お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(4963)立志伝敢闘編
19/03/06
2012年(平成24年)10月末日。
『苦戦覚悟 』

『世の中甘くはないですよね 』

『仕方ないから・・介護か・・は、止めて・・命を預かるんです 』

『そうですね・・背中の見せかたかてもいいんでは・・・・ 』

『なんでもあり・・・人としてのルールがあります。よね・・・ 』

『仕事する態度などみて・・それからです 』

 余りの条件と要求に唖然。全く経験のない、50代半ばの男性の要求する事ではないと。

 今日もまた新たな唖然とすることが。連日、こんなことが続くと麻痺して来ます。

 会社でも出来るだけ社員の子供に接しています。先日は、教員の経験のある男性社員が他のメンバーの子供が分からないという数学を4時間教えて、中間テストが98点だったと。

 最初の印象は良く、数日過ぎるとメッキが剥げて来て、ひと月もたたずにいなくなるケースが続いています。

 自分の能力の無さを自覚しないと駄目だと感じます。

『仕事認められていくら・・ではないですか・・人柄も、力も?? 』

『どこが本当かわからなくなりますね 』

『大切なことかも・・どんな子育てしてるかでその人の気持ちをしることもありますから 』

『その人に合わないからかも・・・嫌だという気持ちが本心としてでる。。 』

『無ければ、努力して少しでも身につくようにする 』

 今日の朝刊に掲載されていた女性週刊誌のキャッチコピーにそんな文言が有り、昨日自分の思いを端的に表現されていたので使わせて貰う。
 昨日、働きながら学ぶ介護プログラムの採用者と初めて話合った。第一印象が良く笑顔ではきはきしていて、動きもテキパキだと周りの者も言っていたのを受けて面接をした。
2級ヘルパーの受講料とかユニフォームとか交通費とか全部負担する制度だ。その間の給与が157000円支給される。受講日は出勤と同じ扱い。厚生年金、健康保険、雇用保険、労働者災害保険などはすべて公費で加入。それも、雇用保険に加入していない者が対象の制度だ。
つまり、税金も保険も払っておらず働いていない者が対象だからおかしいと思うのが常識で、そのような生活をして来た者を対象とするので大変だ。
 「国の制度を利用して、4カ月で介護資格を取得して最終的に介護業界で働いて貰う制度なのでその事を念頭にお願いします。」
 そのような説明にもはっきりとハイという返事があった。
 なおも説明をして、
 「社会保険に加入しないと行けないので、現在旦那さんの、扶養になっていますか。」
 「はい、入らないと行けないのですか。入りたくなのですが。」
 「それは駄目だ。制度上、すべて加入しないと困る。それでは、もし資格が取れたら社員としてしっかり働く事は思っていないのですか。扶養のままの状態で居たいとそう思っているのですか。」
 「はい、そうしたいと思っています。扶養の範囲内で働く積りです。」
 そう言っていたのだが、今日突然電話が有り
 「お聞きしたい事があるのですが、お伺いしていいですか?」
 と、聞いて来た。
 当然、受け入れて事務所に来て貰った。相変わらず、笑顔が素敵でヘルパーさんにピッタリ。まだ、30代半ばだし将来が楽しみと思っていた。質問とは、
 「一番お金になる介護の仕事は何ですか。」
 昨日、扶養の範囲でと言っていたのに、一体どういう訳なのか。 
 疑問に思ったが、口に出さなかった。
 それからは、将来の進むべき道を聞かれたので、それなりの話をした。
 「デイサービスが、一番収入が良いんですか?」
 の問いには
「滅相もない。パートがせいぜいだ。」
と。
施設は、残業など多くは見込めない。
 「やはり、訪問介護が一番収入を得られると思う。それも、登録で、だったら。」
 そのシステムの話をした。
 そして、将来の方向として話をすると
 「そうすると、看護師を目指した方がいいのでしょうか。」
 などと、質問を受けたが、介護福祉士の将来には看護師の資格を簡単に取れるようになると付け加えた。
 そこまでの時間は、何かあるなと思っていたが黙っていた。金銭が不要と言っていた昨日と、必要だと言う今日。そして、その後、社会保険加入手続きをお願いした社会保険労務士から電話があった。
 「この方の、姓は間違いないですか。年金手帳の名前は平成20年7月に結婚前の姓に変更になっているのですが、履歴書には結婚している時の名前になっています。つまり、離婚しているのですが年金手帳は名前を変更手続きしていて、履歴書の名前は結婚当時の名前です。」
 一体どういう事か。既に、4年前に離婚しているのに扶養家族の範囲内でとはどういう事なのか。訳が分からず。離婚しても、結婚当初の名前を名乗っている人はいるが、社会保険などの手続き上、訳が分からなくなる。
 そして、今月、同じ制度を使用して4カ月終了した者を呼んだ。まず、提出された勤務実績がおかしい。管理者などが欠勤していると言っている10月3日に彼女は勤務実績として8時半から17時半まで記録がある。


一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報