お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(4849)立志伝敢闘編
19/01/04
2012年(平成24年)8月初旬。
『おはようございます。わたしは、この仕事好きです・・だから、思いをこめて。おしゃべりだから、いままでは注意うけましたが・・・利用者さん・・ましてや独居のかたは聞いてほしいお話がしたい・・ヘルパーの話くらいつまらないのはない・・・という管理者もいますが、利用者さんが笑顔になれば、つまらない話でもいいと。事務的に黙って時間こなしてクレームのない機械的に動くヘルパーがいいヘルパーみたいです。そんなの嫌ですね。人間らしく笑ったり、楽しく。愛嬌のあるおばちゃんでいこうと。社長をいつも電話番にしてヘルパーさん、利用者さんと・・ロープのような絆で動くつもりです。利用者さんがいて・・ヘルパーさんがいて・・事業所が成り立ちます。みんな宝物! 』

それからは、その場を離れたのでどうなったのかを後から聞いた。
 「余り話をしないという事だったのですが、沢山話をしてくれて逆に怖かった。あれこれと、根掘り葉掘り聞くので。それに、自分もヘルパー資格とガイドの資格を持っていて働いていた経験があるので、専門的な事も聞かれました。それでも、新人のTさんと打ち解けてカラオケや無料のクレーンゲームなど楽しんでいました。普通の話を普通に出来たのでよかったです。うまく行きそうです。」
 その彼女の一人のお陰で、沢山のシフトが埋まって来るし新たなケアを入れる事が出来る。
 新たな事業所の管理者と話をした。懸案の相談事が沢山あった。夜間の障害者の入浴や就寝までのケアがあった。しかし、新人の男性が1日でリタイア。今度は中年の男性を入れたがリタイア。もう誰も居なくなった。
その相談を自立支援センターにしていた。今月から無くなった。その利用者から昨夜9時頃に電話があったという。しかし、どうしたらいいのかの問い合わせのメールや電話に気付かずに眠っていた私。
慌ててメールを送った時間が深夜。以前彼女がそのような電話に出て、強制的に呼び出しを受けて深夜にかけて3時間も遣った事のない男性の全身性障害者の入浴介助などをさせられて
 「泣きそうになり、心が折れました。」
 そう言っていた。
 その二の舞にならないように、掛けないで良いとメールを送った時間は遅かった。それ1回だけだったので、指導しろとかの電話かどうか分からない。とにかく、自立支援センターに繋いでアセスメントをしたというのだから、当社にはもう関係ないし先月で終わりという確認も終わっているというのだ。
そのようになっていても、
 「心配になって自立支援センターの相談員に何度も連絡をしたり、留守番電話を入れたりしているのですが全く不在だったり休みだったり、返事もくれないしうんともすんとも言って来ない。すでに、今月も3度も連絡をして今日も連絡をしても休みだというのです。どうしたらいいですか。」
 結論的に、
 「再度電話ではなく、担当相談員に訪問しなさい。そして、今日は休みだというのだから不在ですので、役所の障害担当窓口に行って報告と指導を受けなさい。」
 そう指示した。
 もうひとつの、懸案があった。バカ者が指示を無視して契約した夜間の利用者。意地悪くヘルパー潰しに楽しみを見い出していたようだった。抱いてトイレに行くのだが、その中腰の状態を辛く当たる。
厳しい姿勢のままでトイレで彼女を抱えながら苦しむ姿が自分が苦しんで居るのを重ね合わせて、嬉しいのかも知れない。衣服を着替えるのに、眼鏡をはずしてテーブルの上に置く位置も何度も直させるという。
そんな利用者なので、朝から断続的に入るケアが最後にはかなり遅くなる。その最後をする事業所が居なくて当社に依頼して来た。夜8時からのケアの筈なので受けたのだが、実際は夜10時から深夜の12時頃まで掛る。
 実際には1時間の計画が2時間も掛って1時間の請求しか出来ないような指導が自立支援センターからなされる。その改善をする訳でもなく、利用者に注意をする訳でもなく多くの事業所のヘルパーさんが潰されて事業所を去って行ったというのだが、全く意に介さない利用者と自立支援センターの相談員。
その自立支援センター管理者から断っても、断っても遣るように当然のごとく言ってくるというのだ。そんな利用者に対して対応は出来ないと断り、敬語を使いながらの変な言い合いになる。
それでも、
「振り切ってすっきりした。」
と管理者が言っていた。
そんな利用者の自分勝手な言動を注意もしないで我慢を強いる自立支援センターって何だろう。
 そんな具合で、男女それぞれ1名の性格的にも困難な利用者から離れてケアしたい利用者を継続することに成功して、体制を立て直してヘルパーを確保して営業に向かえることになった。

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報