お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(5004)立志伝敢闘編
19/03/25
2012年(平成24年)11月下旬。
『そういうケースが増えますね 』

『すべての負担を背負う大変です。苦労を知らない人にはわからない 』

『手も口もでます 』

『手も口もでます 』

『守られていれば・・自ら動かない』

『自分達です』

『人って思う通りにいかないですね 』

政党が乱立しているように、考えは異なるのは分かりますが雇用されているということを忘れている。国民の税金で議員が歳費を得ていることを忘れているように。

やはり、小沢の代弁を一生懸命に討論会で言っている。小沢は高みの見物。

少しずつ、彼女らの言動がケアマネ会などで目を引くように成って来ました。

珍しく、入院後看護師さんからも何の連絡もありません。いつもなら、あれが欲しいこれを持って来て欲しいと。

そのようなケースに対応する為に、準備を始めてのが後見人と周辺の事業です。体制を整えるのが大変です。

◎嘉田知事は悪党小沢の操り人形! 2012/12/ 2 8:13 [ No.6582 / 7430 ]
◎ダイブ三宅雪子が野田首相に挑む?新聞第一面。これが真実。
http://twitpic.com/1wfbkh【衆議院本会議】
宮崎県畜産農家の心の叫びを聞いて、今は「国民の生活が第一」に集団逃亡した、
民主党小沢チルドレンの連中は声を上げて笑った。
そして「国民の生活第一」と言いながら、発したその言葉は
「金が欲しいのか」 「お前らだけで何とかしろ!」「勝手に言ってろ」「お前が自殺しろ!」記者は民主党(現:国民の生活第一)小沢チルドレンの野次に耳を疑ったちなみにこの「金が欲しいのか」「勝手に言ってろ」「お前が自殺しろ!」と
野次を飛ばしのは、悪党小沢の若頭だった民主党・宮城3区の橋本清仁議員です。さらに、今は「生活第一」に逃亡した小沢チルドレンの連中は、
「お涙ちょうだいはいらないんだよ!」「そういう悪口しか言えねぇんだろオマエ~」
など、「国民の生活第一」に逃亡した悪党小沢の腰巾着らしい発言の数々!動画はここらしいです。江藤拓議員の赤松元農相(の初動遅れ)に対する質疑ですね。
野次だらけでよく聞こえませんが・・・
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10800678
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10800754また、隠れ小沢派の橋本議員は「三宅雪子 転倒事件」の陰の演出者と言われています。
具体的には、下記画像で三宅雪子議員の直ぐ後ろにいる背の高い人物が、宮城3区の
橋本清仁議員で、同じ小沢派の三宅議員にダイビングする様合図したと言われています。
詳細は下記画像で確認下さい。
http://www.youtube.com/watch?feature=fvwp&NR=1&v=NHpkKaZqkLk
さらに、この時に腕を組んでいた橋本清仁議員自身も、なぜか脱臼しました。日本経新聞社の調査結果・・・・・・・。
 ■小沢陣営(出席者125人中、判明分117人)
 【衆院】村上史好、鈴木克昌、渡辺義彦、小泉俊明、仲野博子、萩原仁、橋本清仁、岡本英子、辻恵、玉城デニー、菊池長右エ門、畑浩治、山岡賢次、黄川田徹、川島智太郎、田中真紀子、福嶋健一郎、石原洋三郎、三輪信昭、石井章、渡辺浩一郎、古賀敬章、空本誠喜、笠原多見子、木村剛司、高野守、田中美絵子、相原史乃、岸本周平、東祥三、吉田公一、川口浩、高橋英行、羽田孜、石森久嗣、熊谷貞俊、山口壮、高松和夫、滝実、階猛、小野塚勝俊、石田三示、三宅雪子、若泉征三、金子健一、水野智彦、松宮勲、野田国義、中後淳、高山智司、佐藤夕子、梶原康弘、中野渡詔子、
海江田万里、松野頼久、黒田雄、宮島大典、平野博文、小林正枝、福田昭夫、松岡広隆、大谷啓、加藤学、中津川博郷、笠浩史、三井弁雄、松木謙公、豊田潤多郎、橘秀徳、奥村展三、大山昌宏、中山義活、伴野豊、柳田和己、松崎哲久、坂口岳洋、矢崎公二、太田和美、石関貴史、市村浩一郎、菅川洋、中塚一宏、岡島一正、樋高剛、小沢一郎、内山晃、神風英男、青木愛、皆吉稲生、小林興起、川内博史

今は、東京都品川区大井町のヴィアン東京大井町に宿泊している。朝食のバイキングを頂いたところだ。
 さて、昨日の土曜日はキラキラ目の珠緒ちゃんが来て元気なお話を頂き、仕事にエンジンを掛けた。昨日、事業所のアンケート調査の人件費や経費部分の記入を頼まれたので、その部分を作成した。それを、取りにきた担当のサービス提供責任者は病気が内包されているのではないかと思われる、すっかり色白となった彼女。
どうしてこんな風になってしまったのか、従前より心配していた。精密検査や人間ドックを勧めるが拒否している。自分でも,どこか悪いのではと感じているようで、同僚に
「私に何かあったら、ここに分かるようにメモがありますから。」
 「そう言われて驚いた。」
と私に教えてくれた。」
その彼女が、書類を確認するのにやにわにメガネを取り出した。
「段々と細かい字が見えなくなって。」
そういえば、これほど綺麗で若々しかった彼女を外で見掛けた時に初老に見えた恐ろしさを思い出した。
 彼女は、毎日夜遅くまで仕事を、特に事務を一手に引き受けて誠実確実に処理して居る。何はともあれメガネをかけ始めたのにはショックを受けた。
次に来たのは、入社して一月半の研修センターにて勤務している、無資格の女性だ。制度を利用して4ヶ月掛けて資格を取得させ、その間事務的な業務を行っている。
実際の性格や能力は未知だが内外とも評判がいい。しばらく、今後の道を話し合った。制度が切れても、当社で継続して働きたい、そんな事を言ってくれたので取り敢えず信用する。

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報