お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(4810)立志伝敢闘編
18/12/04
2012年(平成24年)7月初旬。
土曜日の昨日に続いて、机の上の書類を整理した。横にある書類カートの中の書類も整理した。いよいよ、応接セットのテーブルに並べてある書類に取り掛かろうとした。目についたのは、先日入って来たばかりの2級ヘルパーのおばちゃんが寄越した時給に不満だというファックスだ。
不審だと、計算根拠はどうだとか、生活援助45分以上がなぜ1時間を超えても一緒だとか。あれこれと、不快な作話を交えて、
『答えて下さい。』
と言って来た。
放置したいが、現場が彼女の仕事ぶりを評価して沢山シフトに入れている。その為に、困惑している。それを、解決に結びつけないと行けない。
 仕方がなく、返事をすることにした。本来、こんな内容を取り上げているときりがない。基本的には、不満だったら沢山事業者があるのでそこと契約するといい、それが委託契約の基本だと。
当社は、長く働いてくれてステップアップを奨励して、それに応える方を優遇していると返事した。現に、介護福祉士などの資格者には総額の1割アップをしているなど加算をしている。2級ヘルパーの資格を持っているだけでは当社ではその恩恵が受けられない。
だから、将来の事を考えないならば好きにどこか自分の考えに合う業者に行けばいい。目先の事だけを考える方にピッタリの業者は沢山あるのだから。別に当社にしがみ付かなくてもいいんじゃないですか、そんな口調で書いた。
他のヘルパーさんたちを先導しようとしているので邪魔なのだ。
 時間はないのだが、そんな仕事だけでは面白くないのでその間、ネットで色んな発信をした。15日に市民後見人養成講座を終えるが、その後本格的に稼働する積りだ。それを、考えると本当にワクワクする。
その業務の指導をしてくれる京都の市民後見センターの所長にメールを書いた。先日紹介して貰ってスタートする筈の被後見人の方への対応はどうなったのか、そして、本格的にスタートするので指導をよろしくと。
続いて、広域交流会の同じメンバーの隣県のフィナンシャルプランナー協会長のおばさんにもメールした。とにかく、何を考えているのか分からない。前回の愛知県豊橋市での交流会会議の席上で、私たちが、
「駅からタクシーで来た。」
と言うと、
「車で来ると言った。」
と意地になって言い通す。
なんで、何で来ようといいじゃないかと言いたかったが黙っていた。今度は、次のスケジュールが7月16日という話になった時に、私が、
「7月16日は予定があると言った。」
と言い張る。
なんで、私が何もないと言っているのに。
 そんなこんなで、沢山の勘違いがある人で既に70歳を超えていると聞いては仕方がないと思うが、そんな他人に管理される筋合いがないので、本趣旨を理解して下さいと以前の謝罪のメールに対して返信した。
そのほか、当家の埼玉の自宅の評価額の問い合わせや、勧誘のあった全国の社長を取材して放映するという企画を確認して、私が出るのではなく代理店になるようなシステムに応募した。沢山のネットショッピングをして、ケアマネオンラインやケアマネドットコムを見た。
 多くの業者からお中元が届く。いつも同じものなのだが、私は全くお礼も言わないし送る事など全く興味がない。その中で、友人の保険会社の社長からも来た。何百万というあらゆる保険を掛けているが、段々と利幅が少なくなって来たのかその意味でお中元やお歳暮を見るとよく分かる。
当初の数年間は、大きな段ボール箱でおカキやせんべいを送って来た。暫くすると、その4分の1程度の大きさになった。そして、今回は雷おこしなのには驚いた。余りに落差の大きい対応に現実は、こんなものかと。
 一旦部屋に戻って昼食を作った。残り物が沢山あるのにハヤシライスを作ったのだ。鍋に牛丼用に牛肉と玉ねぎを煮たものが沢山。先日貰ったタラバガニの足を一本使って作ったカニ玉。茄子とピーマンの肉みそ炒め。もやしとピーマンと肉の炒め物。サバの味噌缶詰の残り。しゃけのカマの焼いた残り。そのほか、蒲鉾や海苔の佃煮、梅干しなど直ぐに食べられるものが沢山冷蔵庫にある。
何しろ、一人なのでもやしだってピーマンだって一袋一度に食べられないのでいつも残す。飽きるのと、料理が好きなので作ってしまう。そのハヤシライスも美味しかった。本当はカレーを作ろうと思ったのだが、冷凍の肉を溶かすと牛肉だったのでハヤシライスにした。
 それが終わると、洗濯に出かけた。昨日は敷き布団を洗濯した。今日は掛け布団にした。そのほか、枕カバーやタオルケット、バスタオルなどを洗濯。コインランドリーだが1時間半の洗濯と乾燥をしても乾かない。20分追加で乾燥してやっと終わる。
事務所にその間行って残りの書類整理。概ね整理がついた。気持ちよく月曜日が迎えられそうだ。

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報