お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(4511)立志伝敢闘編
18/06/28
2011年(平成23年)12月中旬。
東北だけかと思ったら、九州や信州なども混じっていた。宮城で少し買物をして、今度は宮崎に行った。肉巻きやかまぼこなど大量に買う。山縣、岩手、青森でもそれぞれのお土産を買う。
新潟は全品売れ切れ。北海道もあったが、商品はない。福岡でも買い物をした。鹿児島はお客様が一杯でスタンプだけ。信州で野沢菜などを買った。一番応対が慣れて居るようだった。茨城や千葉など沢山の件を回って、沢山の商品を抱えてしまった。
 お菓子も沢山持ってしまった。随分使ったが、それよりなにより体重が増え続けてしまって、どうしようもないと悩んでいるのに食べ物ばかり買い込んでしまう。そればかりか、昨日も大きな袋一杯に食料品を買った。
久しぶりに行った京阪百貨店の火曜市だ。大きな冷蔵庫なのだが満杯で入らない。会社の冷蔵庫にも通販で取ったおこわや明太子が沢山入っている。そして、今日も長崎県壱岐島にブリを頼んでしまった。
10キロサイズの半身を13000円位だった。着いたらどうするのか。呆れ果てた買物客だ。
 そして、週末には帰省する。帰省の目的は、写真だ。今回のクリスマス会では、私の最初の挨拶時に流す音楽がゆずの「栄光の架橋」だ。音楽も詩も聞いて貰いたい。その間、みんなの写真をスクリーンに流そうと思う。
社員でも、昨年在籍した社員だ。今年新人が沢山入ったが、考えていない。一人10枚から15枚程度をお願いして、1枚1秒くらい。5分の歌と挨拶とを合わせて10分。600枚必要になる。
15人程度なので15枚として200枚強。そして、会社で色んなイベントで写した写真が沢山あるのでそれを加えようと思う。その準備をしないといけない。その写真を受け取りに帰省するのだ。
 午後、アパレルの仕事をしている先輩にメールした。紹介してくれた業者から請求書が来たのだが、その金額が話し合った金額と異なっていた。つまり、約束の掛け率の上代に対する6掛けが6.5掛けになっているのだ。
5%上乗せになっている。何と商売の下手な奴だ。
「長い付き合いが出来ない奴だから、いいけれど。」
と言った。
 『その請求書をファックスしてくれますか。』
 そう言って来たが、丁度外出中で出来ないので明日と返事をした。
 そのついでに、同じ宮城県の先輩なので
 『宮城県の物産展に行って、クリスマス会のお土産を買いに行きました。沢山発注して来ました。』
 そう送信すると、
 『俺も、逸品を提供します。』
 そんなメールが来たので、いつも冗談が過ぎる先輩に
 『臭いのきつい物は止めて下さい。』
 そう送ると、返事が来なくなってしまった。
 何しろ、高校時代からのお付き合いで、ずっと私の保証人として、何の利益にもならない印鑑証明書を送ってくれたり実印を送ってくれたりして、本当に自分の利益を後回しにするブッタのような先輩だ。しかし、冗談が過ぎて
 『クリスマス会のディエットの時にスーツを着るなら、蝶ネクタイを送るから』
 そう言って、本当に送って来た。
 先輩も、わざわざ招待に応じて仙台から来る事になった。折角来るので、当社の誇る介護管理者と私と同じ対抗戦、つまりディットをする事になった。先輩達の歌う歌は「ロンリーチャンプリン」だが、介護管理者に聞くと彼女が男装して先輩がドレスを着て女装だと言う。
しかし、先輩は意外と硬派なのでそんなの事前に分かったら来なくなってしまう。3日前に来るまで黙っている事にした。その上、先輩は
 「俺とおまえはよくある付け足しの賞で、特別賞狙いだな。」
 と言って、笑っている。
 そして、
 「車で走りながら練習している。一人カラオケに行っている。」
 そう言っていた。
 その練習が無駄に成る。
 色々新しい処を探したが、見当たらない。今日は寒いので、スーパー銭湯に行きたかったが、折角繁華街の物産展に行くので、帰りにたまには違ったところに行きたかった。しかし、あれこれ迷っている間に遅くなり暗くなったので、戻った。
そして、いつものスーパー銭湯に行った。2時間後戻って来て食事をした。買って来た中から、宮崎の肉巻きと仙台の海鮮おこわを食べた。そして青森のリンゴキャラメルとキャンデーをなめて、岩手の南部せんべいを何枚食べた。これから、ずっと物産展の商品が続く。

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報