お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(4872)立志伝敢闘編
19/01/15
2012年(平成24年)8月下旬。
『おはようございます。今は、指示されないと動けない自分に気が付かない。自分で探さない・・・・・・・・なにをしようかと考えない・・楽したい 』

こんな人間ばかり揃って、一体日本の将来はあるのでしょうか。その根幹に携わる教育関係者や行政関係者のお粗末な事。

 新規依頼は続いている、新たなNPO法人の事業所。しかし、中枢となる事務局の人材が全く定まらない。呆れ果てている。数えてみると、この1月から社員として採用した何人もの者が離脱している。そのほとんどは、私の思う最低限の仕事をせずにズルばかり考えている、働かない者たちなのだ。
考えられない。働いて給与を貰うという精神はもうこの世の中に将来は無いような思いを抱かせる者たちに、諦めとそれでも法令に従って運営する指定事業所としての思いと闘っているのだ。
 男性に限って言えば、最初の管理者が大手電機メーカー出身という事で信用していたが、全くのウソつきで能が無いのを人のせいにしようと画策をしてばれて私に追い詰められて退職。
近隣の事業所から移籍して来た20代の若造は身体的な問題を抱えて療養していたのを隠して当社に来て、一日目でリタイヤの後療養、労働者災害保険を適用して3カ月間ズルをしてサボってこれまた私に追い詰められて退職。
その間、営業に行くと偽って街中をぶらぶらして時間を潰し勤務時間を記録していた。大半の時間を削って6割だけ給与を支払う。
 次は、働きながら学ぶという制度利用で入社して来たが話だけで仕事をしない。その表面だけで騙されている管理者の眼力を疑って私が業務日報を出すように、
 「一体何を一日中していたのかを見る。当社に合わなければ退職して貰う。」 
 そう言った途端、翌日に自分に合わないと退職の申し出。
20代、30代の男性なのに一体これからどうやって生きて行くのか。
 こんな状態になって初めて管理者が言う。
 「役所に書類を持って行って貰ったのですが、9時半の予約で戻って来たのが3時。役所の指摘などで5時間掛ったという。そんなバカなことは無いと社内で話をしていた。」
という。それ彼、出るは出るは。あれもおかしいこれもおかしい。電話を掛けて営業に行くと相手先と話をしているのに、外出した事がない。そんなおかしなことも気付かないくらい人材確保で悩んでいる。
 そんな中、その辞めたいという男性の後釜として適任ではないかと管理者がある男性が応募して来たというのだ。
 「多分うちの募集冊子を見て来たんだと思いますが、基礎研修了で5カ月の経験。同行援護と全身性ガイドヘルパーを持っています。有償車両運送の運転資格も持っています。電話で話した感じはいい感じで38歳の男性です。元職はエアコンのメーカーで取り付けなどの工事を担当して無遅刻無欠勤だと言っています。この仕事は大好きなのですが、登録している事業所の担当している方が亡くなったりして生活して行けなくなった。給与は生活していけるくらいで良いので何とか働かせて欲しいと言っています。退職したいと言っている管理者兼サービス提供責任者の後釜として考えられないでしょうか。」
 「いいか、これまでもいい人だと言って採用して来た男性は3人だが、直ぐに働かないずるい人間だと分かった。その者も同じだ。最初に印象は同じだ、そして、これまでも給与は幾らでもいいから働かせて欲しい一生懸命にやると言って入って来た者が沢山いたが、それはみんな嘘で自分が言った給与すら働かず、これでは生活して行けない足りないと言って豹変した。いいか、採用するのは構わない。ただ、信用するのはまだ早い。きっちり当社の話をしてこれまでも同じような若い男性が来てこうなって辞めて貰ったと言って下さい。」
 確かに、丁度入れ替わりを考えていたので資格者としては最適だ。しかし、人材になりえるかどうかを見極めるのに時間が必要だ。
 そのほか、もう一人性格も能力もあるという見立ての未経験の2級ヘルパーの女性を常勤にしてくれとの要望が実質的な責任者から有り、了解した。ただ、頭の中は厳しい人件費などの計算で困惑していた。
新たなNPO法人の事業所の現在の収益から考えると、完全にマイナスなのだ。現員でカツカツ。サービス提供責任者2名とヘルパーさんの給与。居宅介護支援事業所の運営は完全にマイナスなのだ。人件費持ち出し。
 そのうえ、事務局に一人27日から入る。続いて、その話の有った30代男性。加えてその話の有った2級ヘルパー女性。
 被災地福島の桃だとネット販売で安く購入した。被災地支援とのうたい文句に賛同したのだ。ところが、3箱40個依頼したのだが着いた桃は味も素っ気も無く、ただおなかが一杯になるという事だけだった。トウモロコシを蒸していて眠ってしまった。蒸し器の水が無くなり大変な事になった。4キロの鰹を2匹購入したが処理に困る。


一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報