お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(5492)立志伝敢闘編
19/12/10
2014年(平成26年)3月初旬。
 朝は、キラキラ目の珠緒ちゃんが久々に来た。少し、今度参加するリレーマラソンの話をした。参加者みんなが、やっと走り始めたようで、私からしたら本番2週間前でこの程度ではビリ間違いなしだ、と思っている。
 以前から少し、例えばジョギングなどしていたのなら分かるが、まったくそんな気配もなく、ただのノリで決めただけだ。だから、その距離感もなく大丈夫かなと思い始めたのは最近だ。4キロ走る者と2キロ走る者に分かれるが、経験のあるのは先日のフルマラソンで完走した彼女だけだ。
 高校時代に陸上選手だったという大東市居宅介護支援事業所に在籍している者は、
「実は専門は短距離だったんです。」
という。
 娘さんも出場するがそうなると同じ短距離だ。
 そんな話をして、私は「働きながら資格を取得する」報告書の作成をしている。
 今日は、新規事業所の鶴見団地集会所でエンディング関係の講座を主催して始まる。合計3回のイベントだ。なかなか一般の方にポストインしても参加は期待できない。方方のつてを頼って一生懸命に集客を図った。
 今日の講師は、日本尊厳死協会の役員だった。尊厳死というより、本人がエンディングノートを作ったと言っている。そのことで、先日の事前打ち合わせの席上で不快な思いをして、終わった。
 あの接待の席で、馬鹿な税理士が難癖をつけたのだ。彼が、自分が作ったという。
 「そんなの昔からある。」
 「昔からって、誰が作ったんだ。」
 「誰かわからないが、あんたが作ったなんてない。もっと前から作った人がいる。」
 「そんなことない、誰だか言ってみろ。」
 接待する側の私たちも、少し呆気に取られたが、お客さん同士で喧嘩になる。
それにしても、このバカな税理士、何も難癖を付けなくてもいいじゃないか。この時から不快な雰囲気になり、後味が悪い接待だった。
 私も、色々と伝があったが、最初から動く訳にいかない。自分たちのチカラで動かないと。そう思って、一応、名簿を出すように言った。しかし、何度言っても結局出て来ない。動きが鈍くなる。それでも、昨日、市会議員にお願いしに行ってきたが、動かない。
 今度は、前々から私が動き、色々と面倒を見ていた府会議員に勧誘をお願いしたが、遠まわしに断ってきた。
 そして、あまり気が進まないが、今度作るNPO法人の理事長候補に頼んだ、返事が来ない。出入りしているFAX屋に頼んだ。来ると言っていた。待ち合わせは、新記事業所で朝9時にしたが、仕事が錯綜していた。そのために、私は行かずに昼に待ち合わせした。
 「申し訳ない。行けなくなった。お前は、何で行くんだ。」
 「車です。」
 「それじゃ、近くに行ったら連絡するのでイベントが終わる昼ころに待ち合わせしよう。また連絡する。」
 そう言って、イベントに参加して終わったら会うことにした。
 昼過ぎに、近くの「くら寿司」で待ち合わせした。
 先に行っているとメールが来た。少し遅れて行った。
 席に着いていた彼と、新たなPCを入れる話しながら、急いで食べた。料金を支払って、次の会場に向かった。
その際、同行のNPO法人常勤理事が
 「行かなかったんだってね。あの人。」 
 「何、行かなかった。参加していないということか。」
 「はい、どうだったと聞いたら、行けなかったと言っていました。」
 「あのやろう、俺の前では如何にも参加したようなフリ仕上がって。商売が先に立っているんだな。今は、PCの買い替えで忙しいだろうがこれからはそうはいかないだろう。」 
 当社に顔を出した時には、FAXとコピー専門業者だった。
 ところが、奴は趣味でPCイジリが高じて仕事にした。
当社のような素人集団にとっては、小回りが効いてお小遣い稼ぎでセットアップなどの業務をお願いしていた。
 それでも、1回1万5千円を支払っている。先ほど、ほかの電話業者がPCのそのような業務に手を出し始めたが専門家がいる訳じゃないので、斡旋だ。その斡旋金額を聞いたらセットアップで数万、ソフトをセットするのに5万円だと吹っかけてきたという話をすると、調子に乗った奴は
 「私の金額はバカみたいに安いすよね。」
  と、言うので
「当たり前だろう。専門知識もないやつに、ウチみたいな素人集団だから通用するんだ。専門的な能力があるなら別だが。」
 そう言って釘を刺した。
 慌てて、車で会場に向かった。行政書士研修で「暴力団対策責任者講習」だった。大勢の人で会場は超満員。余りの多さに、会場を変更したのだ。200人弱の受講生が集まっていた。
 隣の女性は、私が9月に開業登録をした時に始めて名刺を頂いた行政書士だ。どうしているのか、気になって3時間後終了してからホームページがあるというので検索してみた。
 あまり芳しくないようだ。ブログも最初は毎日だったが、段々と減って行ってついには1月5回更新、2月は無くなっていた。
 厳しい現実にみんな直面している。私は行政書士を開業する前に他の業務をしていたので、余裕だ。

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報