お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(5165)立志伝敢闘編
19/06/16
2013年(平成25年)4月中旬。
 朝一から、介護サービス提供責任者、支援責任者、ケアプランセンター管理者が相次いで来た。介護サービス提供責任者は経費の処理や私の旅行での話し、余りに落ち込んだ数字を取り戻すために動き始めて、
「佐藤さんの言ったように、実績を届けにケアマネジャーのところに行って来ました。そうしたら、数件新規で頂きました。ケアマネジャーも大半が変わっていて新しい人が担当でした。」
「それりゃそうだ。ケアマネジャーだって3年で大半が辞める。新たなケアマネジャーの顔も知らなければ誰も新規でくれない。」
「そうですよね、Uケアプランセンターのケアマネジャーが辞めたいと、こんな割に合わない仕事、早く元のデイサービスに戻りたいと言っていました。」
そんな話とか
「今度の旅行は誰と行ったんですか。愛人ですか。」
などと言われて、居た。
そういえば、私が不在の時に若い者同士で懇親会をしたらしいが、NPO法人常勤理事の話では、ケアプランセンター管理者や新規事業所の責任者が
「あなたは佐藤さんと四六時中一緒にいるんだから、私たちの見えないことがわかるはず。佐藤さんに女の影が見えるんですが、だれか女がいるの知らないですか、と聞かれました。」
そう言っていた。
20分ほど話をして、入れ替わりに支援責任者が来た。新たな障碍者制度が変わって「障碍者総合支援法」が新たに発布された。そのために、定款の変更が必要となった。手続きの話を終えて、人材の必要性について意見を聞いた。
新たに発生している新規依頼などが継続的にあるのでなおも確保する必要があると要請を受ける。すでに大東本社では介護より障害支援の収益が月額150万円も上回っている。
そのうえで、これからの人材や事業の展開で人材養成や人事異動などを視野に入れて
「担当部署の打ち合わせを行いたい。」
と、声を掛けた。
喫緊の予定では、政令指定都市に進出した継続性から相談支援事業所設置を26年度に掲げて市の個別指導を受けている。
8時半になって、この守口のケアプランセンター管理者が来た。自分が関わっている利用者の、家族間の争い問題についてだ。特定疾病で関わっている障碍者に対して弁護士会の無料相談があるのでそれを利用することにしたとのことだった。
そのほかに、NPO常勤理事への紹介を仲間で行ったが、その結果や動きが気になっていたようで、どうなっているのか聞きたかったようだ。ケアマネジャーの資格を取得して当社に戻って来るのが7月。それまでは、他の事業所で管理者をしている。
19日に二人で休暇を取ってアミューズメントにデートする。うまくいけばいいとみんなが願っている。二人とも異性との付き合い経験が全くなく初めての経験なのだ。遠慮がちだった男性が割合と積極的にメールを送るようになって、ちゃんとやり取りをしているのだが、イライラするので19日までに一度打ち合わせをするように発破をかけると言っていたというかそれをプッシュするのは私だが。
3月の収益の結果、大東本社が600万円を超え、ここの自立支援が400万円を超え、新たな事業所が200万円を超えたので祝をすることにした。その日程と場所や参加の対象者を決めた。
連絡をお願いしたり、そして面接の時間になった。10時から男性の50歳超えの方の面接を予定していたのだ。
10時ちょうどに入って来た。入ってくるなり、第一印象で彼女は指で見えないように罰を作って私に示した。私も申し訳ないがそう思った。太っているのと背が小さいのと、第一印象が悪すぎる。働いていない体になっている。
電話でも話をしたが、資格は2級ヘルパー、福祉用具専門相談員、ガイドヘルパー各種、同行援護、介護事務、難病ヘルパーなどたくさん持っている。それも昨年1年間に取得していたが、経験が全くなく一体何で収入を会社にもたらすのか。
「面接してから決めてくれませんか。」
というので
「それでは、全く未経験で一体何を提供して会社に給与に見合う収益をあげられるのか考えて来て下さい。」
 「分かりました。」
そう言って来たのだが、同じ質問をしても返事が頓珍漢だ。
 「全部したいと思います。」
 「全部とはなんですか、具体的に言って下さい。」
 「ガイドヘルパーとか。」
 「ガイドヘルパーで1時間当たりどの程度収入があるかわかっていますか。」
 「1000円程度ですか。」
 「その金額だったら、社会保険を入れて20万を確保するのに200時間休みなく働かないといけない。社員としては難しいでしょう。何もできないし、社員だったら即戦力を求められますよ。ほかの事業所に面接に行きましたか。」
 「はい、でも面接はして貰えませんでした。女性や若い男性を求めているのです。」
 「それは、どこでも同じです。しばらく、経験を積むのに我慢して登録的な立場ではどうですか。」
 「いや、フルタイムで働く会社を探しています。」
 「それは、ご自身の判断ですからいいとおもいますが、経験もなく男性で年齢が高いのでなかなか難しいと思います。」
 しばらく、業界の環境などの話をして何とか我慢して経験を積むように言ったが聞き入れなかった。
「面接をして頂き有難うございました。」
 そう言われて、第一印象のダメは変わりないが、どうして我慢できないのという気持ちと、現在焼鳥屋でアルバイトをしているというが、どうして介護の仕事をしないのか不思議だったので、それも言った。
あとは、業務の説明や環境や将来の資格制度の話をした。
「フルタイムで働く事業所が無かったら他の仕事を探します。」
ケアプランセンターの管理者は同席していたが、途中で帰って行った。
あとから、最初からダメだと思って退席したとのことだった。
やっと解放されて、部屋に早めに戻って食事をしてすぐに出た。今日は電力病院で無呼吸症候群の定期検診だ。2時の予約を少し遅れて到着。新しい主治医になったので暫く待って、3時に終わる。
そのまま、ハローワークに駆け込んで就職者の届け出。終わってから、すぐに弁護士事務所に。認知症の妻の後見人申立をするのだが、まだ動いていない。弁護士は早いと言っていたが、動きがない。最近分かったが、後見決定したものに対しては受けているのだが、申立てはしていないのだ。だから、手続きが遅い。
今日の急きょ訪問は、支払が滞っているので通帳を預かって処理したいのだ。2月に夫が倒れてから、24時間対応だ。その金額が60万円を超える。そのうえ、夫の残額と自費などを加えると相当の金額になり、説明が大変だ。加えて、今月末には施設の支払いが発生する。
今して置かないと、どんどん負債が溜まって一気に下してしまうと裁判所の不信感が発生して余計な説明が必要となってくる。その相談に行って、通帳を預かって来たのだ。すぐに終わると思った話も、色々な話があり長時間になってしまった。
その場で遅い申立ての予約を家庭裁判所に電話で入れた。事務官が申立人と被後見人、申立て代理人を告げて、後見人候補者を当NPO法人の名を言った時に電話口から口を離して
「存じ上げております、と言っています。NPO法人の資料は要りませんので申立書をあげて下さい、と言っています。」
そう言っていたので、弁護士が
「裁判所で喧嘩したでしょう?」
などと、冗談を言っていた。
知っているとなると、スムーズに進みそうだ。
その間、会社から電話があった。
 「高齢者住宅を展開している建設会社から後見について話を聞き、お願いしたいと言って来て来ます。」
 そのような連絡があった。
 外出中なので、予約を取ってくるように言った。
弁護士事務所にて話をしている最中に、ケアプランセンターの管理者から電話があった。
「いつ戻って来るのですか。障碍者を連れて行って弁護士会に相談した内容で報告があります。」
急いで6時過ぎに戻った。
彼女に連絡した。
 「本当に佐藤さんが言ったように、弁護士さんが本人が強い意思で、家族の要求を拒否できるかです。法律的には支払う必要はありません。と言っているのに、本人はある程度世話になっているから払おうかと言っているので、誰のお金ですか。それは税金で賄われた、生活費ですよ。それじゃ、多い分返しましょうか。そう言って、それならもう私たちは関わりありませんので、自分で解決して下さいと言いました。」
障碍者で、特定疾病で介護保険の適用も受けている視覚障碍者。自分の為に親が積み立てていたお金を姉に取られて、親が亡くなった時に受け取る保険金も取られて受け取ったとのサインもさせられて。一緒に住んでいた時に面倒見たからと多額を請求されて、親が亡くなった時の葬儀代として相当額を当面払えと脅されて。
実の姉がそれらを言っているのを、本人から相談を受けて法律相談をした。あくまでも、本人の強い意思を確認して、斡旋だけを行った。闘うと言っていたのだが、急に萎えてしまって、大きくなりそうで怖くなったのだろう。それは事前に言っていた。そして、当社の顧問弁護士も言っていた。
「急に態度が変わって、自分が望まないのにケアマネジャーから勧められたという可能性があるので十分注意するように。」
そう言っていた通りになった。
その怒りの矛先をどうしても求めたかったのだ。
「だから、もうかかわりがないのでその点については電話をしてくるなとはっきり言わないと。自分で解決するようにして貰って、介護保険の範囲内と障碍者総合支援の部分だけ対応することにした方がいい。俺も、病院に入院した時に保証人人になったが、都合のいい時だけ利用されても困るので、ここまでの関係で終わり。」
30分ほど過ごして戻って行った。


一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報