お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(5419)立志伝敢闘編
19/11/03
2013年(平成25年)12月下旬。
天皇誕生日だ。もう80歳になるんだ。私が子供の頃からテレビや映画のニュースで目にしていた、子供の頃から既に何十年にもなる。新たな天皇家の像を求めていたが、やはり壁があったようだ。
皇太子妃の病気に悩まされていたようだが、やっと治って来た。もしかしたら、宮中に対する反乱だったのか。雅子さまファンの一人の私だ。
 誕生日だが、何にもすることがない。ただ、仕事をするだけだった。午前中はいつものように起きて、いつもの時間に出勤した。
 連休なので誰も来ることはなかった。勿論、会社自体は援助で動いているだろうが。年末調整を中心として仕事を進めた。多くの人は還付されるが、一部の人だけは支払う形になる。
 還付の総額は37万円余りになる。まだ、少しの社員が年末調整に必要な書類が出されていない。特に、新規事業所の社員が責任者以外は出されていない。それをメールで催促した。至急出すというが、困ったもんだ。一般の社員経験がないからその対応もスグできない。
 それを理解した上での対応を、気を長く持ってしないといけない。残念なことだ。そのことを自分たちは気付いていない。自分たちがまともだと思っている。この会社にいる限り、ある程度の包括はできるが、ほかの会社に行ったらもう相手にされない。
 それを自覚しているのなら、伸びシロがある。ところが、それはほとんどないのだ。実に寂しい限りだ。
 午後から、駅伝を見て過ごす、実に詰まらない年末とは思えない時間を過ごした。

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報