お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(4086)立志伝敢闘編
18/04/24
2011年(平成23年)9月上旬。
今は、新潟県新発田市駅前「新発田第一ホテル」にいる。長時間掛けて書き込みをしたが間違って消して仕舞った。
意欲が無くなり、一旦中止して外出商談の準備をする。
今度は、新潟第一ホテルに移動して日中の疲れをとっている。朝、ipad操作を間違って消して仕舞った。出発前の記録のやり直し。
 午後事務所を出て新潟に向かうので、忙しく慌ただしく仕事をしていた。出版社に送る原稿の最終校正。昨日、印刷に出したので最低限の直しなので2ページだけ直したかった。原稿に向かうと、キラキラ目の珠緒チャンが来る。出版する本の話し、新たなソフト開発の件、昨日倒れ救急搬送された社員の件など話していると、自立支援のサービス提供責任者が来る。
来月から始まる移動援護の、申請書に押印しヘルパーの給与計算書を受け取った。
介護実績がでたが、本社介護実績が大幅に伸びている。6月に比べて8月は、40%も伸びている。ツートップが辞めて人件費は大幅に改善されるし、売り上げは大幅に伸びるしこんないい事はない。
 今度は、研修センターの事務局高学歴社員が来る。各種講習を縮小ばかり考えて、新たなものを創造した事もない。自分が楽をしようとするだけ。新たなサポートする人材を入れても、どうでもいい事をさせて実質的な仕事はさせない。
明日の夜に、市のバランスシートの研修を受ける指示をした。すこしは、原価意識が芽生える期待があった。
 そろそろ、出ないと予定した新幹線に乗車出来なくなる。話しを打ち切り、片付け始めると介護サービス提供責任者から、代表者印を押してと連絡あり。待つ間に、原稿の校正を急いで終えて宅急便に出せる様に準備。
先月末で退職した本社ツートップへの離職票送付の準備もした。急いで、介護サービス提供責任者が来て押印した。限界になり、部屋に戻り着替えをしようとしたところで、先ほど来たサービス提供責任から、電話。
「もう、事務所を出ましたか?」
「部屋に戻り着替えている。」
「書類の間違いがあり、もう一度押して貰いたいのですが。」
「ドアポストに入れて置いて、駅に向かう途中寄って処理するから。」
これで、新発田駅に6時に着くのは諦め7時に切り替える。
 新大阪駅に40分後に到着し、直ぐに乗車した。直ぐに眠り、3時過ぎに東京駅。数分後上越新幹線に乗車した。また、眠る。新清水トンネルを抜けると懐かしい風景が拡がっていた。
感傷的気持ちを浸る間もなく新潟駅に到着。白新線に乗り換え、やっと新発田駅に到着。駅前の「新発田第一ホテル」に投宿。
到着して直ぐに、隣にある小さな店で海老と蟹の天重を注文した。



一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報