お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(5306)立志伝敢闘編
19/09/01
2013年(平成25年)9月1日。
朝一番で、守口の居宅介護支援事業所管理者兼ケアマネージャーが来た。話をして、間もなく新人男性が来た。彼女と一緒に面接を、先日行った男性だ。40歳になったばかりで、期待をしていた。
身なりは、パッとしなかったが仕方がない。第一印象も悪かったが、仕方がない。男性社員はいた方が使い易いので、それに40歳でも若いので期待した。
来るか来ないかでも心配だったが、来た。雨が降っていたので、少しは割り引いて印象を持っても、やっぱり第一印象が悪い。この調子では、果たしてどうなるか心配だった。彼の話では、
「困難事例ばかりさせられていた。」
と、言っていたが、そう思う。
彼は第一印象が悪いから利用者に拒否されるだろう。認知症とか寝たきりとか、暴力を振るいみんな援助拒否されて、誰も来てくれないアル中の利用者とかそんな利用者しか受け入れられないのではないかと、思っていたのでそうだろうと変に納得した。
本来の考えていた本給より、2万円少ない金額を提示した。そして、3ヶ月の試用期間を設けて雇用条件を提示した。
「これまで手取りで13万円程度だった、子供の大きくなってきたので将来を考えて、転職する。手取りで17万円くらい欲しい。」
そう言っていたのが、現実のこの業界の給与水準かと思った。
常勤社員として働いても、そんなものか。それでも、その能力が問題だったのではないか。低い給与だったら、辞める。この人材不足の業界で顔があれば誰でも欲しいという状態に陥っているので、余りに低い給与が真実だと信じ難かった。考えられるのは、やめてほしいと思われる人材だったのかもしれないということだ。
一抹の不安を抱えながら、迎に来た支援責任者に
「何でもいいから仕事をさせてくれ。サービス提供責任者の代わりをしていたと言っていた。シフトとかやっていたと言っていたんで、請求とかさせてみてくれないか。パソコンなどどの程度出来るか見てみたい。」
そう彼の目の前で言って、引き渡した。
その時には、一緒に面接して彼の言葉を確認していた居宅介護支援事業所管理者も同じ部屋にて聞いていたので、私の言葉に問題点はなかった。
問題は、その後だ。
一通り、業務が終わった夜の7時ころに、引き渡した支援責任者にメールして初日の印象を確認した。
『何でもさせて下さいと、意欲的に学んでいきたいという姿勢があるので大丈夫だと思います。しかし、事務的なものはダメなようです。』
『しかし、サービス提供責任者の代行のような仕事をしていたと言っていた筈だ。』
『それを聞いたのですが、自分が行ったサービスの記録を書く以外は、特になにもしていなかったということです。』
つまり、ただのヘルパーをしていただけで、事務的な、それも自分が言っていたサービス提供責任者の業務などしたことがなかったのだ。
怒りが込み上げてきた。
この大阪の人間は嘘を平気でついて、騙される方が悪いのだ。
いつも、私は相手の言うことを信用する。そして、騙される。そのメールをもらって、暫くは怒りに頭の中が占められていた。どうやって、その言葉を取り消させるか。そうなると、常勤社員という立場も怪しくなる。手取りで13万円は非常勤社員か登録として働いていたかもしれない。
レンタル事業も関わっていたと言っていたが、それも怪しい。このままでは終わらない。必ず、自分が言った言葉の責任を取らせる。
今日の契約に、一緒に面接に立ち会った居宅介護支援事業所管理者の彼女が
「あの姿見ましたか。ワイシャツの肩のあたりが破れて、身だしなみが厳しい。幾ら給与が低くても、あれは直してもらわないと。」
などといっていたが、私は気づかなかった。
あとから、メールで、あれはガソリンを入れるときにガソリンで滑って転んで破れたと情報を言っていた。
しかし、それだったら転んだ拍子にガソリンで服が汚れているハズなのだが、汚れてはいなかった。
また、面接時に
「私は臭が好きで・・、どんな臭でも平気です。掃除は、最初からトイレをするくらいです。」
などと言っていたが、支援責任者から
『臭があるので、明日同行する利用者は匂いに敏感なので、その点を改善してくるように言いました』 
 と、言って来た
悪い方向に行きそうだ。一縷の望みは、一心不乱に仕事をしてくれることで、嘘も帳消しになる。取り敢えず、そのような話をする機会を設けるつもりだ。
午後は、銀行に立ち寄り、施設に向かった。被後見人が配食を摂っており、その支払いだ。しかしケアマネジャーからの報告で被後見人が、
「いつも同じでまずいので断りたい。」
と言っているのだ。
その点を、どうするか考える必要がある。被後見人の希望に則って、変えるとするならコンビニ弁当で対応するのも手だ。配食は、1食400円だ。その程度なら、コンビニでも美味しいバライティに富んだメニューも可能だ。
雨がすごく、埼玉では竜巻が起こって被害が甚大だ。

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報