お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(4888)立志伝敢闘編
19/01/23
2012年(平成24年)9月初旬。
 市民後見センターきょうととの打ち合わせ中に、世界一の製造業メーカーファクタリング担当者から電話が有った。出られなかったので、移動しながら掛けた。
 「後見関係でNPO法人を作って一緒に遣りたいという方が居ますので、時間が空いている時にお伺いしたい。今日はどうですか。」
 いつも、彼は電話のある日に時間を空けてくれという。
 「いま、京都に来ています。いくら早くても4時くらいしか戻れない。」
 「明日はどうですか。」
 「午後だったら時間が取れます。午前中は予定が入っている。」
 「午後に京都に行かないと行けない。午後は一番でも大丈夫ですか。」
 「11時以降だったら大丈夫です。」
 そういう事になって、明日の11時に私のいる守口にあるイオンモールで会う事になった。
 先日も、他の事業を展開している社長と話をした時に後見を遣ってみたいと言われて、少しずつ具体化している。私が親となって後見をする方を講習で育てて会員組織を作って行こうと思っているのだ。
 夜には、先日市役所で会った議員から電話が突然掛って来て、12日2時から商店街の方との後見を組み入れた私の活性化プランを話してくれというのだ。色々この後見を始めたら生まれてくる事が多くなって来た。
と言っても、私はまだ準備段階でこれから本格的な動きに入るのだが、大きくなって来たのでセーブしないと受け皿が出来ていなくてどうしようもなくなり、信用も失うと心配している。
 その後見をしようとしている認知症の妻を持つ夫から再三電話が有り、自費で散歩をしたいので来てくれというので行った。以前から、サービス担当者会議などでその申し出が有り、その準備をしていたのだが何しろこの夫はとんでもない人間で、嘘を平気でつくし都合の悪い事は忘れたと言い張る。
下手に言葉を信用したら自分の信用を失う。これまでも、入居や有料老人ホーム、ショートステイやデイサービスなど希望通りの動きをして決めても、突然
 「そんな事を言った覚えは無い。」
 などと言い、一体どんなアセスメントをしているんだと批判を受ける。
 また、何もしてくれないなどと市や民生委員、地域包括などに連絡したり、どうしようもない大人だ。
 分かっている筈なのに、その再三の要望に応えてしまった。実は、寝たきり状態から段々と歩けるようになって来たのだ。それは、私がお願いした訪問看護の方が厳しい指導をして、歩ける筈なのに寝たきりを装っていたのを実際の状態に戻したのだ。
脳内出血をして入院していた病院でも、転院したリハビリ病院でも、
「麻痺はありません。」
と、理学療法士が言っていたが、一向にリハビリに応じようとはしないで寝たきりが楽だと言ってベットから起きる事は無かった。
 しかし、訪問看護の厳しい看護師が強制的に、自己導尿を厳しく指導して自分の事は自分でさせると、排せつした「しびん」をトイレに捨てに行かせたりして動き出せた。
 それから数か月。自分でトイレや台所に行くようになり、段々と買い物などに出るようになった。ヘルパーさんが行くと不在、探すとスーパーに居たりしたのだ。カラオケに行きたい、自転車に乗りたいなどと言うようになり、意欲が出て来た。
ある時のサービス提供責任者会議で
 「自費で少しでもいいので外に連れて行って貰って、公園で歩かせて貰いたい。」
 そう言い始めて、NPO法人に依頼する事にしていた。
 その後、再三再四要望が有るので実際の計画を作った。そして、昨日30分600円で週2回実施する事になった。初日、認知症の妻をその間見て貰うNPO法人事業所責任者、ケアするのにサブのヘルパーも入れて2名。すべて社員だ。加えて私が指導を兼ねて同行した。機嫌良く
 「1回いくらだ。」
 「30分600円です。」
 「1日2回で、毎日来てくれるか。」
 「多過ぎるから、様子を見ながら決めて行きましょう。」
 歩きながら何度もそのような話をした。
 家の近所を回りながら、何度も休憩を取りながら。
 直ぐに、どのようなシフトで動けるのかNPO法人に確認した。
 夕方、認知症の妻を持つ夫へのケアに入った訪問介護サービス提供責任者から電話が有った。
 「本人が散歩なんて自分でも出来る。取られる金を支払わないと行けないなら同行なんて要らない、と言っていました」
 との連絡が有った。
 勿論、私の怒りは尋常ではない。
 京都へわざわざ行ったので、一か所でも行こうと「松尾大社」に行った。着いた途端、三陸方面に依頼していたサンマを届けに来たとクロネコヤマトから電話が有った。取って返しても5時になる。他の者に受け取りを頼んで100匹を分けて貰った。



一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報