お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(5062)立志伝敢闘編
19/04/24
2013年(平成25年)1月中旬。

 もう試験など受ける機会はなくなりましたが、いつでも一発勝負の自分のやらねばならぬ精神が蘇って来ました。

 色々田舎の人は話をしてくれるので楽しいと思いますが、如何ですか。私も、地方から出て来た方の話を聞くのが楽しいというか、勉強になるというか。

 知る由もありませんが、大変なことだとは分かります。自分の築いている家庭でさえ大変ですから。家となると、親兄弟や親族など範囲が広くなりますから、ね。


 そうですか、知りませんでした。プロフィールでは郡山市出身となっていて、テレビで郡山の小学や中学制時代の同級生が出演されたり、郡山の合唱が全国制覇した話などしか聞いていなかったものですから。

 うらやましい。宮城県は貧乏神ばかりかも知れません。

 3連休のあとの出勤で勢いがつかない。最初にやる仕事は12月分のヘルパーさんの給与計算だ。いつもの計算だけだったら時間を要しないが、年末の29日から31日までの勤務に対して25%の割り増しが加算される。それだけで、毎年20万円近くの加算になる。
その計算に少し時間が掛かる。誰も朝来ない事を祈って仕事を始めた。早く来て仕事をしたらいいのだが、いまは7時まで暗闇なのだ。暗い中を歩くのはこの地域は危ない。環境が良くないのだ。そのために、明るくなる7時までマンションの部屋にいる。
 途中まで進んだ時に、ついに来た。社員だ。毎朝来るのは分かっているのだが。今日はまずキラキラ目の珠緒ちゃんだ。小口現金の精算を終えて、
 「今年は恵方巻するんですか。」
 毎年、食材を揃えて社員に海苔巻を実践させる。コメから具、海苔など全部会社が準備をして大体150本くらい作る。個人個人が家庭の分をつくって持って帰るのだ。
 「みんながするという希望があるなら構わないが、2月3日は日曜日だ。日曜日もみんな出て来る訳に行かないだろう。」
 そうですね、と言いながらもやりたいという。
 「一応、マグロは注文して日曜日に届いていたが、俺が都道府県対抗女子駅伝大会に宮城県の応援に行ったから受け取れなかった。今日到着すると思う。10キロサイズの半身が長崎県の壱岐島から送って貰った。」
 「隣の部屋に残っているクリスマス会の時に使用したコメの余りを販売してくれるのですか。」
 「どうせ残っているなら、一袋を除いてみんなで使用したらいい。」
 新潟県の当社のブランドを冠したブランド米だ。
 終わって、帰ると続いて居宅介護支援事業所の管理者が来た。楽しい話をして、最近の若い男女の恋愛感覚を教えて貰った。
 もう、時間が無い。計算を諦めて慌てて部屋に戻った。着替えだ。政党新年会には代表の他私が応援した議員や各市長などの行政トップが来る。NPO常勤理事の運転する車で疾走。何とか間に合った。会場内で地域の介護福祉関係の事業を展開して懇意にしている、若い経営者に会った。今度、社長に就任したと新たな名刺を頂いた。
 維新の会を作った市長や知事が来て挨拶した。代表などの挨拶が終わり、いよいよ懇談会だ。すぐに代表のところに行って挨拶し、写真を撮る。次に党の女性局長に挨拶。その党所属の女性議員が成年後見制度推進の中心となっている。その方に会って指導を受けたいとお願いした。
そして、最後に応援した地元の議員と改めて当選を祝した挨拶を交わし、今後の強い繋がりを確認した。新人ながら投票総数の7割を獲得した期待の星だ。党派を問わず、異口同音にその優秀さを称えている。
 他の議員は知らない事は無いが、ある議員は調子が良かったが秘書が余り動かないので、付き合いを止めてしまった。市長など知り合いがいるが顔を見ただけで話はしなかった。疎遠になっているから。
 それにしても、驚いたのは昨年と同じニューオオタニが会場だったのだが、何千台と駐車できるスペースがあるのにこの日長蛇の列に押されるように地下2階まで押されてやっと空いていた場所に停車して、番号をiPadに記録しようとしてメモをクリックして書き込もうとしたところ、何と「C B2F 396」と昨年の残っていた記録と同じ場所だったのだ。
 興奮したまま出席して、一段落を見計らって食し最後にコーヒーとケーキでもと、長蛇の列に並んでやっと自分の番が来た時に、自分でケーキが最後だった。
 今年の幸運と大吉を感じた。
 終わってから、一旦戻った。なぜなら、大事な財布やカードを忘れたのだ。着なれないスーツを着たものだから、また、靴もいつものウォーキングシューズではなく皮靴だったし。そんないつもの動作と違った形に動いたのでついつい財布を忘れてしまったのだ。
その中に、キャッシュカードが入っており、すべての財産を持って行かなかった。それに気付いたのは、NPO常勤理事に今度デートに着て行く服を準備して揚げようと思ってホテルのファッションを見て気付いたのだ。


一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報