お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(4515)立志伝敢闘編
18/06/30
2011年(平成23年)12月中旬。
 本来は、埼玉の自宅に戻っている日だった。ところが、妻が沖縄に行っているということで、帰れなかった。翌週になる予定だ。その予定変更になって、仕事が出来た。まず、年末調整の給与等データ入力がほとんど終わった。
あとは、みんなの控除する科目の証明を貰って入力して年末の給与の入力で終わりだ。定期的な給与の他に、講師料などがある。経験のある者は、例えばガイドヘルパーの講師をしている。また、就職支援の手話の講義やキャリアコンサルタントの料金など入力した。
 途中から非正規雇用から正規雇用に替わった者、登録ヘルパーから社員に替わった者などの非正規雇用時代の金額の入力。
 それが終わり、今度は登録ヘルパーさんの報酬計算。まだ全部の部署のデータは出て来ないが、かなり減った。社員を増やしたのでその分が減ったのだが、もう少し減ってもいいと思っている。
新人社員が多いので戦力化するまでにもう少し時間が掛かる。
 新入社員といえば、今月面接をして試験的に働いて貰う予定だった2名が駄目と烙印を押した。一人は、独身の元タレントで介護処遇が嫌だと思っている者だった。最初から分かっていたのだが、推薦もあって使ってみた。
しかし、やはり逃げてしまった。40代半ばでトンデモナイ考えで居るようだ。まだ、タレントという気持ちが抜けきれないようで度々そう言った言動を出していた。その指導に当たったサービス提供責任者が言っていた。
 「とにかく、遅いです。」
 「とにかく、介護が嫌なんだから、いやいやながら遣っている。資格を取るために我慢していたが、仕事としてやる積りなどさらさらない。逃げてばかりいて、事務仕事だったらやるといった様な態度だった。」
 そんな会話に終始する元タレント自慢の中年女性だった。
 1週間で、退去した。
 もう一人は、性格は良さそうなので、採用する方向で介護に預けた。子供が小さく、勤務時間は人より少ない。自転車しか乗れない。そんなハンデがあっても、何とか使いたいと思っていた。みんなに紹介して、最初から1週間休む。出て来たと思ったら、早く帰る。そして、また直ぐに子供の件で休む。現場からクレームがあった。そして、また休みたいと連絡があり、私も責任が持てなくなったので、取り敢えず時間の取れる20日まで強制的に休み。
その時に、もうお互いに無理だと言う確認をしようと思う。
 そして、今日、70歳爺さん社員が管理している新人女性が
 『事故を起こして、頭を打って入院したようです。』
 というメールで、一体どうした事かと頭を悩ませる。
 新人の災難の時期に来ている。
 そう思っていたが、探し物が出て来た。今度のクリスマス会のオープニングに、写真をスライド化して流す事にした。一人15枚程度。新人を除く社員兼務の役員を除いて15名分。
ひとり15枚程度。これに、これまでのイベントや旅行などの社員を加えて600枚程度準備する予定だ。その中で、私の携帯電話で撮影した中期の記念の写真が残っている筈だ。
その、携帯電話は2年前に切り替えた昔使用していた携帯の本体に入っている。その本体が見当たらない。部屋のあちこちを探していたが、見つからない。気を入れて部屋中を探そうと思っていた。
 そして、今日事務所にて間違って消してしまったヘルパーさんの報酬データの復旧作業をしていた。以前の振り込み金額を確認するのに、沢山の通帳が鍵の掛かる机に引き出しの中に閉まってあるので、以前の通帳を引っ張り出していた。
引き出しの奥の方に、沢山の名刺などがあり手を入れて全部搔き出していた。そうしていると、指に引っ掛かるつるっとした物があり掴んで目のあたりにすると、何と探していた以前使用していた携帯電話なのだ。
幸運を感じた。この年末に来て、妻が沖縄に行っていてくれたから仕事もかなりはかどって、気持ち的にゆったりできる。
 何しろ、ヘルパーさんの入金は今週なので計算や入力はこの土日が無ければ、月曜日に遅くなっても終わらせないと行けない。何故なら、火曜日には主任ケアマネジャーの研修の為に宿泊、そしてその研修の為に水曜日には1日中拘束される。今日だって、結果的に終わったのは夜7時になっていた。
 気持ちの流れは、みんなクリスマス会の方向に向かっている。何かをするという思いがあり、介護もしているという状態の社員がほとんどだと思う。たまには、そんな事もあっていいと思う。
AKBの演技をする12名の若い女性集団。それでも、
「スカートが短いので倍の衣装を取り寄せて、スカートの半分を切り取って縫い付けて長めにした。」
と、報告があった。そんなのは報告しなくていいのに。

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報