お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(5517)立志伝敢闘編
19/12/25
2014年(平成26年)4月1日。
本来は、何もないスケジュールだったのだが、当日または直前に埋まってくる。朝一番で顔を出したのは、やはりキラキラ目の珠緒ちゃんだった。
 今日の予定は、午後に「働きながら資格を取る」制度の本当に最後の最後に出来た資料を持っていくことだけだった。今日こそは、花見ができる。今日が盛りだし、週末は天候が不順だ。
 昨日、妻にメールで5日の土曜日に帰省することを伝えた。
 「5日から長崎のハウステンボスに行くので不在で、ダメです。ゴメンネ。」
 との、返事が来た。
 先週は、親族の不幸があって群馬の実家に戻っていた。
 仕方がないので、空いた時間を何に使うか検討をする必要がある。
 しばらくすると、新規事業所の管理者が来た。
 ここ数日、全く連絡がなく、メールしても返事がなかったので何やら不穏なことを考えてしまった。
 戸を開けて入ってきた時には、いつもの顔だったので安心したが、問い合せたことに返事がなかったことを最初は言わなかった。彼女が言いたいことなどを一方的に聞くだけにした。
 契約書などの押印を終えて、彼女の娘がカナダに短期間だが交換留学をして、戻って来たことなどを聞いた。その間も、沢山の電話の応対をしていたので話が途中途中で切れてしまった。
 本題に彼女から言い出した。
 「先日、教えて欲しいと言っていた収支の数字を教えて頂けますか。」
 つまり、収支が悪化しているので、ついに我慢できずに私が少し言ったのだ。これまで、自由に各部署の活動をさせて全く収支の数字は言わなかった。私が全てカバーして、好きなように活動して貰うのが当社のやり方だった。
 ただ、目に余る経費の使用などの問題が生じた時には、口を挟む。ただ、言い出したら当然追求型になるので、言い方に注意したりほとんど直接的な言葉は言わない。
 「ヘルパーの報酬は分かっていると思う。社員の人件費を出すから待って。」
 そう言って、数字を出す。
 経費も、そのオフィス経費以外の部分を出す。
 つまり、社会保険料、家賃、駐車場代、弁護士・社会保険労務士・税理士の顧問料、求人広告代やコピー機リース代、コピー代、文具通販代や研修の会場費などの経費だ。
 これは、オフィスで支払っているのではなく、この事務所にて立て替えて支払っている。そうなると、どうなるか。
 「結局赤字体質だ。途中まで順調で、良くなったと思ったら1月からおかしくなったので聞いたんだ。異常な数字が出来ていた。売上が40万円前月より下がっていながら、人件費が多くなっている。どう考えてもオカシイ。事情を聞いても分からないという。それはオカシイ。わからなくて、収支差80万円も出るわけなない。これまでは、何も言わずに動いて貰っていた。それが、おかしくなったら、支えきれない。助言しても、聞き入れなければ、自分たちで金銭を管理して貰うことになる。」
 そうなのだ、それが一番いいのだ。
 「俺の基本姿勢は、自由に活動して貰うが、マイナスになって助言してそのように動いてくれるならいいが、それがなくなったら自分たちでするのがいいと思っている。今月は、100万円程度つぎ込んだ。現金が無いから。2月の請求失敗で90万円くらい入金がされない。逆に60万円も売上が伸びた。つまり、収支差が150万円だ。赤字体質で150万円もなくなった勘定だから、現金が不足する。」
 入金の二ヶ月遅れが、三ヶ月になる弊害を話した。
 やっと、分かったようで
 「これから、数字も少しは考えながら運営していきます。」
 そう納得してくれた。
 戻ってから、再度メールが来た。
 『いままで佐藤さんに全て任せっきりで甘えてここまできました。これからは、苦手な数字にも責任を持てるように勉強します。その時が来たと思っています。佐藤さんと話していると大きな目標を持って行かないといけないと思いますが、目の前のことで一杯になって。レベルの低い位置からのスタートになります。簡単なことを質問するかもしれませんが、宜しくご指導をお願いします』
 そんなことを書いてきた。
私は、それに対して返事をしないつもりだったが、あえて短く返信した。
 『何でも続ければ目的が叶う。みんな、途中で人のせいにして投げ出すから何もできない。』
 午後、食事をしてから銀行に寄って、役所に書類を届けた。やっと終わった「働きながら資格を取る」制度の実績報告。 
 今年度は4人の育成で430万円の支給だ。契約では510万円だったが、受講生が休みがちでそのような金額になった。
 NPO法人常勤理事の携帯電話の面にヒビが入ったので、修理にアップルの事務所に行った。遠方で環境が悪いところに有り、そこを歩くにも気を張っていかないと。待ち時間が1時間半で、やっと順番が来たと思ったらバックアップをしていなかったようで再度来ないといけない。
 桜の花が満開なのに、今日も戻ったのが夕方7時前だった。
 私が参加している東京大学での後見サポート機構の中が混乱していたが、事務局長の恩師が退職したような感じだ。ロートルの集団なんか魅力がないので、事務局長に関わるような後見活動をしたいと思っているので、連絡を取ろうと思っている。

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報