お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(5234)立志伝敢闘編
19/07/26
2013年(平成25年)6月中旬。
 続々と、社員が来る。最初はこの守口市の居宅介護支援事業所管理者兼ケアマネジャーが来た。昨日、面接した出戻り変人男性の配属が以前から彼女のところに決まっていた。問題はその意識だ。最初から、
 「独立する時に自分が営業で得た利用者の半分を頂いて行っていいですか。」
 とんでもないことを言い出した。
 その意識が分かったので、個人情報や企業情報の流出をブロックするように指示した。以前、私があるケアマネジャーの依頼を受けて在宅支援センターに紹介し就職したのに独立するために必要な書類を家に持ち帰っていたということがあった。多分、それに近いことが起こるだろう。それを想定して話をしたのだ。
 そのほか、NPO常勤理事の婚活支援の打ち切り、旅行やクリスマス会の話などをしていたところに、キラキラ目の珠緒ちゃんが来た。成年後見人としての活動の次は銀行へ行って通帳名義の書き換えだ。
 その日程と銀行への手続日程の調整をするために連絡したと言う。
「連絡したのですが、支店の担当者が必要な書類が分からず、本社に聞いて連絡するそうです。」
 その受けを依頼されて、ケアに向かった。
 次は、ケアマネジャーを受験したいと希望の社員が来た。
「絶対に資格は取らない。」
と意地を張って、1級ヘルパーのままでいたのだが、その主義を変えて昨年介護福祉士を取得した。その勢いをかってケアマネジャーの受験をするという。
 「これが人生最後の受験となります。」
 「と、言うことは一発で合格する積りだな。」
 「いえ、そんなことはないんです。」
 そう言って、逃げるように戻った。
 受験資格者が今年は2名増えて、昨年受験して落ちた2名を加えて4名が受験する。
 暫く話をして、10時に隣のイオンモール三菱東京UFJ銀行のATMで社員の入金をした。妻の役員報酬は扶養家族としてカウントされる金額内に収めてあるが、年上妻の年金支給が始まる。また、民間保険会社の年金支給も始まり減額しないと困ることになる。
 同じモール内の主治医の内科に行った。受付で
 「今日は採血ですよね。」
 「いや、聞いていませんせんが。」
 「お食事はして来ましたか。」
 「して来ました。」
 「何時に朝食を摂りましたか。」
 「6時頃です。」
 「ちょっと待って下さい。」
 そう言って返事が無いままに過ぎて、看護師さんから名前を呼ばれた。採血をするのだ。
 「たまに食後の血糖値はどうなっているのか調べるのもいいと思います。」
診察は、いつもの主治医の先生ではなく、応援の週1回来る先生だ。
待合室で待って居ると、お年寄りの男性は奥さんらしい方を呼んで、
 「肺炎を起こしているらしくて、直ぐにこのまま家に帰らずに入院しろと言われた。」
 そう言って、今度は子供に連絡して来るように言っていた。
 看護師が来て、
 「総合病院に紹介状を先生が書いていますのでしばらく待って下さい。」
 「朝、食事していないのですがこのまま行かないとだめですか。」
 「済みません、そうして下さい。」
 いずれ、自分のこのようになる。
 3年前の時には、家族がこの地に居ないので社員が署名して緊急手術を受けた。
 診察は、いつも繰り替えされる言葉だ。
 「数値は本当にいいんです。血圧も今測定したら122-84です。他の数値もいいんです。」
 「しかし、体重が減らないんです。意識して食事制限などしているのですが、ウエストは3センチ減ってジャージしかダメだったのですがこのように今日は以前履けたズボン91㎝を履いています。また、みんなに顎が細くなったとか、顔が小さくなったと言われているのですが、全く体重は変わりなく78.5㎏です。」
 「前も言いましたが、運動とかシェイプアップをするより口から入る物を制限しないとダメです。基本はそれです。」
 「かなり少なくしています。」
 「炭水化物とか間食とか。とにかく毎日食べたものを書き出してカロリー計算しないとダメです。」
 言い訳は通じない。
 午後から、京都に向かった。広域の成年後見人関係の組織を作るための会議だ。もう何度も開いているのだが、具体的な話がなかなか生まれない。今日も同じだった。台風の中、戻って来たのは夜9時だった。
 イオンモールまで戻って来て外食した。中華料理で、エビチリ定食だ。エビチリに餃子が5個、チャーハン、スープだ。
 NPO法人常勤理事と一緒に食べたので、そのほかニラレバを分けて貰った。気にしながら野菜の多く取った。追加で彼女がゴマ団子を頼んだ。仕方が無く、1個頂いた。考えてみれば、昨日、百貨店に行って「鎌倉小川軒」のレーズンバターケーキを買って来て毎日1個ずつ食べている。
 やっぱり、カロリーの摂り過ぎか。
 行政書士の登録申請をするので最近はジャージから私服に替えている。


一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報