お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(4983)立志伝敢闘編
19/03/15
2012年(平成24年)11月中旬。
『大変ですね・・不在の間になにも問題が起きない事願うばかりです。 』

ipadを持参して、投稿は続けて行きます。宜しくお願いします。

少しずつ私の居る時間を無くすようにしないと、そう思いながら自分の好きなように動いて居ます。

生まれ持っている性格は簡単に治せるものではないと思って居ます。ただ、最近は人事の問題は結論に間を置くようにして居ます。

数字が合わないのに、承認されたので正式に出して下さいと言われました。

それが見抜けない程、巧妙になっています。最近入社した者もその怖れがあると警戒して居ます。そんなことをしなければいけない世の中が、自分が嫌になります。

それが見抜けない程、巧妙になっています。最近入社した者もその怖れがあると警戒して居ます。そんなことをしなければいけない世の中が、自分が嫌になります。

頑張って食べたいのですが、昨日から上京して戻れるのは早くても土曜日の夜。一応、冷蔵庫の野菜室に並べて仕舞いました。野菜ジュースではなく、これからはフルーツジュース。

今は、東京都文京区の区役所前の東横インに宿泊して居る。
出発する迄に出来るだけ懸案は処理して行こうと、意識しながら一つ一つ確認して行った。やはり、最初は登録ヘルパーへの振込。隣のイオンモールの中にあるATMに行った。余り並んでいないので安心して振込を始めた。
しかし、いつもそうなのだが3台あるのだが、他のATMに並んで居る人が手こずって中々終わらない。そういると、3人が独占しているので後ろに長蛇の列が出来る。
仕方がなく、途中で止めて薬局に行く。
先日の診察時にもらう筈の薬を受け取って居なかった。受けとって、また、ATMに戻る。約1時間繰り返し終わり、事務所に戻って待っていた研修センターの社員の持って来た修了証書、養成講座実績報告書などへの代表者印を押印した。
 届いた制服を渡して、届いた林檎の分配をして。届いた壱岐島からのブリを受けとり、やっと落ち着いた時には既に11時過ぎ。2時に出発するためには、1時頃までに懸案を処理して置きたい。

『あまり、根をつめないように・・・・ 』

『息抜きとか・・居なくても動いてくれる形が1番』

『様子見・・・大切かも・・意外な才能を見出すことも・・・ 』

『エッ・・・そんなことありですか?  』

『手を抜く・・ごまかす・・が 当たり前、いつから・・こんなになったんでしょうか? 』

次は、24日から始まる成年後見人養成講座の枠が2人程枠が空いたので埋めて置きたい。顔の広い知人に電話を掛けて勧誘をお願いした。彼に依頼すると確実に達成出来る。最後の手段として保留していたのだ。
もう、今週は不在なので結論付けて起きたいと思って行動に移したのだ。しかし、その直後研修センターから申し込み名簿がFAXされて来て困った。29名の名が記載されていた。
 彼に2名の確保をお願いしたばかりだ。申し込み名簿の最後の申し込み者の申込日は9日となっていた。あれ程
「調整をしなくてもいいようにダイレクトに連絡するように。」
そう言ったのに、研修センターの責任者は本当にいい加減だ。
一人調整をしないと行けない。挙句に、声を掛けていた若手のNPO法人会員が夜に、
『勉強したいのですが、シフトの関係で出られなくなりました。』
そう言って来たので、既に定員30名を超えたとメールで返事した。
加えて、日本が置かれている厳しい現状の話をして、この業界だけが影響がないと思わず一瞬一瞬が大事で、
 『あとで振り返って、あの時と後悔しないように。』
そう言って、シフトの関係で受講出来ない事由を謝罪した。
新規事業所の処遇改善加算の申請を10月に行ったが、その結果が介護は受けつけしたと控え書類が送られて来たが、自立支援が未だだった。もう、一月すぎているので連絡した。
役所はいい。放って置いても権限があるので、文句を言うのを我慢して確認した。正式に処置されているという。何かあってもいいじゃないか。受理されているというので安心した。
 21日と22日に行政の現地指導や調査がある。異なる行政の現地調査が連続だ。その為に、上京しても一日早く戻ろうと思って居る。土曜日の野村不動産の成年後見人セミナーを受講したあとに戻ろうと思っている。
1時過ぎに部屋に戻って、準備をして出発した。

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報