お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(5209)立志伝敢闘編
19/07/12
2013年(平成25年)5月下旬
静かな休暇を過ごした。人が来ると、来ない時間を楽しみたいと思うが、来ないと寂しい。そんな一日だった。しかし、GWなどより仕事は捗った。懸案のNPO法人の書類を整理した。これまで、忙しさにかまけて多くの書類をただファイルに挟むだけで終わっていた。
その何冊にもなったファイルを整理した。すべての書類をテーブル一杯に出して項目ごとに分けたのだ。入会申込書、役所への毎年の事業報告、定款変更などの書類、総会関係、役所からの通知文、指定事業の実績関係は全て毎月税理士に渡している。
 そんなファイル整理を、今度は成年後見関係に移った。3人の審判申し立てと2名の後見人としての活動関係。当社主催の後見人養成研修関係、保険、身元引受、財産管理などの周辺事業関係。東京大学とサポート機構の関係。そんなファイルを作って整理した。
 それが主な作業だった。そのほかに、住民税の通知が来たのでそれを対象者の給与明細に入れた。経費関係をまとめた。決算が近づいて来たので、資金と決算の予想を立てた。12月時点では700万円の赤字だが、その前期に対処していた就職者支援事業の入金が後期に相次ぐので黒字になる見込みだ。そのマイナス分の資金の穴埋めは妻の500万円と私の700万円の提供で何とか過ごしている。
 その返済は来月に来る。そのほか、保険や家賃の一括払いが待って居る。労働保険もだ。そうなると、未入金の4000万円が恨めしい。2か月分の入金は永久に、つまり事業を継続している間は無くならない。
 そのような時間に加えて、日帰り旅行の場所を検索して検討していた。NPO法人常勤理事の楽しそうな旅行三昧。夏には若い人たちで旅行に行く。これまでは、私が主体となって連れて行った。しかし、これからは自覚させようと突き放した。
もう一つは、NPO法人常勤理事の恋の成就だ。この旅行にまだ戻って来ていない彼を入れるのだ。
 面と向かって告白できないのに、付き合い始めているのは彼女が諦めて彼女が問いかけて、彼女が返事をしたのだ。それでも、顔を覆って
 「断られたと思って、何と答えていいのか考えていた。」
 と、言うほど頭が真っ白になっているようだ。
それを考慮しても、情けないし、大事なことを言えないなんて後から思い返して、悪い方向に向かう可能性もある。
 その決定的な言葉を言わせるのに、グループ旅行があるのだ。その告白と、プロポーズを強要するための旅行だ。それに、私が参加しては委縮してしまう。誰も認めるように、NPO法人常勤理事の親は私なのだから。
 その為に、今回、私は遠慮することにしたのだ。そういった方向のイベントなどの変更を大きく考えている。例えば、クリスマス会だ。今のところ、通常通りに運んでいるが、裏で幹事になる予定の若い仲間3人に指示している。
 「クリスマス会が突然結婚披露パーティになるかも知れない。司会は俺が買って出る。」
その為に、年代を追った曲を選定し始めた。
 ネットは本当にありがたい。彼女が生まれた年代から今まで、ヒット曲に送られて思い出やこれまでのクリスマス会の内容を踏襲しながら、そのような感じを感じて貰うような内容を検討している。
 5時間で600万円の予算は変わらないが、これまでの250人近くの招待客を厳選して100名から150名くらいにして、中身の濃いイベントにしようとしている。
 なんて気の早いことか。
 それと同時に、私の方もこれまでNPO法人常勤理事のしてくれていた時間を埋める必要に迫られた。たまたま、顔なじみの彼女にお願いした「君と歩いた青春コンサート」に対しては、了解を貰った。
そのほか、時々会うことについても、連れて行ってくれるならどこにでも行くと言われたが、その小旅行に場所を決めようと検討している。
 こうして自分に全部責任があると、なかなか決まらない。最初希望は京都だと言われた。そこですき焼きを食べたいと言われた。
 「すき焼きなど、どこにでもある。特別なブランド牛がある訳じゃないし。そのほか行く理由があるのですか。」
 「以前グラビアモデルをしていた時に、京都で好き焼きを食べたという記憶だけで。何の理由もない。」
 そして、
「連れて行ってくれるならどこにでも行く。」
と言われたので、ここ数日はその検討ばかり。
日帰りとなると限られている。新幹線で遠方までは行けるが、戻るときが大変。信州や九州も考えたが、時間が借り過ぎる。いっそう、北海道にとも思ったがそれも時間が勿体ない。
 いい温泉がありますかと以前言っていたが、日帰り温泉もいいと思う。それも検討課題だ。問題は、梅雨がもう始まるので雨が降っても大丈夫な場所の選定だ。趣味や休日の過ごし方など聞くのを忘れた。
 私生活が充実していると、社会生活もまだまだと思う。それでも、無理がたたって再び腰痛が発生した。以前入院した、腰椎分離すべり症がまた生まれて来た。痛いのだ。最初は周辺の痛さ、腰の横の部分だ。それが段々と中心に向かって来て、ついに今日からあの以前痛めた腰椎に移って来た。
 動けば痛い。座って立とうとすると痛い。横になっても痛い。痛さが尋常ではないのだ。それでも、治ると信じている。立って歩くときに、腰を曲げて腹をへこませてまるで老人だ。
 株が乱高下している。書類を整理していたら、取引をしていた三菱UFJモルガンスタンレー証券のネット取引の書類が出て来た。あれほど、
「就業時間には電話しないように。」
と、言ったのに、無視して大事な時間に何度も電話して来た営業の女性に頭に来たのだ。それ以来、1年位電話に出ない。しかし、取引がしたかったのだ。それがないというので、ネット取引も出来なかった。
 やっと見つかった。もう少し早目に見つかっていたらもっと儲かっていたのに。


一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報