お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(5830)立志伝敢闘編
20/06/20
2015年(平成27年)2月下旬。
 11日は建国記念日で祝日だ。気は楽だが、出勤しているのは当然だ。午前中は、気が進まない中、何とか仕事をした。急ぐ仕事があるのに、気が進まないのは問題だ。やはり、年齢からくるものがあると思う。
 以前は、がむしゃらにこなして来たのだが、ここ数年は何とか流しているような感じだ。Mailを中心に処理する。返信をする。Fax業者からの活用依頼が来ているのだが、放置していた。
 いつも他の業者を使って居るのだが、たまには他の業者の見積もりを取ろうと取った。金額的には、現在の業者の方が安い。そう言ったのだが、しつこい。女性の勧誘が最初で、システムを聞くと、北海道の会社なのだが決まれば京都の事務所が対応するとのことだった。
 ブローカーだと思ったので断った。ところが、この数か月の間に数えきれないほどの電話とfaxだ。挙句の果てに、会社を調べて、私が居る事務所ではなく他の事務所を調べて電話とfax攻勢。
 その相手を調べると、結構色々なサービスをしている。例えば、パンフレットの作成や封書の送付。業種のfaxデータなどの提供など。一応検討したが、やはりブローカーとの取引きは断った。
 特定非営利活動法人にてガイドヘルパー研修を実施したいと、その申請書作成を研修センター責任者に指示した。ところが、電話があり
 「株式会社で指定を取得して、同じ代表者での特定非営利活動法人指定取得は出来ないと役所の担当者に言われました。」
 そう言われたので、一度は納得して、従来の株式会社での指定を活かして大阪市にて実施することを考えた。
 しかし、よく考えてみると法人に対して指定を下ろしているのであって、個人の下ろしているのではない。代表者が替わったら下ろすとは一体どういうことなのか。それを、考えたが納得できない。
 最近、というかここ数年、研修センターの責任者の背信行為が目に余る。例えば、ここ2年間、当社の研修センターにて卒業した数百人の受講生の誰一人も当社には入って来ない。つまり、どこか他の事業者への紹介が中心で当社の事業所担当者が研修センターに聞くと
 「ろくな奴はいない。」
 と、言って紹介をしない。
以前、事業所スタッフが研修センターに行って事業所説明会をすると多くの人材が入って来た。奴の紹介の人材は、ろくな人間は来なくて、我儘で直ぐに居なくなったり来なかったり。一体どうなっているのだ。
 その怒りが蔓延しているのに、誰一人として強く言わない。外野で文句を言って居るだけで、私に言わせて自分たちは悪く思われないようにと思って居るのだろう。
 先日、我慢できずに私から紹介して勧誘した。ある程度の手ごたえがあったが、結果的には、少しの間があった時に既に就職先を決めていた。
 ろくな奴はいないと言いながら、就職率は100%だ。有能な生徒はある特定の事業所に研修に行かせて、そのまま就職させる。悪辣な手段を行って居るかも知れない。それまでは、紹介料を取っていた。
 当社は人材紹介事業の資格を取得している。それが、機能していたのに、いつの間にか中断して代わりに実習先として金銭の負担が増えた。
 そして、全く営業なしに受講生は減るばかりで、代わりに紹介事業者に金銭を支払う羽目になった。受講収入は大幅に減って、昨年は前年に比較して3000万円も収入が減ってしまった。研修だけの減収は大きな負担となっている。
 その研修センター責任者がどうやら、何か画策している可能性がある。休日明けに役所に問い合わせして確認する積りだ。
 変な奴が増えて、本当に困った。この状態の中で、何とかしたいと思っても動かしがたい人材。人は幾らでも居た時代と異なって、いまは人がいない。どうやって、克服するのかそれが問題だ。
 新たに借りる不動産の契約が近いのだが、問題が生じて来た。大手不動産会社から借りる予定の商店街の一角の事だ。不動産会社から幾つもの書類提出が要請される。その中で、銀行預金通帳を求められた。
 開業資金と運転資金の確認だ。しかし、当社の株式会社の預金通帳にはそんなに残高が無い。他の分散している通帳に配分してしまうのと、自転車操業だからだ。元々、資金は私が個人的に供出して、つまり貸してそれを使用するのだ。
 だから、通帳のコピーは意味が無い。と言っても通用しないだろう。仕方がない。最終ページをコピーするとのことだったのだが、最終ページの残高は10万円台だ。15日に実施内容の売上金が入って来る。これは、介護だけだ。
 それでも不足だ。それでは、資金の投入を早めて1000万円程度を振り込んで貰う積りだ。しかし、その通帳などは妻の手元にある。それを納得させて振り込ませるには深呼吸が必要だ。
 1000万円の金銭をどうなるか分からない事業に振り込みを簡単にする訳には行かないと言い出すことも考えられる。しかし、預金は私の名義分からの手続きだからいいとは思うが、説明が面倒だ。
 その金額と、私が自分の郵便貯金からの振替を行って居る。振り込みが分からないように金額が適切な数字になるまでには、ページを替えて数千万円になればいいのだ。8行あり、先月の振り込み行は5行だ。私が数回郵便貯金から振り込み、妻から1000万円振り込みを受ければ、新たなページなる。
 その施設設置金額と、この地区の新たな事務所設置、そして、大阪市への事務所設置と3か所同時に進めている。人が減るのに事務所が多くなり、運営が出来るかどうかが問題なのにいつもの日和見主義者が顔を出す。

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報