お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(5153)立志伝敢闘編
19/06/09
2013年(平成25年)3月下旬。
責任者も兼ねる彼女が連絡をしたようだ。その男性はまだ、ハローワークに居たようで、どうしてそうなったのか、詰まり検索しても出て来ないのは分からないが、
 「求人登録したところを教えて、そこだったら完璧に大丈夫だと言ったのですが、行ったことがないとか、それだったら社長と話をしてどうするか決めるなどと、動きたくないような感じでした。」
 そう報告を受けた。暫くすると、その男性から電話が入った。
 事情を話するが、私は既に報告を受けているので分かるが、
 「求人番号を検索して出て来ないと、ハローワークの担当者に相談しましたか。」
 「いえ、NPO法人の事務員の方がそう言ったので、求人番号を打ち込んでいたんです。遠方のハローワークに行かないと検索できないと言うのですが、明日行ってやってみます。」 
 「うちの職員は、ハローワークのシステムがどうなっているか分からない。どうして、ハローワークの職員に聞かないんですか。そんな無理して行く必要はありません。明日ハローワークに行かせます。その結果を連絡しますので、来週月曜日にハローワークに行って下さい。」
 「いや、明日面接して貰ってから、月曜日にハローワークに行くことにして貰えないでしょうか。」
 「それは出来ない。それだったら、どうしますか。うちはどちらでもいいですが。」
 「それだったら、明日、連絡を待ってからハローワークに行って午後面接をお願いしたいのですが。」
 「午後から遠方の施設に行きますので、戻って来るのは夜になります。月曜日にしてくれません。」
 「それでは、午前中に面接をしてもらえるように早くハローワークに行ってきます。」
 そんな会話だった。
 責任者の話では、自分はもう動きたくない、そんな面倒ならもう応募は止めようと言う感じで話をしていたという。
 その話を聞いていたので、私が話をすると、早く勤務に就きたいという思いが全部だった。どうして、こうも年齢の高い人材は意地悪で人を見るのか。応対して不快な気持ちになった女性は、なんと自分の上司になる責任者なのだ。知らぬが仏とはこのことだ。

不具合が多すぎる。何度も何度も投稿する時間が勿体ない。

 全く投稿が出来ず続かないので字数増やす契約をして、昨日の続き。弁護士事務所からの帰りの車の中で、NPO法人常勤理事に話をした。
「お年寄りを使用するのはいいが、こうして意地悪だったり人を見て言葉を発したり。動かなかったり、若い者のいう事を聞かなかったり。だから使いにくいんだ。」

そういう自分もそうだった。だから、経営をしているのかも知れない。

先日、働きながら学ぶという国の制度で雇用し介護福祉士養成校に通学させて資格を取得させて介護業界に就職させる制度がある。それを利用してひとり採用して2年間通学させた。その間の給与は16万円。通学費用や教材など250万円が市が代理事務をして出て行く。普段は全く業務をせずに、その性格の悪さから来てほしくないと思うレベルの社員扱いだった。

全く機能しないので、無駄な時間を毎日消費してもエラーが出続けたり、4000字の記録契約しても、短文だけしか受け付けなかったりしていました。操作が悪いのも知れないので、ライブドアの掲示板に移りました。同じタイトルで、経済ビジネスのサイトです。



一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報