お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(4699)立志伝敢闘編
18/10/08
2012年(平成24年)4月下旬。
 歩き疲れたが、腰の調子がいいには驚いた。痛いまま歩き通したので、翌朝は覚悟していた。ところが、こんなに軽くなるとは驚いた。混むと嫌なので、朝食は早目にホテル1階のレストランに行った。
まったく人影も無くまた驚く。空いている席の窓側に座った。暫くすると、若い女性が入って来た。どうしてか、私の隣の横の空いているテーブル座る。私の食事風景を横でしかも間近に見られる位置だ。
私のとっては真横だが、彼女はまっすぐ座って私の横を自然に見る形になる。こんなに広い部屋でこんなに空いているのに、何も嫌がらせのようにそこに座らなくても。
 お風呂に入り、休み11時半に部屋を出た。次に来るのは5月11日だ。外は天気予報通り霧雨が降りだして来た。今日は午後から雨との予報で、目的地品川区二葉に行く事が出来ないかも知れないと諦めて、東京駅までタクシーに乗車。
本当は近くの駅、上野か御徒町に行けば良かったのだが気持ちの良い運転手で、遠くの東京駅迄にした。岩手県の出身だという。来る時は福島県。先日の運転手は青森県。みんな東北の出身だ。余り地元の人は運転手はしないという。
 東京駅に着いたが、迷わず大井町に向かった。幸い曇りで、降って居なかった。足の皮がよじれるような感じだったので、ゆっくりと歩いた。私は1年中裸足で、長距離を歩くには不向きだ。
昨日は24000歩、歩いたようだ。懐かしい大井町駅を阪急ホテル側で降りて、坂を上って東急線に向かった。東急大井町駅から高架に沿って歩き、下神明駅を目指した。
 商店街は余り変わって居なかった。線路に沿って並ぶ高層住宅群は旧国鉄アパート。以前は郷ひろみが住んでいたという。反対側の不動産屋は、あの阪神タイガース田淵の不倫相手で子供をもうけて話題となった女性の実家だ。
会社を休んで通い詰めていたパチンコ屋もまだあった。
 丁度アーケードが切れるところから、見慣れない道路があった。以前は店が並んでいたのだが、無くなって道路となっていた。高架橋の下の店は看板だけで、全て閉まっていた。通ったスナック、定食屋、飲み屋がまだ看板を残していた。思わずシャッターを切った。
高架橋との狭い間をすりぬけると、まだ有ったのだ。私が20歳から24歳まで過ごした部屋が残っていた。アパートは既に無くなっていたが、改修して形だけ残っていた。前の部屋がパーマ屋。奥の私の部屋がくし揚げや。それも、立ち飲みが出来るように出窓になっている。出窓は、私の住んでいた当時は台所だった。周りを回りシャッターを押した。
 下神明駅も懐かしい。反対側に妻が住んでいて、付き合い始めていつも送って行った。そして、結婚してからは私が彼女の部屋に転がり込んでいた。近くの公園。あのタコのオブジェと新幹線のCMがあったがこの公園で写したのもだと、今でも住んでいる友人が言った。
 近くにあった学園は、社会福祉協議会の福祉や介護の専門学校となっていた。暫く散策して、品川駅まで歩こうと思ったが足の皮の状態が良く無く諦めて大井町駅に戻った。
 そのまま東京駅に戻って、時間調整をした。いつも迎えに来てくれるNPO常勤理事が、婚活パーティー探査で遅くなる。戻る時間も彼女の終わる時間に合わせようと思った。
お土産を買おうと色々見たが決まらない。余りに決まらないので今回は辞めようと思った。それでも、時間が余っている。予定では6時に着けばいいのだから、まだまだ余裕がある。
やはりお土産で時間を潰すのが一番だと思って、「東京ばな奈キャラメル味」を5箱買った。
 新幹線はいつもの「のぞみ」では無く、「ひかり」にした。その方が30分余分に掛かる。5時半に着いて、移動時間をみれば約束の6時頃に着ける。乗車して気付いた。私は、ひかりものぞみも車両は同じで供用だと思っていたのだ。
しかし、同じグリーン車だったのだが全く仕様が異なった。遅いだけでグリーン料金は同じではないのか。金額も確認していないが、あきらかに「ひかり」のバージョンはダウンしている。
 いつの間にか眠って仕舞って、そんなに長い時間を感じなかった。到着して、連絡を取り合いながらやっといつもの駐車場に着く。探査に行ったパーティは彼女にとっては苦痛なのだ。
前の日からいつものように腹痛を起こし、行かないと言い出し、それでも意を決して参加。少しは積極的になったようだ。今の男はどうしようもなく、自分で話しも出来ないしジッとしているだけだとやっと分かって来たようだ。
 すし屋で夕食を摂る。カロリー制限を意識したのだが、昼も夜も駄目だ。歩行運動に期待しよう。

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報