お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(5754)立志伝敢闘編
20/05/08
2014年(平成26年)11月下旬。
朝10時の予定が、昨日変更メールが後見監督人の弁護士から来ていた。余裕が出来たので、朝一番からまだ不足している資料の作成をした。とにかく、時間が不足しているので、どうしていいのか分からないくらい戦いを事務所内外で行って居る。
 一夜漬けという言葉があるが、その日の朝に仕事をしないと間に合わないのは、その日暮らしか。
 ギリギリまで仕事をして、途中でも出掛けた。同じように、同行する居宅介護支援管理者も予定より20分遅れて準備をして迎えに来た。スタートは遅れるから、当然到着も遅れる。その旨を、弁護士事務所に連絡した。
 いつもそうだが、言伝を頼んでも、呼び出す。事務所に預けに行っても窓口で預からない。結局、忙しい弁護士は不快な声や顔で私に応対する。事務所には12名の有名な弁護士を始めとして、精鋭がそろって居るのに受付は余り程度が良くないような感じだ。
 いつも同行する居宅介護支援事務所管理者が
 「大丈夫です。能力も顔もうちの方が上ですから。」
そう思う。
 遅れて到着して、暫く、応接室で待機した。お茶を持ってくる事務員も音を立てて置く。こぼれんばかりに湯飲み茶わんを置く。まるで、放り投げるように置く。とんでもないような感じだ。
 どこも人材が不足しているのだ。調査は順調に行ったが、その間、何度かコピーをするために中座する弁護士。あとから、コピーした資料を持ってくる事務員。何の断りもなく、黙ってドアを開けて黙って置いて行く。
 私どもの時代は、お茶一つでも絵柄をどこに向けるかまで気を使って置いたものだ。
早速チェックが始まり終わる。事前に次の業務の予定を言って居たので気にしてくれたのか、思いのほか早く終わった。
 12時に弁護士事務所を出て、彼女たちは大学での講義がある。何と、私どもの社会貢献活動で大学の方から実践のお話をして欲しいと、非常勤講師の話があったのだ。その話をする内容を、相談を受けていた。
 その準備をしている時に、電話で終わったこと告げて、昼食の準備をお願いしたいと同行の居宅介護支援事業所管理者が電話した。
 主体となる、新規事業所責任者が受けたのだが、彼女曰く
 「準備で忙しいので無理。」
 予定では、外で食事をすることとなっていたのだが、結果的に弁当を買って貰う事にした。
その際、今日朝届いた長崎県壱岐の島からのぶりがあったので、
「捌いてい置いて。」
 と、依頼したがそれも断られた。
唯一、弁当を購入して準備しておくのは了解してくれた。
 1時に戻って、講師をする3人。新規事業所責任者、居宅介護支援事業所管理者、NPO法人常勤理事と私と4人で、当事務所で食事した。
 2時前に送り出して、私は社会保険労務士が来るのを待った。
 社会保険労務士とは、教育訓練給付金の請求と出産育児休業手当とがん治療で受ける休業補償の手続きが必要だった。
 教育訓練給付金は痰の吸引や胃ろうの勉強のために二人で30万円を超える金銭が掛かる。それの給付金を使用すると9割以上が戻って来る。出産育児休業手当は先日出産祝いにお邪魔した講師もさせている支援費関係の彼女の件だ。
 そして、一番痛々しいのは乳がんの手術を終えて放射線治療とホルモン療法に入った彼女だ。金銭的な負担を気にして、治療始めたばかりなのに出勤を強く申し出ているのだが、やはり、責任者としては
 「出勤して仕事が出来ないような体力だったり、ケアに出ても少しだけして休むことになっても、事務所も困惑するし利用者も困る。そう言うことを考慮してしばらく様子を見て、大丈夫となったら出勤してくれませんか、と言って居ます。」
 そう報告があった。その通りだ。
 また、今年採用した、男性が
 「これから、遣りたいとことが見つかったので退職したい。と、行って来ました。」
と、言う。
 「その言葉通り受け取って、全く引き留めませんでしたよ。別に、いなくても問題は無いですから。」
「そうだな。意欲があると思ったが、全く意欲が無くただ居るだけではどうしようもない。なんの感情もわかない。そうか、と思うだけだ。」
 「一人だけのケアが後釜が心配になっているので、どうしますか。」
 「求人広告を出しなさい。」
 「いつという訳ではなく、今年一杯とか来年とかそんなあいまいな言い方でした。」
 そう言う感じだった。
 どうやら駆け引きに出たのかも知れない。
 給与引き上げを狙って居たようだがったが、勤務状況を見ると本当に勤務して金銭に繋がっている時間は少ない。
 事務処理が大きく負担になっている。山積みの書類が目の高さまで嵩んで来た。テーブルにも多くの資料が散乱している。時間が欲しい。これまでだったら、日曜日とか土曜日とかに片付けられたのだが、先月からは毎週土曜日創業スクールに参加して、日曜日もケアマネジャー更新研修や東京への出張で後見の全国集会、先月は前半に1週間も旅行などで不在だった。
何しろ、月次決算も初めて出来ずに終わってまだ10月分の処理が終わっていない。


一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報