お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(5088)立志伝敢闘編
19/05/07
2013年(平成25年)2月上旬。

難問ですね・・・仕事したいのか したくないのか・・・・
自分の感情で周りに迷惑・・感じないんでしょうね

 中国のブラフ、ロシアのブラフが続いています。能天気な日本の若者に国防意識があるのでしょうか。

 どういう道を行くのか、この年になってもまだこれからが決まらない。

 私も同じでした。介護保険が始まった当初は良く言われた言葉ですが、最近は若者と同じように権利意識ばかりで、当然という感じです。

 現場に居る方が、もっと発言力を増すようなパフォーマンスをしないと行けないでしょうね。

 情の入らないケアって、想像できませんよね。

 今日は、社会保険労務士が打ち合わせに来ただけで、事務所を動かなかった。余り、この掲示板の注意を注目して居なかったので気付くのが遅かった。投稿機能が2月中旬で終わる。気付いたのが数日前。新たな機能にスムーズにこちらも移行しようと思って、新機能を使いながらお試しをした。
投稿文は2000字までとなっていて、新機能に残数が表示されるのでそれに従って2000字近くにまとめる。ところが、投稿するとエラーが発生してすべて消えてしまう。長時間要して、書きこんでもどこにも残らず、消えてしまう事がたびたび続いた。
 新機能で2000字以内でも、旧機能では2000字を超えて200字以内に調整するようにと表示される。新機能は、文字数だけを完全に把握するが、旧機能は余白も文字数に数えるようだ。
それは、何度も消えてしまった痛みを無くそうと新機能上で書きこんだ文章をコピーして一度文書機能に登録する。それを、旧機能の画面にはめ込むと文章は残って調整を要求して来る。結果的には旧機能の方が良いという事になる。全く、ヤフーもグーグルにやられる訳だ。どこも、人材によって業績が左右される。
 10時半に社会保険労務士が来た。1月末退職の新規事業所管理者の退職後の手続きだ。それにしても、新規事業所の管理者は退職日にも翌日にも連絡も顔も見せず。何度か責任者を通じて、社会保険などの手続きをしないと行けないので来るように言って、やっと4日に来た。
管理者として信用して選任しても、こんな事をするんだ。どれだけ事務手続きが必要なのか、考えて欲しい。出勤簿も出して居なかったのでそれも要求した。
 手続きが終わって、少し話をしたが
 「これだけ国を守る意識の希薄な若者たちで、最近多くなった中国の挑発やロシアの動向、北朝鮮の暴発などあっても大丈夫なのでしょうか。自分たちの世代ではなく次の世代の者たち。南方の島々南沙諸島を最近中国に占領されてしまって、居座られている。強引な態度で来られたら本当に守れるのか。」
 そんな話まで発展した。
 新たな労働市場における、補正予算による制度を共有し合って出来るだけ助成制度を利用して人事に役立てようと思っているので、制度のスタートを注視してくれるようにお願いした。
そのほか、一人ひとりの最近の我儘な労働者のケースを挙げながら相談した。第一は、社会保険を負担するのを拒んでいる中国残留孤児のお子さん。第二は、同じく管理者として遇したい最近入社した男性が、既に国民年金と国民健康保険に加入している事を楯に加入を拒否。
つまり、二人とも手取りが多ければいいという考えで、どんな理由があっても受け付けない態度に出ている。
 また、国の働きながら学ぶ制度を活用している有能と判断している研修センターで働いている社員扱いは、制度が21日で切れるので社員として採用したいのだが
 「扶養家族範囲内で働きたい。」
 と、言っているのでその認められる1週間の時間を聞く。
 初夏に出産予定のである自立支援部署のサービス提供責任者は、ぎりぎりまで働きたいとの希望を持っているのだが、もうすでに働けない状態で動いていない。ケアに入らないのであれば、負担が大きい。 
勤務状態も悪く、最低限の労働時間も働く事は無くなった。それでぎりぎりまで居て、出産休暇を取得して、職場復帰する予定だ。この取り扱いをどうするのか。そのほか、諸々の事例を挙げて指導を受けた。
 1月中村勘三郎死去。私が子供のころから長年親しんだ中村勘九郎だ。まだ、50代だった。そして、2月には市川団十郎が闘病生活の上死去。まだ、60歳になって間もなくだった。若い有能な、そして慣れ親しんだ人が亡くなるというのは辛い。
 先日、遠くの京田辺市の警察署から3年前に盗難に遭ったバイクが見つかったので取りに来てくれとの連絡があった。リサイクルショップに売りに出されていたという。ナンバープレートはそのままで、マンションに放置してあったというが警察の話では新しいままだという。その盗難に遭ったという社員は既に辞めた高齢のお局様だった。
 事故は何度も起こすは盗難に遭うは、で会社は相当な被害を受けていた。傲岸な人間で、周りの社員からリコールが何度も叫ばれて、止むなく辞めさせるようにした。その者が他の会社に移ったが周辺をうろうろしていた。
最近見かけなくなったので、何かあったかと思っていたら昨日の昼にイオンショッピングで偶然会ってしまった。話をしたくなかったが、声を掛けられて近況を聞きたくないが聞いた。バイクが本当に盗難に遭ったのか、バイク屋などが疑っている。奴ならしそうな犯罪が出て来るか。

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報