お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(5090)立志伝敢闘編
19/05/08
2012年(平成25年)2月上旬。

『みんなそうかも・・・』

『自分をもってれば・・なんとか。』

『やりがいあります。』

『何回かけがしてますよ』

『その気持ちを原点にしたいです・・』

 将来に夢が持てない世の中になった。

 それが出せるようにどんな事でも一生懸命に。

 言葉の持つ力は凄いですよね。

やっぱりそうですか。大変ですよね。でも憎めない。

 私もその気持ちが希薄になったと自覚した時には、業務を換わっています。

 今日はデイサービスに夫婦で行く日だった。訪問介護から前日問い合わせがあった。
 「夫の状態が芳しくない。力が全く入らず、ダランとしている。ベットから車いすに移乗するのはヘルパーさん一人では無理です。デイへの準備のうち、衣服の着替え、排せつ介助、移乗、などのケアを二人対応でもいいでしょうか。」
 「結構です。薬が効いて来たんだろうか。」 
 今週月曜日から、先日のカンファレンスでの決定通り余りにも身勝手に動いて何度注意しても高額な嗜好品を百貨店の地下で購入しては、ひっきりなしに食べる。完全な精神を病んで居て、判断力や人の話や注意を理解できる状態ではなかった。
そのために、1日に総合病院の院長が往診をして動きを緩慢にする薬を投薬する事になった。その実施が月曜日から週3回という事で始まったのだ。
 投薬し始めた時から、状態は思い通りなのか報告はなにも無かった。カンファレンスに立ち会っていた訪問看護、訪問介護、デイサービスなどはその緩慢な状態はそのクリスのせいだと理解していた。
 9時にデイサービスが迎えに来るので、準備を始めたが対応している介護管理者から連絡があり
 「Uさん、状態が悪いです。全く言葉の受け答えが出来ない。このような状態でデイは受け入れてくれるんでしょうか。大丈夫か心配です。」
 「今の状態を、主治医のいる訪問看護ステーションに連絡して判断を仰いで下さい。」
 暫くして、また電話。
 「訪問看護の管理者が休暇で、いつも入っている看護師さんに説明しても、話だけ長くて何の指示も判断もありません。意識が全く無くなっています。」
 「すぐに救急車を手配して下さい。俺からデイサービスに話をします。」
 電話を掛けようと思ったデイサービスの相談員から連絡あり。
 「迎えに行った者から、連絡があって状態が悪いという事ですが、どうしますか。一旦、他の方を迎えに行って再度迎えに行った方がいいですか。」
 「夫は救急対応をして貰います。認知症の奥さんだけでも受け入れてくれますか。」
 すぐに、その相談員は近くなので駆けつける。
 その相談員の手配によって救急車を手配。それから、暫く連絡が無く駆けつけることにして向かった。向かう途中訪問介護から連絡があり、
 「救急搬送して貰いました。心肺停止状態です。」
 車で20分程度の大学付属病院に搬送したという事を聞いたので向かう。
 救急救命センターに入る。すぐに受付の看護師さんの聴取を受ける。データを僅かばかりしかもっていなかったので、詳細に成ると答えられない。それでも、持参したデータを見ながら答える。
問題は、その治療中の方の顔を見ていないので本人かどうかわからない。集中治療室にて懸命の救命治療を行っているので、白髪とかカテーテルを入れているとかそんな言葉を聞きながら合わせる。
 暫く待って、色々居場所を移る。移動途中に疎遠になっている息子さんに連絡。出ないので留守番電話に録音。病院内に居る時に返信があった。疎遠になっておりその仲も悪い状態のままだった。
 盛んに仕事を休む必要があるのかと、私にも電話を替わった看護師にも言っていた。何度話をしても、手続きが頭に入らない。私も救急救命治療室のある3階に移動させられた。心臓外科医からインフォームドコンセントを受ける。
下の階に居た時には、一縷の望みがあるような説明だった。しかし、実際担当した医師の説明では、
 「この病院に来た時には心臓が停止していました。色々手を尽くしておりますが、全く動きません。大変残念ですが、難しい。」
 「いわゆる、蘇生が出来ないという事ですか。」
 「そうなります。」
 私の頭には、一人になる完全な認知症の奥さんのこれからの対応を考え始めた。
 12時から弁護士さんとの食事の時間があり、出来るだけ一旦辞して再度来られれば有難いと思って、30分だけと言われて待った。しかし、1時間過ぎても解放されない。看護師に医師に申し入れてくれと、弁護士に会う時間が必要な事を言ったが、
 「一番大事な時なので、待って下さい。」
 そう言われた。
 私はもう亡くなった時点でお役御免だが、そうもいかない。再度、医師から説明したいと呼び出しがあり、
 「原因を色々探りました。結論から言いますと、どこも悪いところが無く原因が分からないのが正直です。そこで、私どもで死因が不明のときには警察へ通報する義務があります。これから、警察に連絡しますので、事情聴取がありますのでこのままお待ち下さい。警察が来るまで1時間程度かかると思います。」

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報