お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(4531)立志伝敢闘編
18/07/09
2011年(平成23年)12月下旬。
 いよいよ、クリスマス会が開催された。10時までに会場にとの集合指示があったが、NPO法人常勤理事の智子さんが居なければ全く動く事も出来ない私は、いつもの通りの彼女の準備不足で、到着が11時過ぎになって仕舞った。
会場に着くと、既にお土産物を袋に詰める準備は終わり掛けていた。仙台市の「ずんだ餅」セット、宮城県の銘酒「浦霞」のオリジナルセット、宮城県気仙沼の名産品詰め合わせ、仙台の銘菓「白松が最中」セット、それだけ入ってもう一杯。
「頑張ろう宮城県」の名産品を集めて250個のお土産セットを作った。お客さんが230人という事で、十分な数になった。そのうえ、先輩が東京から持って来てくれたアパレルのブランド品200着の洋服と100着のセーターなどを展示した。
 ホテルのカラオケルームを3時間ゲットして練習に入った。デュエット部門の先輩など6人が入って念入りに準備。自信を持って会場に。チマチョゴリを着て来た社員のブーケを頂いてホテル3階の会場に。
8室の宴会場をぶち抜き、幹事のコスチュームも準備完了。昨年行っているのである程度の流れを掴んでいるので、気持ちは大丈夫。ただ、新人が幹事なので不安要素は始まる前からあった。
 スタート前に、チマチョゴリ姿の家族を囲んで記念撮影。終わって、彼女だけ残って記念撮影。終わって、私と一緒に撮影。受付でごった返えする中、5分だけ空けて貰って幹事全員で記念撮影。
入場が始まる。ヘルパーさんとその家族だ。続々と埋まるが、まだ埋めきれない。遠くから来ている家族もいるので、スタート時間を5分遅らせた。8割方埋まった処で、開会の前の代表挨拶。
始めようと思ったら、音楽が鳴っているのに予定していたスクリーン上での映像が流れない。
 直前にあれほど準備をして流しているのに、何故だと思いながらオープニング曲は流れる。ゆずの「栄光の架橋」だけがむなしく流れる。がっくりきた。あれほど、念入りに考えてみんなから集めた写真。それが流れないとなると、何のためのここ数日の準備だったのだ。
 曲が終わり、私の挨拶だ。悪い事は続いてマイクが入らない。3度言い直して、やっと入る。その間、映像が流れる筈なのに、流れない。心の中で、何故だという思いが強く、話しをしていても気になって感情が入らない。
バカバカしい会になりつつあった。開会の辞を介護管理者が行う。幹事紹介を自立支援のサービス提供責任者が行う。そして、スタートだ。子供のカラオケから始まった。また、音が出ない。
あれほど、音声に疑問を持っていたが何度言っても改善されない。昨年と同じだ。慌てて掛かりの者が操作をしに来たのだが、途中から音声が流れたりして可哀そうだった。
 そんなハプニング続きだが、大盛り上がりの会場で段々と安心して来た。じゃんけん大会ではTVや自転車の景品、勿論当社のブランド米のお土産も。ポップスカラオケでは、私が呼び寄せた歌のうまい添乗員が来て歌ってくれた。
彼女は、添乗員をしながらヘルパーの仕事をしている。しかし、若い24歳で凄く会話がうまいので引く手あまたで添乗員の仕事が忙しくて、結果的には今年は一度も当社の仕事をしていない。しかし、どうしても来て欲しいと呼びよせて来て貰った。
 それに、彼氏が出来たと言って来た当社から出向している社員が彼氏を連れて来て挨拶に来た。次々と挨拶に来るが、家族なので分からない。借り人競争は会場が一体となって大騒ぎ。
演歌部門のカラオケ大会は盲目の歌手が今年も出場して賑わせた。ビンゴはなかなかビンゴに到達した人が居なくて、出始めたら予定の商品数が不足して切り捨てられたのが反省点だ。くじ引きで、3DSが最高の商品だった。
 事業所対抗は素晴らしい出来だった。時間の無い中、本当に有難い事だった。一世風靡の「拝啓、道上より」だったか女性社員がスーツを着て歌い踊った。マルマルモリモリでは幼稚園児の格好で踊り、最後にAKB48の歌と踊りだった。
 もう一方は、私はデュエット部門の仮装で忙しくて見ていなかったが、元女子プロレスの社員がそのままで出ていた。
 その後沢山の催しがあり、あっという間の5時間だった。
 私は、これから群馬県沼田に行く。今日は伊香保温泉に夕方まで行かないと行けない。妻と待ち合わせだ。
天気予報では、雪の注意報があり新幹線も遅れが出ているという事だ。早目に出て、余裕を持って行かないと待ち合わせが出来なくなる。
 残りは、新幹線の中で。

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報