お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(4715)立志伝敢闘編
18/10/16
2012年(平成24年)5月上旬。
 近隣の鎮守様のお参りをした時に、奉納名簿にその方の名前があった。しかし、問題はその方の家や財産を管理していた方だ。誰なのか分からない。存在はあるのだが、関係が分からない。
その奉納名簿には無かった。通帳を見た時に、私を指導してくれている方が余りにも少ない金額に疑問を持っていた。年金はある程度あるが、それに比較して現金が僅かだ。少し出費がかさめば赤字になる。
認知症を患い金銭管理が出来なくて預かっていた男性は急死した。その通帳などを預かっていた男性の娘さんが、自分は預かる気はないと返上して来たのだ。
 その時も、その関係を誰も聞かない。本人では無いので、分からないと言われてしまったら終わりだ。正式な後見人では無いので誰も監督していない。当初幾らあったのかも分からない。
分からないまま、この地を去る事にした。色々写真を撮りたかったので向けるが、どうしてか実習生が邪魔になる。鎮守様をお参りするのが趣味の一つなので階段を上って行こうとすると、着いて来てそして私の前に行こうとする。
いつも写してくれるNPO法人常勤理事の智子さんも、
「写しにくくて困った。」
と言っていた。
ある場面では、仕方がなく一緒に写っていた。
 下って、今度は歌にも謳われた有名な野崎観音に行った。そこで、年に一度の大祭が行われている。その御寺で、人権問題をテーマにした写真展が開催されている。東日本大震災の時に障害者はどのような扱いを受けてどのように生き延びて、どのように亡くなって行ったのかを明らかにした写真展だった。
それも、後見人として学ぶ必要性があると考えたのだ。広い通りに凄い人だかりと出店。参道を進むと今度は狭くなり、両側の出店との間に人が相互に行けるだけ。途中、色んな芸を披露していたので見ていた。南京玉すだれ、バトントワリング、ひょっとこ踊りなど。階段を再び登る。
 ゆっくりと登るが、また、高齢のお婆さん実習生が張り切って先を行く。3時から開催の、この地域では有名芸能人がやはり人権について語るらしいが、余り聞く積りが無い。嘘つきだから。傍らに、チンドン屋の化粧を派手にした一団が写真を撮っていた。
一緒に写して貰おうと、公式の写真を写し終えた後に、思い切って
 「すみません、そのままで私と一緒にお願いします。」
 と、頭を下げると気持ち良く応じてくれた。
 ipadで写すと、チンドン屋の化粧をした劇団らしい方達から
 「ipadで写すの初めてだ。」
 とかいう声が聞こえて、終わったらNPO常勤理事が大きなデスプレイで見せたので、大きな歓声が上がった。そのうえ、子供たちが面白がって何度も大きくしたり小さくしたりいたずらして楽しんだ。
 そうしたら、傍に変な爺さんが来た。その派手な化粧をしている時に、一人だけ化粧もしない変な爺さんが写真に収まって居たのを見ていた。
 「俺を知っているか。これを見た事があるか。」
 そう言うと、顔を半分くらいに縮めた。
 なんと、あの一世を風靡したくしゃおじさんだ。
 「サバンナの八木のテレビにも出ている。たむらけんじのギャグは俺が考えた。」
 とか言い出した。
 それに驚いた様子で応じて、一緒に映ってくれと頼むと気持ち良く応じた。まだ、何か色々出ている番組を言っていたが、分からない。それでも、吉本興業に属しているような事を言っていた。そうすると、このチンドン劇団は吉本興業の方達か。
 急な階段を下りて、また元の駐車したスーパーに戻る。最後の反省会を障害者が運営しているパン工房に併設してある喫茶店でする事にして向かった。しかし、祝日で休みだった。駅中の喫茶店に入る。
 「6日間お疲れさまでした。反省会を行います。何か、お話しがありますか。」
 「私は、これまで同行して○○さんの進めているNPOの事業に加わって一緒遣って行きたいと思います。私を必要とするかどうかは、また分かりませんが。」
 私が聞きたかったのは、市民後見制度に関する障害者、高齢者などを案内してそれに触れてどのように感じたかを聞きたかった。しかし、話しは完全に飛んでいて、私が高齢者住宅関係の関わりをしているのを見ながら、自分もそれにイッチョ絡みたいというのだ。全く主題と異なり、自分の利益を得ることを前面に持ちだして来た。
 「先日ファクタリングの方のNPOを紹介してくれるお話しはまだ具体的な考えを聞かないとどうか分からない。」
 などと、儀礼的に話しをした事を自分を必要とされたと勘違いしているようで、その前は今と同じように私たちと一緒に遣って行きたいと言われ、その話しを言われると今度はそちらの方で自分の遣る分は自分が頂いてなどと言う。



一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報