お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(5762)立志伝敢闘編
20/05/12
2014年(平成26年)12月上旬。
朝はいつもの時間に起きたが、場所は「メトロポリタンホテル仙台」だ。暫くじっとしていて、iPadは使用不可なのでAiphoneで情報を取った。遣ることが無いと言うのは、私にとっては厳しい。
 今日は、ホテルを引き払って大宮に向かう。昼頃に大宮駅に着くようにチェックアウトする積りだ。今日は、食事の時間を少しずらして空いている時間に行けるようにした。風呂に入ってから9時前に2階の「はや瀬」に行っていつものように、仙台の美味しい食事を摂った。
 いつもは、ご飯を食べるのだが、今日はお粥にした。お粥もおいしい。新聞を読んでいると、突然大きな音がして、誰かが茶わんを落とした。駆け付ける店員。こんなことを私もいつかは起こすような気がした。
 文句を言っている奴は、どこにでもいる。自分が註文した珈琲が来ないと。私も聞いていたが、食後に頼んだはずなのだが、まだ食事が来る前に叫んでいる。こうは成りたくない。
 部屋に戻って、引き払う準備をした。ゆっくりしていたが、そんなに時間が掛かる訳がないし、手持無沙汰なので部屋を出ることにした。チェックアウトして、隣接している仙台駅に向かった。
 外は雨が降っていた。土産物店を巡って、幾つか検討したが、やはり「萩の月」は欠かせない。もう一つは、「仙台柚餅子」にした。
 5箱ずつなので、結構な値段が来る。郵送でお願いした。
 11時に仙台駅を発った。もう、今年は勿論来ない。来年まで1年間は来る予定が無い。仙台から大宮まで1時間と少し。大宮駅に降り立って、東北線に乗り換えた。東大宮なので、少し戻る形になる。
 私は同じ市内ので、乗車した乗車券で出られると思ったが、シャットアウトされて、精算機に行った。駅前からタクシーに乗車した。臭い。匂いが臭くて我慢できないのだが、少しだからと思って我慢した。
 先日長男が一緒にタクシーで帰った時に、家の少し手前で降りたが、私も同じようにした。歩いて、家に戻った。戻ってから一休みした。
 妻が、
 「今日は次男が来るので、お父さんの部屋は2階だから。」
 と、言う。
 私の部屋は1階にある。しかし、子供が来る時には部屋を変更する。自分たちが部屋を変更したらいいのにと思うが、妻は何故かそうする。結果的に、次男は仕事で抜けられなくて、来なかった。長男も仕事で来ない。
妻は全員集めるつもりだったようだが、残念だった。散歩に近所を歩いた。大きく変わっている地域に驚いた。新しい道路や町が出来ると言う。
石原氏「もうくたびれたので引退しようと思う」
読売新聞 12月6日(土)8時37分配信


 次世代の党の石原慎太郎最高顧問は5日、長野市内での衆院選立候補者の応援演説で、「私も82歳。もうくたびれたので、さすがに引退しようと思う。今度の選挙を機会に辞める」と述べ、衆院選後の政界引退を明言した。

 石原氏は、衆院選の比例東京ブロックに同党の名簿登載順位で最下位となる単独9位で立候補しているが、当選は困難な情勢だ。


一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報