お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(5035)立志伝敢闘編
19/04/10
2012年(平成24年)12月下旬。
 クリスマス会がいよいよ開催されるのが、明日だ。その佳境を迎える昨日、つまり金曜日に私が招待したポリテク埼玉の同級生の身勝手な行為が私を痛く苦しめている。事の発端は、夏7月に私の東京大学での市民後見人養成講座が終わり、その卒業式に社員が多数父兄として参加した。
その日、ポリテク埼玉を卒業してから初めての全員に声掛けした同窓会を持った。社員も参加をして交流を図ったときに、今回開催されるクリスマス会への勧誘がされた。それに応じたのが5,6人居て再度意思確認した。中心となっている俄か幹事がその時の言葉と裏腹に、何も動かず自分も参加せず。
 参加の意思を持っていた若い男性に取りまとめをお願いした。ところが、クラス会時にみんなから集めた連絡先の名簿を、その俄か幹事が渡さないので、旧の連絡先、つまり卒業時13年前の分しか分からない。
結果、3人の参加となった。2人は結婚していたので夫同伴を認めて、加えて1人は子供が生まれたばかりで子連れの参加となった。往復新幹線のチケットを購入してそれぞれに簡易書留で送付した。
ホテルもネットで確保。準備万端で、カラオケに出場する衣装なども買いに行った。すべて準備が終わり連絡も必要無いくらいになって、あとはその日を待つばかりだった。
 それが、この日の朝郵便だと書留が送られて来た。それも、何故か廃止した同じマンションの4階の部屋宛だった。私は2階に居る。差出人は、ポリテク埼玉の同級生でこのクリスマス会にいち早く参加を希望して居て、カラオケの曲も決まっておりディエットということでおそろいの服を新調した。
何しろ、太っているから準備するのにも人一倍時間がかかり悩むところであった。性格はいい加減な印象があるのだが、それでも、開封して知る結末を予想もしなかった。
 開封すると
 『折角ご招待頂いたのに行けなくなりそうです。新幹線のチケットを返却します。都合がついていかれるようでしたら車で行きますので。皆様によろしく。』
 そんな文面だった。
 新幹線のチケットだけではなく、ホテルの予約もキャンセルしないと行けない。購入した衣装や、1人8000円のディナーフルコースはキャンセルできない。そのうえ、お土産や衣装代など多くの経費が無駄になってしまう。
キャンセルのきかないもの沢山ある。勿論、プログラムも、だ。ディエットの相手も同級生だが聞いていないというし、いよいよ怒りが込みあげて来た。私は日頃自慢しているポリテク埼玉の同級生がこんな事を平気でするなんて信じられない。それも、こんなメモひとつでなんだと思っているんだ。
 仕事が終わり、身体障害者の女の子のクリスマス会を二人で祝ってプレゼントを渡して、部屋を出たのが8時。それから、チケットを購入したJTBに向かった。しかし、営業時間は8時まででキャンセルが出来なかった。
あす、朝一番で行かないと行けない。仕事が錯綜して、ケアマネジャーの業務と合わせてみんなの業務も一杯一杯の中で、こんな不要な行動をしないと行けないのかと思うと、どうしようもない怒りがこみ上げて来る。
 そう言えば、一緒に来る予定だった連絡窓口となっている男性が先日、こんなことを言っていた。
 『太っちょが、もしかしたら車で行くので送って頂いたチケットを解約してガソリン代に充ててもいいですか、と言っています。』
 と、言って来た事がある。
 カード購入なので、購入した店舗でしかキャンセルできない。それを、試みて現金化が駄目だったので断念したのか。
 そのまとめ役の男性が、余り交流が無いので一緒に歌う筈だった同級の女性に聞くと、
「マンションの修理で立ち会わないと行けないのでとか言っていた。」
と言うが、それだったら以前から計画があるだろう。
とにかく、現金化したかったのか。とんでもない事態に、幹事も混乱した。私も幹事への責任上、ディエットを居宅介護支援事業所管理者に依頼、エアパフォーマンス「芦田愛菜のズットトモダチ」とかいう応援も女の子を持つ親に、子を出してくれと依頼。急いで踊りを覚えると返事を貰った。
 夜になると、私を慰めようとそのまとめている男性ポリテク同級生が、写真を添付メールで送ってくれた。女装した彼が私の笑いを誘っていた。クリスマス会でも女装して出るという。同級生に感謝だ。今回来るのも、私より20歳以上も年下の同級生だ。当時はまだ20代半ばだった彼らだった。

『難しい』

『うちの会社も代表が自分の生活費のアルバイト・・・に。義理の親の介護に行っていますが・・金貰わない・・バラバラです。 』

『どうしてでしょうか? 』

『何かあったら・・ 』

『大変です・・何事もないといいですね』

 不況でもなんでも厳しさが東北の厳寒に通じる。克服しないと生きていけない。

 設立当初、私も生活費のために色々やりました。介護の関連ですが。

 指摘されるまで、仕事をせずに時間つぶし。退職かと言われると、急にやろうとするが結局能力が無いので何も出来ないが、口先だけ謝り倒すのがせいぜい。

 私の場合遠いですから、急に帰れと言われても・・・。

 やはり、ありました。交通事故とか・・・


一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報