お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(4717)立志伝敢闘編
18/10/17
2012年(平成24年)5月初旬。
 いつものように出勤して、いつものように仕事をする。但し、来る社員はこの期間は少ない。休暇に入る者が多いからだ。それでも、いつものような実績を立てて請求をする行為は変わらない。
私も、3日まで予定が詰まっていたが、この4日から6日までの3日間は外出の予定がない。人と会う予定がないと、何と無く仕事もはかどらない。
 遣らなければならない仕事は、もう何週間も前から社会保険労務士に要請されている資料約10点だ。毎日、1、2点ずつ揃えて送信して来たが仕事は休みなのだから結論付けなければならない。
それなのに、資料を見ようともしない。気が進まないのだ。余裕があるとどうしてこんなに仕事がしたくないのだろう。経費の4月分のまとめをした。多額の経費が出ているのを見ると驚く。抑えた積りでも、振り込みを除いた現金支出の一般経費が150万円を超える。
 目立つのは駐車場経費。これまでの3倍も掛かっている。ガソリン代は1.5倍程度。社員の業務上の駐車場使用は認めている。その経費が3万円も超えたのだ。ガソリン代は通常毎月8万円程度だったのだが、12万円を超えた。
活動が活発だったと思うので、4月実績が待ち遠しい。宴会を4回。介護福祉士合格祝い、花見パーティー、鍋パーティー、旅行打ち合わせパーティーで50万円程度。私の研修出張経費が10万程度。前月からの持ちこし経費が40万円以上あり。マイナス分は私が一時立て替える。カード決済も50万円を超えた。
 先月は研修センターの1フロア分の年間支払いが200万円。講師者金が100万円、研修会場費が200万円など結構纏まった金額が出て行った。今月も多額の支払いが続く。
NPO法人の4月決算が少々の赤字だと言われた。事務所設置経費がかさんだ。しかし、赤字決算は嫌なので3月に指定を取得しての収入が請求ミスで計上されていないので、その金額確認後売り上げに入れるので黒字になる筈だ。
 やっと、エンジンが掛かり社会保険労務士に提出する書類を作った。出産育児休暇後出勤して来た者のタイムカード1年分。助成金が出るのだが、それまで100万円だったものが今回は50万円になり、今年度から無くなった。これまであった助成金が悉く無くなった。国の財政悪化でこれからどうなるのか。
この日発表された子供の数は31年連続マイナスだという。貧困家庭の子供も大幅に増え続けて320万人に達するというのだ。4人家族で200万円以下の年収、2人家族で140万円以下の年収だというのだが、考えられない。このままでいくと、この国は後何年持つのか。
 突然、バカ者と私に言われている彼女が来た。私の辞令を無視して、新たな事務所NPO法人の団地内事業所に出勤している。事実を積み重ねてそのまま居座る積りなのだろうか。
他の会社だったらそんな事許される訳がないし、そんな事する者もいない。それでも、彼女はそれが許されると自分勝手に考えているのだ。彼女の頭の中の構造は別物だ。彼女が入って来る時には何も入室のサインはない。突然黙ってドアを開けて、室内の扉を唐突に開けて入って来る。
何を言っても彼女には通じない。それでも、悪気がないので誰も咎めるものが居ない。
 制服のカタログを取りに来たのだ。その際、
 「Sさんのお宅ですが、5社とのコラボをして大手事業所が家族に断られて当社に依頼が来ました。その方のケアマネジャーからもう少し入ってくれませんかと依頼が来ました。」
 そうなると、私は最初から言っていた。
 ただ、彼女が介入した時には危なく、初日に当社が断られたのだ。アセスメントに入った彼女からの正確な情報が無く、間違った人選になったのだ。彼女を社内独立させて、ああだこうだの言い訳を自分に向けるような環境を考えて、事務所を1部屋用意してファックスなどの設備も整えた部屋に移るように言ったのだ。そして、
 「期限は区切らないので、指定を取る準備をするように。」
 そう言ってあるのだが、逃げるなよという私の言葉を無視して新規事業所に行っている。
 相変わらず、仕事らしい仕事はせずに行ったり来たりして、今日はただカタログを取りに来ただけだ。
 来客はその位だった。一旦部屋に戻った。冷蔵庫に眠っている食材を早く使わないと悪くなる。しいたけ、ニンジン、昆布、鶏肉、牛蒡、油揚げ、かまぼこなどで混ぜご飯の具を大量に作った。次に大根、キャベツ、キュウリで一夜漬けのお新子を作った。これがまた絶品だった。
タネは塩に有る。最高級の塩を使っている。ぶりを三枚におろして貰ったアラを煮た。

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報