お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(5070)立志伝敢闘編
19/04/28
2013年(平成25年)1月下旬。

 一定期間多額の給与を手にすると、失いたくないのは分かりますが。仕事を後輩にさせないのが一番の問題なのです。

 経験しかないと思います。

 ファイト。

 総合力は、1+1以上になります。

 机上より、いつでも実力が大事に成ります。

 今日は何としたことか。朝7時過ぎに事務所で無理を言って印刷屋と待ち合わせをした。ところが、7時20分過ぎの印刷屋の電話で起きた。こんなこと今までにあるだろうか。5時台には遅くても目覚めて6時までには布団から出て、野菜ジュースを作って6時半には出掛ける準備は完了していた。
余程、昨日は怒りと情けなさなどが頭の中を充満していて疲労困憊だったのだろう。
 その怒りの日の事だ。いつもの、キラキラ目の珠緒ちゃんが事務所に来たのは8時過ぎだ。いつもの通り、精算などをして一段落すると
 「佐藤さん、お正月熊本に行って来たんですよね。」
 「行ったよ、熊本と福岡だ。」
 「私の息子も受験だったので福岡の太宰府天満宮と佐藤さんのスタッフブログに掲載されていた何とかという神社に行って来て必勝祈願をして来たんです。その甲斐あってお陰さまで合格しました。」
 「加藤神社だ。加藤清正公を祀った神社で、戦いの神だろう。そのうえ、丁度巳年の今年にふさわしく、家紋は○に黒丸が入っている蛇の目だ。合格したか、それは良かった。どこに入ったの。」 
 「○○高校です。」
 「少し遠いな。野球で全国制覇を良くしているところだな。」
 「野球などのスポーツ科は?類で、私の息子は東京大学にも沢山入る?類です。」
 「それは、すごい。将来東京大学か。大変だな、そうすると塾とか行かないと行けないんだな。」
 「いや、そこは学校内ですべて完結なので塾は行かなくていいのですが、学費が高いので沢山これからも働きますのでよろしくお願いします。」
 そう言って、嬉しそうに話をしていたがヒヤッとする場面があった。
 「熊本にいつ行ったの?」
 「元旦に行こうと思ったのですが、新幹線のチケットが取れなくて2日の日に行ったんです。」
 「そうか、俺はひと月前に購入していたので、元旦だ。その代わり、仙台から直接向かったのだがチケットを服の中に忘れてしまって。着て行こうとした服の中に入れたチケットを、決めた服を着なかったのでそのまま忘れてしまった。」
 そう言いながら、会わずに済んだので冷や汗が出た。
 午後から、懸案の被後見人の取引銀行に行った。昨年8月に依頼があって保佐相当の審判が下った。その申請期間もたびたび面会をしていたが正式に10月から本格的なサポートに入り、11月に財産管理のために通帳を私どものNPO法人の名義に変えた。
カードも作成して暗証番号を決めた。かなり遠方の地方銀行で、車で片道2時間以上は掛かる。ただ、本人が入所している施設は近いので私が引き受ける事になった。共同の受任となり、少し遠方だが京都市民後見センターの代表に指導を受けながら行うこととなった。
 毎月の施設経費や希望がある外出して衣料品を購入するなど、その時にはまだ余裕があった私の手持ちで負担をしていた。何ヶ月も個人的な希望も聞き衣料の購入など介護タクシーやヘルパーさんの自費などを負担していた。
 それを引き出すのに、遠方の銀行に行かないと行けない。日程を調整してやっとこの日の午後に時間を空けて向かった。
 郵便局や銀行に立ち寄ったのでギリギリにその地方銀行の支店に行った。ギリギリというのは3時だ。私は、あとから説明の必要のないように一件一件出金をして通帳に記録を残す事を考えていた。
 そのように、するためと時間が10分少々しかないので業務を分担した。NPO法人常勤理事に出勤したお金を取り出す業務。私は暗証番号を打って出金額を打ち込む事。その際、
 「暗証番号がうろ覚えなので、最初に現金が出て来なかったら言って、な。その暗証番号が間違いだから。もう一つの番号があるから。どちらにしたのか忘れてしまった。」
 そう言って、作業開始した。
 私は金額と暗証番号を確認し打ち込みする。確かに、明細シートが出て来たのは分かっている。あとから考えれば、現金が出て来なかったのだ。見ていない。最初から出て居なかったのだ。すべて終わってから
 「現金を下さい。」
 「えっ、どう言う事ですか。現金は出て来ませんでした。」
 「何をばかな事を言っている。あれほど、現金が出て来なかったら言ってくれと言ったじゃないか。」
 「現金が出て来ていないというのを知らなかったのですか。」
 「どういうことだ、俺は暗証番号と金額を打つのに一生懸命で、自分の担当は現金を取り出してくれと言ったじゃないか。どうして、出て来なかったら言わないんだ。」
 「まとめて出て来ると思っていました。」
 「馬鹿かおまえは。何を考えているんだ。すべて駄目になったじゃないか。カードも何度も間違えたので使えなくなっただろう。最初から全部やり直しだ。」

『人を育てないと・・・・』

『ですね・・』

『全力です』

「そうですね」

『現場ヲ見てほしい』

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報