お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(5473)立志伝敢闘編
19/11/30
2014年(平成26年)2月中旬。
今日は日曜日。寒いのは相変わらずだが、昼間はコートなしで動けるようになった。今日の作業の中心は、後見人の申立書類の完成だ。
 ところが、進まない。というのも詳細を作成しようとして障害が現れるのだ。
 例えば、ご本人の自宅電話番号。この方は、私が以前ケアプランを作成していたと思っていた。夫の方は、私が担当していたのを記憶している。その時に、奥さんの方は、頚椎損傷で手術を受けて寝たきりになり、それからケアが入るようになった。その病院の説明を受けに私もケアマネジャーの立場で出席した。
 それだから、私が最初ケアプラン作成を担当していたと思ったのだ。ほどなく、現在の居宅介護支援事業所管理者に引き継いだ。もう、3年も前の話だ。しかし、以前のケアプラン関係の書類から基本情報を取り出そうとして見ると、ご本人の名前はない。
旦那さんの情報はあった。だから、それから取り出せばいいのだが、親族等の情報も得たかった。
 人生歴も得たかった。しかし、私ではなかったのだ。管理者が認定申請から行ったのだ。私が勘違いして、
 「申立書を作成するので、基本情報を下さい。」
 そう言っても、中々出さなかった。
 「俺が引き継いだ時に情報を渡しているはずだ。基本情報は確実にあるはずだから。」
 そう言って、何度も保管してある情報をくれるように言ったのだ。
 何度も要求するので、仕方がなくその利用者ファイルを持って来た。
 「どこを探しても、基本情報は見当たらないのです。」
 そう言いながら、何故か異常に顔が紅潮していた。
 その時は、不思議に思っていた。
 今思えば、まず、基本情報を作成していなかったのだ。彼女が、認定申請からケアプラン作成を最初から担当していた。私が勘違いしていることを幸いに、とぼけていたんだ。私は基本情報を作成しないことは有り得ない。管理者が最初から担当していたのを知っていて、基本情報を作成していないことをバレないようにとぼけていた。
 分かったのだが、彼女は、今日は社員同僚の結婚式に出席している。
 頓挫してしまった。
 戸籍謄本は弁護士が取得すると言っていたので、待つ事にする。
 財産も多くあるし、先年逝去した夫の遺産分割協議書を作成しないといけない。
 それらのことを念頭に、自分が受任できるのか心配になった。
 仕方がなく、机の上の書類を整理した。余りに多過ぎるので、完全ではなかったが数時間要して終えた。いや、止めた。
メールが1日100通以上来るのだが、多くは通販の情報だ。それらの中から、仙台の母親が必要とか、喜びそうなものを選択して贈る。週1万円程度のものと考えている。年末は数万円になる。
 大雪の仙台の先輩からメールが来た。
 『仙台は大雪とフュギュアスケートで金メダルを取った羽生結弦選手で大変です。』
 と、綴ってあった。
 73年ぶりの大雪。33センチと聞いた。そして、それを溶かすような快挙だった。先輩のメールには羽生結弦選手の実家が七北田でなどと情報が細かく記載されていた。純粋の仙台人なのだと素直に喜んだ。
 一旦昼には部屋に戻った。食事は、まだ残っているおでんを今日の朝も、昼も頂いた。ぶりの照り焼きも作った。先日、カレイを煮込んだ時に美味しい部分を惜しげもなく、一緒に放り込んで煮込んだ。ぶりの煮付けは美味しくない。
 それも、取り出して照り焼きの中に放り込んだ。美味しい大根もあったので、焼いたものも作って、大根おろしをつけて食べた。本当に美味しい。美味しいけれど、一人なので多すぎるのだ。大根だって1本を食べ切るのは至難だ。
 テレビを見ながら眠った。いつも、横になっていると眠くなる。というより、苦しくなるのだ。起きているのが苦しいので、酸素を取り入れるマスクをして横になっていると自然と眠ってしまう。
 起きてもだるい。2時半から3時過ぎまで横になってやっと起き出す。事務所に行って、再び動き出す。軽自動車の使用者の住所の変更をする書類を貰って来たが、見ても中々分からない。手をつけられずに一旦置いた。
 頭の中には、今月一杯となった処遇改善加算の書類の提出が迫っていたのを知っているのだが、動かない。まだ、先に処理するものがあると頭の中で指令を出す。それでも、何をしていいのか、余りに多すぎてダメだ。
 先日、新規事業所の責任者から社員の事故報告を受けた。黙っていて、相手がクレームしてきて始めて責任者も聞いたという。やっと、事故報告書を出して来た。そのFAXのまま、友人の保険会社に送った。
 連絡が来た。
 「事故報告というのは、氏名や連絡先をしっかり書いていないと。」
 そう言われて、それを見た。
 氏名の一部が○になっている。自分では個人情報を隠している積もりか。こんな程度の低い社員ばかりが増えてきた。どうやって保険適用の処理をするのだ。デイサービスの車両と聞いていたが、相手先が個人名だ。
 多くの必要項目が抜けている。訳が分からない。結局、責任者は書類に目も通さず、丸投げだ。私がなぜそのような書類をチェックしないといけないんだ。みんないい加減だ。したくない仕事はしない。丸投げで済ませようとする。
 これでは、力量が向上しない。指摘すると、最終的には辞めると言い出すのがオチだ。
 夜は、コロッケとカツとタラとかぼちゃのフライを大量に作った。コロッケ15個、かぼちゃ20個、カツ4枚、タラ3枚。どうするの。まだ、おでんもあるのに。


一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報