お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(4525)立志伝敢闘編
18/07/05
2011年(平成23年)12月下旬。
 主任ケアマネ研修会場近くに、いつものように宿泊。余り歓迎しないバイキングの朝食を頂き、出発。ホテルとは目と鼻の先で道路を挟んで向かい側に会場があり、通勤をしなくなって12年もの年月が過ぎたので体は楽だ。
以前の通常の専門分野のケアマネジャー研修会には通勤時と同じ時間帯に電車に乗車して会場へ向かった。会場には30分も早く到着したが、半分程度は埋まっていた。今日は第7班だった。
グループワーキングがあり、それぞれの班に8人ずつ分かれる。700人を7回に分けて、100人単位で日程を決められている。約100人が今日の出席だ。
 余り他人と話をしたく無いので、端の席に座った。順々に席が埋まって行くが、ペアの時間が半分あるのでそれも気掛かり。見るからに嫌な性格、意地悪そうな奴とは組みたくない。
女性が8割近くだ。女性の意地悪さと言ったら半端じゃないし、それも集団になるから手に負えない。特に、専門分野のケアマネ研修会では、そのような雰囲気に不快な思いをしていた。
しかし、出席をするのが嫌なのは、講師のレベルが低過ぎてどうでもいいような事に時間を費やして、専門的な内容に欠けている。
 そんな事を考えながらいると、向かいに座った方が若そうだが得体の知れない雰囲気だった。あとは他人の顔を見る積りも無かったが、何回目かで顔を合わせた人が居たのを見て、訳の分からない知ったかぶりをした知識がありどうどうにか振り撒こうとしている中年女性だと思い出した。
目を合わせないようにして、新聞を開いて読んでいた。最後に隣に座った方がいたが、全くみなかった。いよいよ授業が始まり、いつもの通り自己紹介が始まった。地域包括支援センターの方や、ある一定地域の方が集まっていると知った。しかし、それほど興味も無く、最初だけ人の話しを聞いていたが半分は聞いていなかった。
 今日の講義が始まってオリエンテーションがあり、二人ペアのワーキングが始まった。隣の方と初めて向き合った。
 「先日の人権の関係の講義で、講師と意見を交わされていたのを聞いて一度お話ししたいと思っていました。」
 そう言われて、まじまじと顔を見た。
 いつもそう表現をするが、この方は本当に綺麗な方で笑顔がまた素敵な方だった。こんな方にケアマネジャーをして貰うなら、それだけで幸せだろうと思わせる顔立ちだった。
安心感を与える、優しさが滲み出る方だった。調子に乗り過ぎてしまった。10分間に持参した主任ケアマネジャーに相談する内容を説明するのだが、説明の途中で自分の素性について聞かれた事に時間を取られて仕舞って、タイムオーバー。
それでも、話し続けるので窘められてしまった。交代して、スーパーバイザーとスーパーバイジーの立場で再び話し合った。10分ずつ攻守交替して合計40分。そのほか、講評などを加えると午前中の半分の時間を彼女と過ごした。
 現金なもので、これまで講義の内容などに不満を持っていて行く気持ちをもつ事が大変だったのが、あっという間に時間が過ぎてしまって楽しくなって来た。男性は幾つになっても女性の掌の上に居る。
 1時間の休憩を挟んで、午後に入った。グループワークに移った。事例を基に、ロールプレイをした。班の中でそれぞれの配役を決めるのだが、私は全くやる気がない。他の人たちはやる気が前面に出てなかなか決まらない。
午前中、隣の彼女が積極的に自分が先頭に立って遣る姿勢を見ていたので、午後も同じ人選でいいのじゃないかとそれで決まった。しかし、次のコマでも同じでという主張は成り立たなくなり、他の7人で決めて貰えばいいと何もしない姿勢でいた。
 堂々巡りで、ジャンケンで決める事になり、私が進行役になったのだが、遣りたくないので
 「他の若い方に、または地域包括支援センターの方に遣って貰った方が実践的で。」
 と、言ったのだが
 「やりましょう。お手伝いしますから。」
 そう言って、隣の綺麗な女性に肩を叩かれて励まされて、受け入れした。
 あとは、どうでもいいけれど2時間程度費やしたロールプレイ終わったのが4時半だった。
 休憩時間に、瞑想にふけっている私の背中をトントンと突然叩く方が居た。
 「お休みの処、申し訳ありません。トップハートの佐藤社長さんですか。」
 不審な顔をして、返事をすると
 「うちの娘が、職業訓練の講座を受けてお陰さまで就職も決まりました。」
 そう言って、お礼の言葉を貰った。
 余り大きな声だったので、私の素性が知れてしまったと困惑した。
 隣の女性に、
 「今度、25日のクリスマス会に社員の写真を幼少の事から放映するのですが、その写真を取りに帰って来たんです。」
 そう言って、持って来た写真の一部を見せた。
 あと4日間で終わるが、どうやら続きそうな感じだ。

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報