お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(5301)立志伝敢闘編
19/08/30
2013年(平成25年)8月下旬。
いつも水曜日の朝に来て、情報交換する新規事業所の責任者が8時30分に来た。経費の問題を引き起こした3人から携帯電話を回収するように指示してあった。あろうことか、会社で貸与してある携帯電話を私用で使い、その通話料金も半端ではなく月額2万円を超えるような金額なのだ。
まだ、発足間もないまともに仕事をしていない状態の管理者とサービス提供責任者が交代交代次々と続いたのだ。厳しく責任者が注意して他のスタッフも分かっていながらそのような行為を、あざ笑うかのように行ったのだ。
当然、不正使用なので返金するのが筋だ。何しろ、現管理者は注意しても頑として認めず、ソフトバンクの請求ミスだと言い張る。前管理者は、色々言い訳を責任者に行ったが、直すことなく次も同じような行動をとったので返金を求めた。それらを、見ていながら今度はサービス提供責任者が同じ不正を行った。
もう、不正の巣窟だ。そんな事務所、いくら実績を上げていても存在する価値がない。なぜなら、人間として最低でありサラリーを貰っている勤労者の態度ではない。あまりに緩く、自主性に任せてきた。その訓練もしていないし、常識な皆無なのだ。だから、返せといった。
「携帯電話をいつ返してくれるんだ。」
「済みません、管理者は役所に登録しているようで。」
「そんなことわかっている。当たり前だろう。全て使用で使っていた訳じゃないだろう。変更すればいいんだろう。」
こんなふざけた言い訳など無意味な時間だ。
誰だって、住所や電話番号が変わったら連絡したり届出をするだろう。それをしたらいいのだ。自分たちは何をしたのというのか、分かっているのか。特に、そのような下らない言い訳をしてきた人間が、一番不正を巧妙にしようとしていた。
3ヶ月で6万円だ。それを、返してから普通の話をしたいのだが、それをせずにとぼけていくようだ。
「今月一杯大丈夫ですよね。」
「いいか、今月末まで使用して、来月に解約して来月分の通話料以外の料金は掛かるんだぞ。メールの使い放題だけで、5200円掛かる。勿体無いと思わないか。」
経費は、自分たちが払うわけじゃないので、平気だ。
「今度入社する者がいるが、仕事の配分を忘れずに。男性も、登録で入って真面目にしてくれるなら、仕事を考えてできるだけ希望する収入が得られるようにして上げろ。自分たちだけの事を考えるな。最初は人がいなくて仕方がないが、これからはこんなに一度のヘルパーさんが増えて、ワークシャアリングをしないと。250時間もみんなが出勤して30万円も40万円も超過勤務を貰って受け取っていたら、他の者に仕事を回したくなくなるので、組織が維持できなくなるし新人は辞めてしまうぞ。今のこの地区の介護や支援の状態がそれだ。」
そう言っていると、その支援の責任者が来た。ついでに、話をした。
「どうして、社員のSの勤務時間が短いんだ。5時に帰して、トータルで週休二日の勤務時間を14時間も下回っている。自分たちはなぜか230時間とか250時間とか勤務し、新人の彼女は規程の時間を下回って160時間程度の勤務だ。自分たちは多くの超過勤務で時間給も高く残業代が15万だ20万だと稼いで、新人で固定給も自分たちより低い金額の彼女たちを8時間勤務なのに意味もなく7時間勤務にして、帰す。そのうえ、会社は勤務時間が不足しても基本給は固定給なので支払う。一体何を考えているんだ。」
こんな会社に私がした。
能力もないやつに権限を委譲して、自分は好きなことをしようとする。
判断力も意識も低く、自分のことしか思わず。
「そんなことをしていたら、下の者がみんな辞めてしまうぞ。」
この傾向が、昨年から続いている。3年未満の者が居なくなっている。昨年だけで数人、今年に入っても社員は数人辞めているが、みんな同じような理由だと思う。登録ヘルパーさんも辞めるのが多くなる。それはそうだ、自分たちだけ収入を増やし維持する。登録ヘルパーさんや、新人社員は働いて金銭を得ようと思っているのに、仕事を与えない。意味のわからない、早く帰す。
会社は彼女らの遊び場だ。アホか。常識もない知識もない、そんな奴らが何を振りかざすのか。教育の大事さを痛切に感じる。この業界のレベルは確実に低い。その低さを如何に自覚するかだ。
そこに、守口の居宅介護支援事業所管理者兼ケアマネージャーが来た。一昨日来、訪問リハビリに関する問題が起こっている件の報告だ。一応、指示した通りに動き、予想された内容になってきた。
はっきりしたら、また、報告が来るだろう。自分に責任があるのでは、そう思っていたようだが、やっと余裕が出てきたようだ。それでも、利用者が訪問リハビリを利用した途端に動けなくなった事実はあるので、誠意を持って解決に向けて動く必要があるので気を許さずに、利用者の最大の利益を考えて動くことを願っている。
11時に出て、ハローワークに向かった。トライアル雇用者の申請が今月末までなので、遠方のハローワークに行き届けでした。帰りに回転寿司屋によって昼食を摂ったが、その際、近隣の国道沿いにあった回転寿司屋やパスタなどの店が閉店していた。また、もう少し移動すると、しゃぶしゃぶ屋、うどん屋などそこにあったはずの飲食店が次々と閉店していた。
怖い感じがした。
その足で利用社宅にモニタリングに行って、法務局に向かった。役員の重任の届出だ。前回、3年目に届出せずに遅れて3年前の届出をしたが、裁判所から3万円の罰金通知が来た。再び、今年も3年目なので今回は遅れずに提出。
行政書士の自覚を持ってやらないとダメだ。

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報