お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(5780)立志伝敢闘編
20/05/22
2014年(平成26年)12月下旬。
 月曜日には、社会保険労務士に来て貰って、最後の業務をお願いした。その中に、人材育成事業があり助成金の申請が可能か確認をしていた。
 NPO法人常勤理事が先日「リンパマッサージ」の無料体験を受けた。私が新聞で見つけて、どうにかNPO法人常勤理事に意欲を沸かせようとしたのだ。その際、行きたい、学びたいと思えば会社の経費で受講させようと思って居た。
 そして、先日送り出した。マッサージして貰った直後は
 「何となく体が楽になった。」
 と、言って居たのだが、翌日、
 「少し肩の辺りがおかしい。」
 と、言って居て少し疑心暗鬼にとなっていた。
 それから、どうするのか気になっていたが、
 「やっぱり勉強してみたい。」
 と、いうので勉強させようと思って、その助成金が出ないか社会保険労務士に調査をお願いしたのだ。
 その返事を持って来たのだ。高いので会社単独では厳しい。3,40万円は普通に掛かり、本格定な上級まで行くのに70万円くらい斯かる。これまで、たんの吸引研修に30万円を投入したが、それも多額の助成金が出るので対応は出来る。
 社員が自分のスキルアップで、自分で経費を負担して出来ることを望んでいるのだが、そんな気持ちは微塵もない。現在は、介護管理者が准看護師学校に行きたいと受験をするので、家庭教師を付けた。
 その経費も勿論会社で持っている。もし、合格したら、当然、会社で負担することになる。そんなことや、他にも認知症の研修など希望があれば受講させている。新たな資格としては、管理衛生士や遺品整理士の勉強もさせていた。
 全て、会社の負担だ。そんなわけで、彼女にもそのような機会を与えようと思ったのだが、高いのだ。
 「調べて聞いたのですが、まず、事業としてやるのかと言う事もあります。そのスキルを持って何をするのか、もし、事業としてするのでなければ難しい。」
 そんな結論だった。
 NPO法人常勤理事は仕事としてではなく、ヘルパーさんへのサービスとして考えているので、事業ではないと返事して、本人も納得した訳ではないが、次回の機会にという結論だった。
 今日は一日中、翌日出発する3日間の準備をした。準備と言っても、出張準備ではなく、この3日間出張したらもう土日になってしまうので、その間、やっておくべき業務をしたのだ。
 例えば、ヘルスケア事業コンテスト応募する資料の作成。現在考えているのは、一つは新たな検定試験の実施。もう一つは、社会問題解決が事業に繋がるような事業モデルを提案したい。
 それに関連して、色々と動いている。その中で、ひとつは大手資格受験指導会社の担当役員が会って話を聞いてくれることになった。もう一つは、大手の飲食チェーン店の方が会ってくれるかもしれないと、中小企業診断士からmailが来た。
 それは、頭打ちの本業を展開するのに、私どもが行おうとしているパン工房と一致するので、大いに期待を持っている。しかし、何れも何千億という企業規模で当社とはバランスが悪い。
 果たして相手にしてくれるかどうか。
 また、出張先で会う予定のタウン誌編集者への再度の連絡。会いたいと思って居た認知症当事者の団体への再度の連絡。買取保険を営んでいる方への、待ち合わせ場所や内容についての連絡。
 また、新規事業として目論んでいる事業を営んでいる開発者への連絡。その方との話し合いがうまく行かなかったときとか、ある程度制限された場合の対応。
 また、家庭教師をお願いしている行政書士への連絡。新規事業の拠点となる商店街にある不動産会社への、新年の打ち合わせ日程の確認。
 一番、重荷になっているのは、コラボレーションする予定だった企業への日程調整だ。あまり期待できない相手だと感じて来た。コンテストはクリアして一体何を受けられるのかと思って居たが、こちらからの一方的な報告だけでうまくない。何度か会って打ち合わせしたが、全く何もない。
 相手がサラリーマンだと言うのだが、私も期待を持って対応したが不要だった。まとめたり、話を考えたり、多くの理事を派遣したりしたのだが無意味だった。
 金銭も人も期待していた訳じゃないのだが、何も出さないで当社の情報だけが相手に移動している。見切りを付けて、商工会議所や銀行などのつてを頼って紹介を得て動き出した。
 書類も、お願いして手に入れることや指導を受けてやっと場所設定まで動いた。
 新たに色々な情報とコラボレーションする企業を紹介して暮れているので、意欲が湧いてくる。
 そんなことを描いて、少しずつ期待に応えられるようになった。
 明日からの準備は急いでしたら、直ぐにお終わってしまった。
 東京に行って、その日は新松戸に向かう。夕方は、イルミネーションの彩るクリスマスイブのイベントに参加して、ドームホテルに同行の二人は宿泊。私はいつもの本郷のフォレスト本郷だ。
 翌日は、練馬の「まちの保育園」見学と渋谷の新規事業で期待を持って会う事業所へ伺う。そのあとは、自由行動となるのだが。


一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報