お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(5501)立志伝敢闘編
19/12/14
2014年(平成26年)3月中旬。
 いつものように出勤した。日曜日だからといって遅くまで寝ていない。精神的に落ち着く。何故か、無限大の時間があるような気がする。だから、ネットをずっと活用して情報とかネット注文とかしている。
 やることがあるのに、後回しになっている。やっと、10時近くなってから本題の仕事に移った。先日、持ち込みで確認を受けた「働きながら資格を取る」制度利用の最終まとめだ。今年度は4人の対象者を得た。
 最初の生徒は、真面目な中国人だった。20歳を過ぎてから、結婚するために残留孤児だった日本人を追い掛けてきた。爾来、多くの困難に当たり、この地域では騙され続けていた。
 「中国人は悪いのが多いから、付き合いはしない。」
 そう言って、何とか日本人社会に溶け込もうと努力はしたと思う。
 しかし、その努力の甲斐もなく既に50歳を超えている。
 生業に就くことはなく、せいぜいベルトコンベアの仕事とか道路工事とか。そんな中、私と知り合った。うまい話に利用されている訳ではないだろうが、高齢者住宅の斡旋をしていた。当然、結果はない。
 名刺を色々持っていたが、電話番号は四六時中変わるし不信感があったが人は良さそうだった。あるときに、ある事務所でばったり会った。その際、彼の騙されているのを知った。
 福祉関係の施設を作るので、書類を作って欲しいと言われた。簡単なので、作ることにした。これまでも、多くの居宅介護支援事業所の立ち上げから、申請書作成など無料でしていた。
 その打ち合わせ場所がその事務所だった。当然、私はその福祉施設の書類作成依頼のあった人物の事務所だと思っていた。よくよく話を聞いてみると、それはその中国人が使用している事務所だという。
 つまり、そのほかの奴らはその事務所を自分の事務所のように使って、そこが自分の事務所だと言っていた。奴らは、実は事務所をもたないブローカーで、仕事を得て私のような金銭のかからない者を探して依頼する。丸儲けだ。
 その中国人に制度の話をして承諾を得た。周辺の人々に声を掛けて、私が声をかけたことを受け入れるかどうか相談したようだ。
 結果的に、
 「佐藤さんは、いい人で信用置けるし将来のことも考えてくれるから、安心して任せたほうがいい。」
 そう助言してくれたと、言っていた。
 そんな形で、
 「何でもしますので。」
 そう言っていた言葉が、契約した途端変わった。
 受講が始まって、介護の資格のための勉強をする。
 考えていた、成年後見の事務局の仕事を拒否した。
 「私は中国で芸術や写真を勉強してきた。お金を扱うのは難しい。介護はできない。」
 せっかく、教育して立派な日本人にしようと思ったのに。
 確かに、20年以上前に芸術学校を出てそれなりの分野で勉強したかも知れない。
 しかし、今そんな仕事この訪問介護業界にある訳がない。そう言っても、本人のわがままはとどまらない。それも、私に直接言うのではなく、言い易いNPO法人の常勤理事に話をするのだ。
 勿論、その話は私に通じる。私は人を説得しない。自分の考えを言って、それに付いて来た人だけと、話や業務を進める。
 これが、私の流儀だ。他者の判断を尊重し、異論を挟まない。その結果が自分に跳ね返るのだから、誰にも文句はない。
 そういう考えも、彼に適用したのは勿論だった。入社して数日で、私の指示は無くなった。予定された事務所に彼は居るが、何も仕事がない。仕事はなくても、制度としての金銭は支払う。164000円だ。高額だ。これが、アルバイトや時給だったら大変な仕事をした者に対価として支払われる金額だ。
 そして、4ヶ月の契約終了が来た。終わりだと言うのは、何度も事前に伝えていた。それなのに、
 「あとひと月は居させてもらう。」
 「いいけれど、金銭は発生しないよ。介護タクシーの乗降介助などはできるので、契約するならしたらいい。」
 「効率が悪い。」
 「それが、君にできる仕事だ。それ以外、あれができないこれができないと言って、何で稼ぐのか。」
 「そんな効率の悪い契約はしない。」
 「それは、勝手だ。自分で考えればいい。ただ、居てもこれまでと違って給与は出ない。」
 理解させるのに、相当労力を有したが放置した。やっと、諦めて居なくなった。
 そのほか、若い女性が3人来た。しかし、どいつもこいつも労働という意識には程遠い、どれだけ、制度を悪用して会社の制度を悪用して、仕事せずにごまかしながら不正をして自分の利益に繋げるかだけだ。
 犯罪を犯して、窃盗や詐欺に似たようなことをして、契約更新はしなかった。あの、小保方靖子さんと同じ年代だ。
 午後も掛かって、指摘された分の修正をして役所に送信しやっと終わったのは、一旦止めてジョギングに行って、戻って来て再び仕事をして夜の八時半だった。
 一昨日は200m、今日は600m位休まず走れた。

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報