お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(5714)立志伝敢闘編
20/04/18
2014年(平成26年)10月中旬。
 振込みがいつでも出来るのだが、土日の振り込みは月曜日の入金になるので、今日中にヘルパーさんへの振り込みを終えたかった。
 介護支援事業所管理者が来た。月曜日から来る新人の話をした。
 「来るか来ないか分からないが、取り敢えず予定だ。若いがシングルだ。土日祝日休というが、それも分からない。」
 何故なら、これまでも、来ると言ってこなかったり、連絡が付かなかったり。
 来ても、直ぐに連絡無くて来なくなったり。
 何を言い出すのか、分からないのでそれを前提として話をした。
 また、来ることもギリギリまで黙っていたのは、先日面接の時に厳しいことも言ったので、それがどう考えて判断するか。
 期待を持たせて、結果が異なって居たらと思うとここまで言えないままに来てしまった。
 期待するな、という言葉があっているような紹介の仕方だった。
 今現在でも、全く期待していない。
 来ない方がいいと思って居るのだが、新人も入れないと人手不足なので仕方がない。10人に一人くらいは使える奴が来るかもしれない、宝くじ状態だ。
 そう言えば、先月盗難にあったバイクが見つかったと言う。警察から電話があり引き取りに行った。修理が必要なようで、4万円かかると言われた。盗難に遭っても、使用者だった社員は自分のミスは無いと言い張っている。 
 「カギは掛けた。」
と、言うのだ。
しかし、カギを掛けたならその掛けたカギはどこにあるのか。手元に無い。かけ忘れてバイクに着いていたのを持ち去られたのだ。
 それを、自分のミスだと賠償の責任が生じるので、認めない。
 こいつは、昨年、コジマ電気から移って来たリストラ組の50代だ。一緒に来た者が
「社員として一緒に採用して。」
と、言うので彼女が欲しかったので認めた。 
 ところが、抱き合わせで採用したのに、感謝どころか給与に文句を言いうは、不満ばかり言うか、登録ヘルパーさんをけしかけて文句集団をつくるは。
 社員を辞めるように言われて、急におとなしくなったが、コジマ電気で培った、ミスを認めない生き方がここでも発揮されている。
 それなのに、現場の管理者がサービス提供責任者に選任したいと言い出したようだ。阿保か。こんな奴、辞めて欲しいと思って居るのに。自分たちもその言動に退職を迫っておきながら、それも数か月前の事なのに、一転してサービス提供責任者とはどういうことか。
 それなりの責任感を持った教育もしていないのに、何を考えているのか。
 社員のレベルの低さに最近どうしていいのか、分からなくなって来た。
 今日は、早目に会社を出た。いつも遅い、NPO法人常勤理事が珍しく、早く来た。そうするように言って居たのだが、いつもそう言っても来ない。
 銀行を幾つか廻ってから、火災保険会社へ行った。
 被後見人の契約した更新、或は解約の件だ。
 問題が沢山ある。これが、老夫婦の契約の実態だ。
 これまで、数多くの契約に対する処理をしているのだが、今日は火災保険だ。
 後見に選任される時点で証書により把握していた火災保険は1個だけだった。
 それは、そうだろう。
 狭い借家で、老夫婦でそれほど家財も無い。
 しかし、ヘルパーステーション責任者から連絡があったのは
 「火災保険会社から連絡があって、満期が近いので更新とかしないと行けないのでご本人と連絡が取りたいと言って来たので、後見人の連絡先を教えました。」
 と、言って来た。
 その後、火災保険会社営業レディから電話があった。
 「満期が来るのとか3件あるので、どうするのかご本人に聞いてほしい。」
 そう言って来たので
 「こちらで、把握しているのは1件だけですが。」
 その件には触れずに、返事がない。
 「その契約内容を聞きたい。」
 「私は営業なのでそれは事務の者から連絡させます。」
 しかし、連絡が来なかった。
 来たのは、5日後また営業レディからだった。
 その時には、何度も解約を前提に持って来て欲しいものを言う。
 何度も、契約内容を確認してからというが
 「解約するかも知れませんので、その場で出来るように書類などを持って来て欲しい。」
 そう言う。
 怪しい、やはり怪しい。
 何故、そんなに解約したがるのか。こちらの証書は1通しかない。しかし、保険会社は3契約あると言う。
 本部を訪問した。名刺も持っていない事務の者と、問題の営業レディが応対した。
 内容を確認すると、満期で一番近いのが来年の4月だ。何が近いだ。また、24年に契約したものがある。22年に手術ミスで寝たきりになり、契約など無理な状態で、旦那さんも既に他界した後に契約したものがある。
 勝手に契約書を作成した恐れが強い。何度も解約の話をするが、調査してからと断った。
 重複した家財保険の契約。寝たきりなのに、他人をケガなどさせた場合の補償などオプションで入っている。これが実態だ。

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報