お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(5065)立志伝敢闘編
19/04/25
2013年(平成25年)1月中旬。
 その程度の懸念材料で終わるのなら、私もそうか程度で終わる。しかし、事は意外な方向に向かった。ファッションを揃えるまで、どこで待ち合わせをしたのかその場所を大勢の行き交う位置を確認したり、8時ころだという待ち合わせに合わせて食事やお茶の場所を迷わずに事前に心づもりをして置くように、大体の店を決めるようにその場所に行ったり。
 その間も、
 「もしよかったら、一緒に来てくれますか。」
 などと行ってきたりした彼女の不安が増大したのか、
 「なんか、体がおかしくなって来た。熱が出て来たようだ。」
 以前から、何かしないと行けないとか、学校時代でも遠足や運動会というと前日から頭が痛くなったりおなかが痛くなったりして、休む事が多かったという。確かに、自分が何か話をしないと行けないという立場になると、言葉が出なかったり話できなくなったりするのが時々あるのだ。
 まだそれもいい。何とかなるかもしれないからだ。
 しかし、問題はもっと異なる所に合った。その日は、彼は休みだが講習を受けに行っていると聞いた。場所と内容を聞いた。心理学だという。心理学など一体どこに。NPO法人だと聞いた。最初は気になって居なかったのだが、待ち合わせ場所が遠方で自分の家に近かったので夜の8時という時間でも仕方が無いかと思った。
でも、その場所は環境が悪く危険が満載という場所なのだ。遅くなるのは危険だと何度か言って、
 「相手の気分を害さないように、一旦そこで待ち合わせたら食事は移動して安心できる繁華街に戻って来るようにしたら。そこからだったら、少し遅くなっても20分も掛からず帰宅できる。」
 そう言っていたので、彼女もそれを彼に行って待ち合わせ場所を変更した。そこは、彼が朝から夕方まで心理学の講習を受けているというNPO法人の教室に近かった。それなのに、再度確認させたら同じ8時だという。
近くなのに、移動時間が無いのにどうして遅いのか分からなかったので、確認することにした。
 インターネットで場所とNPOという言葉と心理学というキーワードを入力すると出て来た。心理学もあるがそれに類する幾つかの講座が決められている。相当な人数が集まるのか、男女のコミュニケーションの取り方の着講座もあり、交流会などという文字もある。
色々調べた。理事長や講師陣。その講師一覧表を見ると、何やら資格を持っているがすべてこのNPO法人独自で認定している資格だ。その資格の取得料を見ると10万円台になっている。1級とか2級とか準も付くのがあり一体何の講座か。入口は無料だが、入り込むと大変な金銭が掛かるのではないか。そんな疑問があり、講師の写真と氏名を見る。
 なんと、その独立した当社の元社員、つまり彼が所属している会社の社長が名を連ねている。履歴を見ると異なった事が書いてある。無理がある。
 『設計事務所で働いて独立して設計事務所を経営したが、子供が成人したのを機に従業員に会社を譲り訪問介護員になる』 
 などと書いてあったが、会社の社長がどうしてヘルパーになる必要があったのか、設計事務所のノウハウがあるとは聞いた事が無い。
 その理事長の名前を入れて、そのNPO法人の検索をした。
 そのNPO法人のやっている講座を受けた人が投稿して居るものが幾つかあった。その中で気になったものがあった。
 『振り返ってみると受講して学ばなければ、成長しないと勘違いしていました。普通の感覚を取り戻すのに、通っていた年数分かかったように思います。何か一つ受講すると、色んな気付きがあって「もっと自分を知らなきゃ」、「もっと学ばなきゃ」「もっと成長しなきゃ」と思うようになります。受講すればするほどその思いは強くなります。数万円するような講座を成長のためといって、惜しげもなく受けるようになってしまいます。2−3年通う人はざらで、5−6年は当たり前、10年近く通う人もいてそういう人はたいがい、ボランティアでアシスタントをしていたり、講師をやったりしています。2−3年通っている人の受講料は平均で100万円は越えています。現金一括で払えない人も多くいるので、その場合分割にしてもらっています。しかも受講生のほうから、「分割に出来ないか」と相談しにいくようになります。自己投資だからと、惜しいとかもったいないとか思わなくなるんですね。
かくいう私も、遊ぶお金や色々切り詰めてでも、受講料毎月4-5万円程、一生懸命払っていました。』
 と、いう前段から始まって内部に居た講師が内情をあかしている投稿にぶち当たった。つまり、勧誘ではないのか。

『15年になります・・相手に恵まれず・・跡取りで見合いでしたが・・・』

『だめなら・・受ける26年も実技免除です・・』

『みんなに欲しい・・』

『八重の桜の話題で・・盛り上がってます。京都の商工会、福島の商工会締結しましたね・・災害の支援とか・・』

『節約で・・・』

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報