お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(4982)立志伝敢闘編
19/03/15
2012年(平成24年)11月中旬。
『みんないろんなこと積んでますね。』

『保育士は試験も緩和されたらしいんですが・・・介護は厳しくなりそうですね 』 

『自分もそうですね。社長にいつも・・・早っ!!・・と言われます。深く考えると決断が見えない。 』

『役人もしらないことが多いから、調べてから物言うことにしてます。』

『楽しいと感じない・・嫌と思うとうまくいきません。 』

『排水溝は使わないと匂うことも・・・リンゴの季節ですね・・・。いろんな人がいますから・・ブログも様々、地元のラジオのアナウンサーさんも・・長いお付き合いですが・・偉くなったら、無視されてます。みんな怒ってます・・・支えてきたのに。人柄がわかります・・』

 やはり主婦に聞いてみないと分からない事が多いですね。ありがとうございます。今日の朝は、何となく臭いが和らいだ気がします。昨日、手指消毒の液を流しこんで暫く水を流しっぱなしにしました。あらゆる液を揃えて毎日注ぎ込みましたが、効果は薄かったのですが。
 余りに林檎が沢山来たので、新世界は各人3個ずつ100個配り訳ありのふじ40個はりんごジュースにするために冷蔵庫に。王林の10個は同じ扱いに。

 それでも、最近は笑顔1週間出勤して来て、突然、クレーマーになって辞めた者も出現しています。保育所に提出する就労証明書を受け取った瞬間態度が変わりました。

 大事な物を出せと言って置いて、郵送で出したのに返事が来ない。出鱈目な内容に、このように直せと言って来る。

 それでも、今はスピードの時代です。何のアイデアも無いのに勿体ぶっているのが性に合わないのです。ただ、そのお陰で熟慮している人にもイライラしたりする事を反省しています。

『匂い消えてよかったですね・・・りんごは体にいいのでたくさんたべると・・風邪ひきませんから。 』

 今まで右肩上がりで、他の業種から参入して来た事業者も有りましたが、これからは叩きあいが始まるのでしょう。もう、財政はスッカラカンデスカラ。

人間性もありますね。その人が持ってる本質です。

『きちんとしても・・困る時がありますね・・解らない。 』

『自分もそうです、社長にも抑えてといわれます。 』

 今日の午後から日曜日の夕方まで不在になる。21日と22日に役所の調査が入る事になった。22日は以前から予定があったのだが、21日は連絡が来たばかりだ。現地確認だ。その準備は概ね出来ているが。
 今日の夕方新幹線で上京して、文京区の東横インに宿泊。明日はその近くの文京シビックセンターでケアマネジャーのために相続・遺言終活や高齢者の入院・施設入居身元保証・事務委任契約・任意後見・死後事務委任契約などを学んで来る。まさに、いま直面している内容だ。4時間のセミナーの後個別相談が有り、したがって、その日もそこに宿泊するのだ。
 翌日、以前住んでいた新松戸に行ってみようと思う。今年、10代最後から20代の前半まで住んで結婚もして思い出深い品川区二葉のアパートを訪ね、その次に20代最後の日々を過ごし長男が生まれた北区赤羽にも行った。今度は、その次28歳で購入したマンションがある千葉県松戸市新松戸に行ってこようと思う。
新たに出来た町ももう33年も過ぎて老齢化してしまった。交通の便やライフラインの良さから中古マンションの価格も余り下がっていない。
 残念ながら、近年隣の新三郷が開発をしており素晴らしい町に変貌している。そうすると、そろそろ新松戸も変わる可能性がある。今のうちに行って置きたいのだ。映像に収めて置きたい。
 その15日は自宅の埼玉に泊まり翌16日は川越で介護を学んだポリテク埼玉の同級生と会う事になっている。ここまで来てくれる同級生とクリスマス会の出し物を打ち合わせしようと思う。翌17日は野村不動産で成年後見制度のセミナーを受ける。
不動産の方面から見た成年後見制度を学ぶものいいと思う。それが終わったらまた自宅に戻ってと思ったが、やはり会社が心配なので、そのまま戻ってこようと思う。土曜日の夕方だ。
 遣る事が沢山あるのだが、思うように意思が伝わらないものもある。特に、現地調査への準備や立ち合いなどの人選。やはり、多くの者が仕事を作ってしまって立ち合いは無理だと言う。そうなると、私がその立場に立たないと行けなくなる。私がその立場に立って、指導を受けたのではみっともない。忙しい社員に代わって自分がする他ない。
 私ももう数ヶ月前に年金基金から通知が来て、請求されていないのでするようにとの事だった。その書類を持って来たがまだ見ていない。早く請求したいが、その気持ちがなかなか生まれない。気合いを入れないと中々仕事でもつかない性格だ。困ったものだ。
 私が長期不在と知って、何人かが代表者印を取りに来て対応した。新規事業所の責任者が来て実績報告をしたが、やっと目標の100万円を20万円上回った結果を持って来た。先月から比べると50万円も伸びている。70万円だった売り上げが120万円を超えたのだ。ホッとして昼から出掛けた。ヘルパーさんへの入金を3割程度行った。なにしろ、ATMの入金が1通帳100万円までなので2通で200万円。法人の通帳からだと手数料が掛るので、個人名の通帳からの振り込み出。個人名でもブランド名である。毎日200万円振り込んで4日掛る。そのうえ、21日からは社員のそれよりも多い金額の振り込みが始まる。すべて終わるに8日掛るので銀行の稼働日数で行けば月の半分は入金しているのだ。
 それが終わって、久しぶりに吉野家に行った。豚丼が食べたかったのと割引券を持っていたのだ。会計時に
 「イオンとコラボしている割引券です。」
 そう言って渡された券を見ると確かにイオンでのお買い物割引200円券がついていて、加えて吉野家の割引券が沢山あった。
 やはりこういうようにコラボレーションの生き残りを探さないと行けない。加えて、夜遅く23時からのテレビで京都でのクロネコヤマト便と佐川急便の闘いを見た。クロネコヤマトは営業所に多くのスペースを使って観光案内所を設置して道を案内したり、独自の観光マップを作って配っていた。京都に地方からの配送は多いが京都から地方への配送が少ないので、観光案内をする事によってそこに宅急便の営業所が有ることを知って貰い、帰りにお土産などを送って貰おうという発想だ。。
 方や佐川急便は飛脚姿をした配送人が京都の町に溶け込んで店でも受け入れやすいという直接的な発想だ。私は当然クロネコヤマトだ。直接的な利益を最初から求めるのは性格上合わない
 申請に不足しているという登記簿謄本を法務局から受けて、百貨店に。長い間使用していたバックがダメになったのだ。ぼろぼろになって何代目かのバックを購入する事にした。あれこれ迷ったが、いい物を長く使用する事を知ったので、少し高かったがそれにした。4万円強だった。事務所に一旦戻った。直ぐに出て、新たに出来た富山からの回転すしや入った。腹一杯食べても二人で3000程度だった。

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報