、本来の目的は有った筈なのだが、私がそれを察知して言われないように予防線を張った。障碍者のグループホームを展開しようとしていて、その第一号の施設が出来る際の、経営権の話だろうが、私自身その気がなく、直接断れないので
 「私は第二号店で終わりで、これからフランチャイズを展開するのに、専任しないと行けないので、もう店舗展開は終わりです。」
 そのあと、自分の展開する斡旋物件の各種連携を求められたので、私も受け入れた。
 議員から昨日ジャズの招待を受けていた。世界的に有名なペットの使い手らしいが、私は残念ながら、造詣が無い。
 大阪市にあるNPO法人責任者にその話をすると、行くと言う。その要領をfaxすると言って居たが来なかった。直ぐに連絡して、何とかメンツがたった。
 明日夕方お会いする、東証一部上場企業のソフト会社を訪問するが、その資料を作成するので、急に暑くなった環境の中で、気力を維持しながら頑張ったが中途半端に終わってしまった。出来れば、連休中には完成させたい。

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報