お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(5023)立志伝敢闘編
19/04/04
2012年(平成24年)12月中旬。
そんな話をして、顔色をうかがった。
 諦めて、帰ってくれればいいと思っていたのだ。しかし、帰らない。それから、1時間も話をしてしまった。段々と柔和な生気のある顔になり、良かったのだが勤務時間や休日を気にするようになった。
聞いても余り話したがらず、段々と時間が経過するに連れてやっと分かった。趣味でマラソンをしていて走る時間、競技に出る時間が欲しかったのだ。
 「それだったら、デイサービスなら勤務時間も定時だから超過勤務が無く早朝や夜は希望通り練習できます。日曜日休みのデイもあるのでその方面で探したらいいのじゃないですか。この会社は年中無休の24時間営業ですので、特に社員はわがままがききません。どうしても必要だという理由があれば、その配慮をしますが趣味では難しいです。」
 そう言って、誘導もした。しかし、
 「佐藤さんの話は本当に勉強になります。」
 そういう言葉を幾度となく口に出して、福祉に対する話にのめり込んで行った。縁者に障害者が居てその話を中心とした事だったのだが、丁度後見にかかわりだしたので、
 「今より将来に目を向けないと、大変な問題になる。」
 そう行った観点からの話は初めてだったようで益益やる気が出て来たと言い始めて、段々といい顔になって来たような気がして来たのだ。
 今日は、大東本社の管理者が業務に出ておりどうしても同席が出来ない。その代わりに私が面接をしているのだ。先日、脳梗塞で男性へパーさんが病に倒れた。主力のヘルパーさんでそれも移動支援のプロだった。その穴埋めを多くのヘルパーさんが分担して行っているのだが、女性では難しいものもありどうしても男性の力が必要な事態だったが、私が結論を出すわけに行かないので、採否の言質は与えなかった。
 最後に
 「いいですか、男性ならいずれは独立する気持ちを持って当たらないと最初の数年どころか数カ月、いや数日で諦めて去ることになります。自分の何年後かの目標、出来るかどうかわからないが独立するような気持ちを持っていれば少々のことは我慢できるし、目標に向かって計画立てて仕事にも向かえると思います。」
 そう言って、励ますと
 「私もこのまま終わる積りはありません。いずれは独立したいと思っています。その気になって頑張ります。やる気は大いにあります。体力にも自信はありますのでよろしくお願いします。」
 そう言って、送り出した時には、面接が始まって1時間半が経過していた。
 腹はもう最初とは違って、やはり採用してチャンスを与えてみたいという気になっていた。その気持ちはいつもあり、誰にでもチャンスを与えて駄目だったら自分のミスだと思っている。
 明日の忘年会に右往左往した、新規事業所の責任者と会って居た時に、急に忘年会をするように指示した。初めての年末を迎えて、やっと形が出来上がって来て一番心が一つになっているような感じがする。その時をとらえて何とか決定的な形を作ろうと思った。
それが、昨日だ。その会場探しであちこちに連絡したが、すべて駄目だった。最後にマグロ専門店に連絡すると
 「買い出しに来ているので、折り返し電話します。」
 と、言う返事だった。
 どこも忘年会で一杯になっていて日程が取れないのに、日程だけは14日金曜日に決めてしまった。新規事業所の5人。とんでもない社員は除外した。研修センターの3人、ケアプランセンターの3人で合計11名になった。
大所帯の介護や支援の部署はそれぞれ別々に行うようにした。全員が揃って昨年は実施したが調整が難しいし、クリスマス会に全員参加するのでそれが全員参加の忘年会として実施することでいいだろう。
 結局、そのまぐろ屋からは全く電話が無いと分かったのが夕方の4時。新規事業所の責任者から電話が来たので、それから急きょ場所探しが始まった。1時間後やっと見つかったのだが、この時期に空いているのは少々不安だったが、彼女が一生懸命に探した結果なので受け入れた。
実はフグを念頭に空いているか確認しようかと思っていた。それが出過ぎて彼女のメンツをつぶしてはと我慢して、そこに決めた。全員参加になったので日程を変える訳にも行かなかった。
 夜、大手自動車メーカーのレンタル事業者が来た。1年に一度来るのだが、世間の動きを聞き大きく変わって行く業界の波を感じた。ニトリが福祉用具レンタルに参入して来たという。

『家族に見放された利用者がいますので・・・たぶん・・仕事 』

『今もきちんと真面目であれば大丈夫・・ 』

『苦労は邪魔になりません 』

『国民は置き去り・・ 』

そこまでしますか?

この業務に就いた者の宿命ですね。代わりの人材が育つまで我慢ですね。
 そう信じて勤労に励んでくれれば有難いのですが、われわれも希望を持てるような事業所にしないと行けないと思っています。

 いよいよ明日は投票日。マスコミの予想とどう異なる結果が出るのか。

 苦労の無い世代が多くなって、我慢できないうえに我儘な人間が増えて来ました。なぜ、大手企業を始めとして外国人を沢山雇用するのか若い世代も考えないと。

 流入する新たな労働者が少ないうえに、大資本で大きな箱モノを作って大量に人材をかっさらって行く。待遇も少し嵩上げして。

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報