お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(4555)立志伝敢闘編
18/07/21
2012年(平成24年)1月中旬。
 宮城県は、優勝した経験を持つ強豪校だった。しかし、昨今は厳しい。昨夜から西京極駅近くのリノホテル京都に宿泊していた。今日の為に、遅れないようにしていたのだ。
朝のホテルでのバイキングの朝食は美味しかった。沢山食べてしまった。栄養を付けて、いざ出発したが寒い。西京極まで歩く積りだったが、寒さに断念。西院駅から1分程度の阪急電車。
30分前に着いたが、待ち合わせだった改札口にはそれらしい人は見当たらず、周辺で時間潰しで15分前に全員集合した。16人というメンバーは寂しい。
 徒歩で直ぐ近くの競技場に。競技場では、以前の優勝チームのパネルが貼ってあったりして、記念写真を写す。スタンドインすると、地元の京都県人会の方が既に陣取っていて、しかも酒をもう飲んで居た。
勧められるままに、座って一杯。スタートまでのイベントを見て、アンカーの紹介とミニ駅伝などをして、いよいよスタート。スタートすると、もう我々は2時間何もする事がない。
県人会の会長の計らいで近所のスナックに集合。そこで、酒盛りだ。大勢の方から名刺を頂いたが、あいにく持ち合わせていない。失礼して、貰うだけになった。宮城県の地元新聞河北新報の方や地元金融の七十七銀行の支店長などの挨拶を受けた。
 また、県の事務所長や副会長などの名刺も頂いた。会長は、私の15年高校の先輩で以前お会いして親しくお話しさせて貰った。2時間近く、このスナックで過ごしたが、出されるものが繊細な京都料理とは似ても似つかぬもので、ほとんど口にしなかった。
折角一生懸命に作ってくれて申し訳ないと思ったが、余りの分量とその内容に食欲が進まなかった。みんな同じだと思う。
 いよいよ、アンカーに替わって競技場に近付いて来る頃にスナックを出て競技場に向かう。みんなと同じ競技場には入らず、いつものように我儘な一人行動。各県の郷土料理を食べたかったが、全て完売だった。
その中に、隣の県の福島のブースがあった。あの西田敏行さんが応援に来て居た。直ぐに近付いて、腕を取って写真を写して貰った。NHKキャラクターなど写した後、競技場入り口でアンカーの到着を待って宮城の写真を写した。26位だった。そのあと、スタンドに戻り最後の応援をして一旦3時頃に解散。
 疲れたので、近くのモスフードで休憩。4時に動きだして、八坂神社に向かう。この日行く積りで予定して居た。6時からタワーホテルで走った選手の慰労会と、京都県人会の新年会がある。
それまで、時間がある。ipadで検索をして、西京極から八坂神社までの移動経路を調べた。阪急電車直線で、烏丸駅で下車して1-A出口から出ると表示された。その通り行くと、その出口はない。
26、27等とあるだけ。結局、本来は河原町つまり次の駅で下車が正しかったのだ。そんなものに頼って、間違っていたらこんな事になる。徒歩で10分。隣の駅まで歩き、続いて同じ距離を歩きやっと夜の八坂神社に到着。
 幻想的に浮かび上がる山門などを急いで携帯に収めて、参拝。厄除けのお守りを購入して、タクシーで京都タワーホテルに到着。15分前に到着した。会場では、昼間一緒だった方と同席だった。
駅伝の選手が全員着席。同じフロアの会場では、多くの県の祝賀会や慰労会が行われていた。皆さんは、既に長い間会員として活動されていて顔馴染みだが、私は全く初めてで親しめない性格がもろに出てしまった。
 酒を飲む事が出来る時から、他人に注ぐ事をしない。勿論、注がれるのも好まない。全く無い無い尽くしで、着席していた。色んな方が、入れ替わり立ち替わり注ぎに来る。私が、一人で余り打ち解けないので心配でまた来る。
少し話をするようになったが、また途切れる。そう言えば、私は宴席が嫌いで余り参加しなかった。今も、年に数回社員との宴席を設ける位だ。昨年の外部者との忘年会参加は珍しい事だった。
 選手の紹介が始まった。大学で記録を出したり、大学駅伝で優勝したメンバーが居たりしていた。その中で、一番有望な岩川真知子選手に選手の自己紹介が終わった後ツーショットの写真をお願いして実現した。
将来、オリンピックなどで活躍した時にいい思い出写真になる。2時間余りの宴席だったが、思ったより盛り上がらないと感じた。
 沢山の手土産を頂いて、帰宅の途に就いた。帰れば、また普段の仕事が待っている。頭の痛い懸案を思うと、萎える時がある。それも、こんな風に県人の方に会って騒いだり、話しを聞いて貰ったりしていると気が晴れる。これからも、出来るだけ県の集まりが有ったら参加して少しでも役に立つようにしたいと思っている。
 果たて、日本の経済はどうなるのだろう。介護報酬改定の関係もあるし。会社や従業員などの行く末も考えないと行けない。

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報