お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(4863)立志伝敢闘編
19/01/11
2012年(平成24年)8月中旬。
『暑いです。福島は雨が少なく・・・干上がりそう・・・。大変でしたね。でも、だれかに使われたわけでのなさそうですし、被害なくて・・今朝の新聞に被災地の介護認定が増え、施設満杯・・・ヘルパー不足・・国の施作ミスもっと待遇よければ・・問題なしですが、政治遊びの真っ最中無理!』

『偽善者
詐欺師
年金泥棒真の介護職は こんな場所でくだらぬ油などうる暇も気もない
こいつは ままごとだ 』

 今日、自宅のある埼玉に戻ります。新幹線で2時間半で東京駅に、乗り換えて埼玉の自宅には6時過ぎに着く予定です。足を延ばして、月曜日にでも母親の居る仙台に帰省しようかとも思ってみましたが、20日月曜日はやはり仕事に戻って来ます。

『おはようございます。生きているとき・・元気な時・・一緒にいる時間たいせつに・・ 』

 どんな機会でも、得られれば人と会う。今日は朝一番で保険会社の人と会った。ネットショッピングを盛んにしているが、その中で会員向けの割引コーナーが有り色んな質問に回答するなり、営業を受けるとかメールを受けるとか了承するとワンクリックに付き100円から最大300円程度割引される。
だから、たとえば、先日は福島の桃が風評被害で余り売れ行きが良くないと、高級品が安くなっていた。2箱40個入りで2800円。結構、桃は買う事が多いが買って良かったと思うようなものに当たった事がないので、止めていた。
 しかし、福島を応援して上げたいと思って購入する事にした。それでも、捨て値のような値段で本当に福島の方のためになるのかというジレンマがあったが、思い切って注文した。その際、そのような割引制度が有り時間を使って簡単なクリックをした。そうすると、2800円が半額以下になった。
その桃を今食べているが、小ぶりだが美味しい。甘いし外れがない。そのような美味しい桃をどうしてこんなに安く販売しているのかと、また注文した。今度は、さんまも頼んだ。100匹大型のサンマを注文したが、これも早割引クーポンを使用して半額になりそのうえ、自分の持っているクーポンを使用して無料になってしまった。
 そのような割引制度活用の中に保険の営業を受けるというものが有り、保険は完備しているのだが、相談をする内容を書くのに窮して個人年金とした。個人年金など本当は必要がないし、年も年だしそう考えるとわざわざ来るのに可哀そうだと思ってNPO常勤理事を同席させた。
 隣のSCの喫茶店で会った。内容的には左程興味がなかったが、私の提案を検討してくれるようにお願いした。
 「介護を受けている方で在宅でという希望が多く、段階的に重度化すると介護度が上がる。しかし、要介護5が最上だ。その方がどうしてもその点数で収まらないケアが必要となる事が有る。そうなっても、点数オーバーすると自費となり支払えない利用者は放置される。その方をどうにか少しでも対応したいと思って、NPO法人で無料でも対応する場合がある。その限度はあるので、提案として検討して欲しいと上に行言って欲しい。当NPO法人が無記名で5人とか10人とか、おたくの保険会社の介護保険に加入する。要介護5になって、自費が発生した場合その保険が使えるようにして欲しい。」
 そう言って、何度か分りやすく言葉を言い替えて説明した。
 「これまで、市民後見制度の学習で東京大学などの講座を受けた際、後援としてソニー生命保険会社が入っていたので、検討するように要請をした。しかし、返事がいまだにない。」
 「うちは、損害保険が母体なのでもっと真剣に検討が出来ると思います。結果は分かりませんが、誠実を持って上司に報告し検討して貰えるようにします。」
 そんな返事をくれた。
 そのほか、それに連動して成年後見制度と保険会社の考え方がずれていて、財産のある富裕層しか相手にしないのは間違いだと話をした。
 「ライフネット生命の遣り方と、自分たちの事務所を綺麗なビルに構えて無駄な株を買ったりしている経費がすべて保険料に入っているので、その一部だけでも生活困窮者に使う気持ちを持っていないと、これからしっぺ返しが有ると思う。」
 などと、調子に乗って話をした。
 本題の個人年金の結果は、私は対象外という結果だった。そのほか、当社のクリスマス会の内容に、以前アミューズパークに勤務していたというのを活かして助言してくれたり、私にとっては有効だったような感じだ。私がお客さまだったのだが、喫茶代を支払う段階で彼が動かないので私が伝票を持った。
レジに行った時に、小銭入れから自分の分の支払いをしようとしたので、余りに可哀そうなので私が断って支払った。
 前歴を聞いても、正常な形での入社ではなく営業専門でインセンティブの支払いをされているようなのだ。経費は個人持ちか。
 午後、新たにPCを2台導入した。1台は隣の事務所に構える後見の財産管理の部屋に設置した。専従職員は27日から入って来る。

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報