お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(4861)立志伝敢闘編
19/01/10
2012年(平成24年)8月中旬。
『雨が降るたびに、災害が起きる。地球温暖化というもんだと・・改めて実感・・降らないの・・ゲリラ豪雨も・・私達人間が快楽を追及した  つけ  で今しっぺ返しできている。それに、対応しきれない弱者が増え・・・高齢化が益々浮彫にされてくる。それに、対応できない行政・・・私達にも限界というものがあります。政治遊びに税金を使わず災害に対応して・・いかに弱者を守るか・・課題です。』

『偽善者
詐欺師
鬼畜それが
日本の介護
家畜以下の扱いなので 本当は資格など必要ない
必要なのは 銀行口座
◆デイサービスセンターふじ 』

 災害の後始末、出来るだけ利用者の求める内容でボランティアで行いました。丁度研修中の者が居ましたので、手伝いをさせて。改めて災害時の対応の重要性を強く感じました。

 昨日の災害の余韻が残っていた。新聞報道で川のような道路を走る車が写っていた。それは、まさにこの地域の写真。そのあたりに住んでいた方が
 「外に出たら膝上の水が溢れ外に出られなかった。」
 「それは自分の足が短いからそう感じただけで・・・」
 などと言っていたが、私の失言だった。
 私が事務所に行こうとして、マンションの階段が水没していて歩く事が出来なかった。そんな大きな水害が発生しているとは思わなかった。もっと、早い時間には溢れる水で川になっていたようだ。その後、ニュースで知ったのが、地下道を川のようになっている道を自転車で渡ろうとしているおばさんが映っていて、初めてその大変な事が早朝に起こっていたのが分かった。
 また、方々に出掛けた際、地下商店街のマックの店から空揚げが散乱しているのが見えて、それほど高い位置まで水位が有ったのだと信じられない思いだった。災害の恐ろしさが身近まで迫っているのだ。史上最高の1時間当たりの降水量に、これから時代はそんな時代になるのだと思わないと行けないと社員にも話をした。
 午前中は大変な事が起こった。早くヘルパーさんの報酬を入金しようといつもの、隣のイオンショッピングモールの中にあるATMに行った。大本の通帳に今日は多額の入金が有る筈だ。1200万円くらいはある筈で、それを枝通帳に振替えてそれぞれのヘルパーさんに入金する。
法人の通帳では振込手数料が掛るので、ブランド名に個人名を冠した振り込み用の通帳が有る。その通帳に振替えしようと思ったが、大本の通帳がない。NPO法人の通帳を加えて合計4通あるのだ。
その一番大事な大本の通帳がないのだ。それが無いヘルパーさんに振り込む事が出来ない。
 探す範囲は限られている。その通帳4通が入った袋だけだ。そこで無いとなれば無いので、いつ無くなったのかを考えた。一瞬だが、昨日、水害の被害が発生している最中にも早く振り込んであげようとこの場に居たのだ。その間、何度も電話が鳴り気になっていていつもと手順が違っていて仕舞う行為を省略する手順を考えながら、もしかしたら仕舞うのを忘れるかも知れないと思っていたのを記憶の片隅から思い出した。
慌てて、仕舞う確認をせずに電話に気を取られて慌ててその場を離れたのかも知れない。
 悪い事に、いつもは沢山の列が出来ていて忘れたら次の方が注意してくれるのだが、その時には水害が有り誰もいなかった。そこに忘れたのは間違いないと、再発行の手続きをそこにあった連絡電話で問い合わせた。沢山の人が並んでいるのを気にしながら長時間掛って確認した。
 必要な書類を取りに直ぐに法務局に向かった。法人登記簿謄本、自分の身分を証明するための印鑑証明書。運転免許証やパスポートを持っていないのはこんな時に苦労する。そのほか、銀行への届け出印や健康保険証など揃えないと行けない。
法務局に向かう途中にガソリンが無くなり新しくできたスタンドに入った。オイル交換やタイヤ交換をしないと行けない状態になっていたので、オープニングセールで安かったので30分ほどかけて交換した。
急いでいるのに、落ち着いた行動だった。法務局はお盆なのですいていたので直ぐに手続きが済んだ。道路もすいていたので、思ったより早く取引銀行に行けた。
 銀行もすいていたので手続きが早く済んだ。そのうえ、対応した行員も最近には珍しく若い綺麗な行員で、気持ちよく終わるかと思った。
 「それでは、通帳とキャッシュカードは10日程度掛かって書留でお届けの住所に送られます。」
 「通帳は今日貰えるんじゃないんですか。」
 「今日はお渡しできません。」
 「それでは、お金の振り替えを他の通帳にしてくれませんか。」
 「それは出来ません。お届けしてからじゃないと出来ません。」
 「そんな、ヘルパーさんの給与を支払わないと行けない。それが出来ないととんでもない事になる。」
 「ちょっと待って下さい。それでは、上司に相談してみます。」
 そう言って、相談の結果、色々と確認されて返事をしてやっと認められた。いくら振り替えますかと聞かれて、ヘルパーさんの給与分をお願いしたが、後から考えてみれば今週はそれで済むが来週は社員の給与支払いが待っている。困ってしまったが、それは後の祭りとなってしまった。
 来週は現金で900万円は必要だ。ヘルパーさんの給与と合わせて毎月1500万円の人件費が掛る。私の個人資産は郵便局と証券会社に有るのだが、郵便局からの振替えは1日50万円ずつが限度だ。来週のいつ書留が届くのか、競争になるが今日から早速50万円ずつ振り替えを始めた。
 既に妻から、NPO法人の新規事業所の請求ミスで半年入金が無く、500万円ほど融通を得ているので、上乗せしてお願いできない。

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報