お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(5167)立志伝敢闘編
19/06/17
2013年(平成25年)4月中旬。
 やることは決まっているので、その目的に合わせて事務所にて業務を行った。大体パターンは決まっているが、軽度作業の後、能力的な負担の多い作業に移っていく。今日は、経費関係が最初だ。NPO法人の決算が先月なので、それに対する資料を準備した。そのあと、株式会社の決算は6月なので1月までの決算資料を準備して税理事務所へ届けた。
体重が思うように減らないので、毎月定期的な健診を受けている主治医へ行けない。朝食は豆腐だけとかの軽食だが、昼から少しずつ重くなって行く。余りにも食材が有り過ぎるのかも知れない。
また一口カツと銀だらの西京漬けを購入手続きを取った。今日の昼も、以前購入して冷凍してあったマグロを解凍して食した。やはり、美味しい。私はトロより赤身の方が好きなので、丁度良い味だった。トロの部分は、みそ漬けにしたりしょうゆ漬けにして後から焼いて食べる。これもまた絶品。ニンニクとみりんとを合わせるのだ。
午前中は相変わらず溜まった書類整理も含めて目一杯働いた。7時から5時間事務所で過ごして、昼2時間ほどマンションで休んで再び出勤。日曜日は一番仕事がはかどる。午後から音楽を聴きながら、新たに受注した行政書士がするような業務を点検した。就労継続B型の作業所の新規申請書類だ。
初めて対応するのだが、まずすべての申請書類様式をネットで確認してプリントした。そのうえで、必要なデータを貰うのだ。初めてのことだが、内容的にはさほど難しくない。早く行政書士事務所を開設しないと、と思っていながら、ここまで来てしまった。
私が資格を取得したのは昭和53年の時だ。東京都で取得したのだが、その時の都知事が美濃部亮吉さんだ。その名前が合格証書にある。
流れる音楽も昭和時代のポップスでいつの間にか音楽が耳に入らなくなって、CDが終わったのが知らずに一気に行った。大体の様子が分かったところで、外出した。NPO法人常勤理事の彼女が車で連れて行ってくれる。
最初は郵便局だ。会社からスタートした時に、介護の社員がバイクでどこかに出かけて行ったのと一緒だった。方向が同じようで信号ごとに一緒に停車した。15分ほど走行して結局同じ郵便本局だった。不思議というか偶然だった。
そのあと、決算資料を届けに税理士事務所に行った。ポストに大量の資料を投げ込んで、カラオケに向かった。朝も、せっかく覚えた歌を忘れないようにと、歌詞を印刷して練習した。歌詞を印刷しようと思ったが、ネットで取り出してもほとんどのサイトでは印刷出来ないようになって居る。
苦労して、やっと見つけて印刷した歌は、KinKi Kidsやチェッカーズの曲だ。それは、NPO法人常勤理事の誕生日会の時に歌おうとして覚えた曲だった。
 最初2時間の予約をしたのだが、余りに乗り過ぎ延長して最後にはフリータイムに変更して貰った。中学校の時からさかのぼって時代の唄を歌いだしたが、結局結婚した昭和51年でまでしか行かなかった。
終わってから、8時にまだ30分有り、百貨店も近かったことから惣菜などを購入しに行った。半額や4割引きの商品が沢山あったので買ってしまった。

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報