お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(5847)立志伝敢闘編
20/06/28
2015年(平成27年)3月1日。
 今話題の経済本「ピケティの21世紀の資本論」の要約版を車中で読む積りで「PRESIDENT」を久々に購入した。上京の折に一読した。将来を占うには格好のデータが備えてある。
 これまでの資本論は、理論が先行していたが、彼のはデータが裏付けだ。データは、世間一般の人なので、内容的には納得できる極普通のことが書かれている。だから、分かっていても実践するかどうかに掛かっている。
 そんな書籍を読みながら、これからの会社や事業の行く末を考えた。今回の上京はいくつかの意味があった。一番の意味は、不動産の賃貸契約の実印の押印と、私と妻が保証人となることの承諾書への実印押印だった。
 それが済めば、今度は実践となる。その実践となるために、多くの勉強を開始した。マネジメント、マーケティング、サロン設置のための基礎的なモノを学ぶ。基礎が出来ていないのに、応用は利かない。
 帰りは、いつもの時間だと思ったが少し早目だったようだ。11時半に東大宮駅を離れて上野に向かった。上京するたびに、駅そばを食べたいと願って居るのだが、中々巡り会えない。
 最近は、朝食抜きの一日2食の食事形態を取っている。新幹線の中で読む週刊誌で一番のお目当て記事は著名人の食事レシピだ。
 上野駅にも東京駅にも立ソバ屋は無かった。上野駅の乗り換えコンコースのトイレの横に確かあったと思って向かった。しかし、そこには「さぬきうどん」と掲げてあった。変わってしまったのだ。 
 立っていた店員に聞く。
 「そばは無いですか?」
 「うちはうどん専門店ですからありません。」
 仕方がなく、東京駅に向かった。
 東京駅では、まず、東大宮駅で購入したチケットがどこ行きかを確認した。自分が下りる駅が終点が空いているので、それしか乗らない。来る時は、乗車駅が始発を探してチケットを購入する。
 予想が外れて、10分前の新幹線に変えて貰った。お土産と弁当を購入しに行った。お土産は、いつものコンコースの場所ではなく、いつも沢山並んでいる「仙台牛タンの利久」の近くのスィーツの店でメイプルチーズ味のお菓子を購入した。
 続いて、弁当を買いに行った。買わなくてもいいのだが、何か、魚の大きな弁当が無いかと探しに行って、探し当てて購入した。
 それを持って新幹線のホームに向かった。休憩所で少し休んで、乗車した。何となく調子が悪い。はっきりした症状は無いのだが、動きが緩慢で精神がたるんでいるような気がした。
 乗車して直ぐに食事をとった。おおきな鮭が乗っている、美味しい弁当だ。ゆっくりと噛み砕いて、お腹の中に入れて行く。
 そう言えば、妻が
 「4月後半に友達と京都に行ったついでに寄りますから。」
 「忙しくて、不在になりがちだが。昼間はほとんど不在だ。」
 「勝手に入って、掃除でもして帰るから。泊まらないから。」
 そんな話をしていたが、部屋は万年床で汚い状態だし、面倒だと思ったが、断る訳に行かない。
 以前、ずっと住み着いてあれこれと口を出して、挙句に食事の準備はいいのだが、野菜の鍋ばかりでうんざり。そのために、外食をしてから戻り、また形式的に食べて誤魔化していた。
 今度は、泊まらないと言うのでいいか。
 宇都宮線も、これまで私の家のある東大宮駅から東京に出るのに、上野駅で乗り換えが必要だったが、どうやら東京駅直通が出来ると言う。便利になっていいことだ。
 朝、説明しながら新たな物件を借りる契約書を作成した。家賃は、この地域と全く異なるような安い金額だ。6万円と9万円だ。
 これで、最後の仕事になると思う。
 弁当を食べ終わると、眠くなって眠った。長い間眠っていた。気付いても、起きられない。暫くじっと考えていることだけに絞った。
 一番最初に思ったのは、この上京の目的のひとつである、研修関係のことだ。民事信託(家族信託)を初めてとして、信託、保険、成年後見を組み合わせが研修をしようと思っているのだが、その講師の件だ。
 彼が、講師の斡旋をすると言って居たのだが、高名な司法書士などと知己を持っていると言って居たが、どうやら言葉だけらしい。それでも、条件を2時間で8万円などと言って来ている。
 基本的な情報、例えば、このような研修会の講師料は1時間15000円程度。それも、高名な方だ。2時間だったら、3万円がいいところ。しかし、彼は高名な人を知って居ると言いながら、
 「それじゃ、その人にお願いして下さい。」
 と、言ったら
「忙しいだろうから厳しい。」
と、言う。重ねて
  「司法書士など50人くらい知って居るから。」 
 そう言い出した。
 完全に信用できないので、私が独自のルートで探さないと行けないようだ。
 雨の駅に到着して、車で迎えに来て貰って近くのイオンモールの混雑を避けて自室に着いた。疲れはまだ残っていて、どうしたのだろう調子が悪い。


一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報