お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(4017)立志伝敢闘編
18/03/17
2011年(平成23年)7月中旬。
 私は、金曜日に本社の男性社員が来た時に、本社に出勤していないと分かったのだ。それにしても、70歳爺さん社員の二枚舌作戦の問題が発覚したのは、管理者ともう一人のツートップの退職騒動だった。
その時点で、
 「彼をどうするのか結論を出すように、その結果を報告しなさい、その通りに実行します。」
 と、管理者に言ったが、何も言って来なかった。
 唯一、70歳爺さんがこのように結論が出ましたとメールをくれただけだった。その内容は、軸足をこの守口の事務所に置いて本社には忙しくなった時に手伝う事ですと言って来たが、張本人の二枚舌の70歳爺さんが言って来ること自体おかしいので、
 「管理者が結論を言って来るのなら、そのようにするので、軸足も何もここに来る必要なはい。」
 そう言い渡していた。
 その間、私は本社事務所で実績などを手伝っているのかと思った。それが、そうではなかったのだ。勝手に出勤するのを止めて、家に居たのだという。それすら、現段階でも私には分からない。
管理者がメールで言って来て初めて分かった。出勤簿は、9時から6時まで全ての平日出勤している事になっている。とんでもない暴挙で我儘で身勝手なのだが、自分はそんな風に思っていない。
土曜日に、実習型雇用制度の継続に関して正社員登用するにあたり自己評価を60項目程度記載して貰った。
 ほとんどがA評価だ。これほど問題を引き起こしても、頑として認めないのは、筋金入りだったのだ。それにしても、本社の管理者もどうして結論を報告するように言ったのに、返事をくれないのか。
 「70歳爺さんが二枚舌を使って身勝手にやった行為を収束させるために、何で自分が動かないと行けないの、と怒っていました。」
 との報告を、他の者から貰っていた。
 これが、一般の会社だったら管理者の責任問題に成るのに、自分勝手にしているのは70歳爺さんも管理者も同じだ。70歳爺さんは、きっと自分がいじめに遭っているから行かないのは当たり前だ、会社の問題だと訴え、管理者はこんな二枚舌で身勝手な奴の尻拭いは御免だと、それぞれ身勝手な言葉を吐くだろう。
しかし、組織として考えた場合こんな対応理解出来ない。給与をどうしても一般会社並みにしようと思って頑張っているが、無理かもしれない。こんな程度の低い管理者では。
 そして、入って来る男性社員はお粗末な奴ばかり。最初の数カ月だけとか数日だけまともで、後は我慢しきれず化けの皮が剥がれる。
 夜に、70歳爺さんが報告に来たいと言っていたが、断った。もう彼に何をして貰うかではなく、取り敢えず出勤していない期間の穴埋めをどうするのか、責任が無いというなら退職して貰う他ない。
毎年、男性の問題と本社の問題には頭を悩ます。管理者を始めとして、ツートップは退職前提で考えて行こうと思っている。既に公言している。
 朝一番で、キラキラ目の玉緒ちゃんが来た。23日に帰省するが、その日程の確認と時間を聞いて来た。嫌に念入りに聞くので、疑念を感じた。私の誕生日は24日だ。先日、代表という者が来て
「誕生を祝いたいので時間を取って下さい。」
と言って来た。
それは丁寧に断った。今度は、プレゼントを渡したいと静かに潜行して買い求めているらしい。
 「俺に金を使うな。お金は大事に使いなさい。」
 そう諭していたが、どうやら実行するようだ。
 23日に渡したいという話を噂で聞いた。品物とか色とか買物に行った者を知り得たので、困って仕舞った。張本人達は潜行しているのだが、分かって仕舞った。どうしようか悩んでいる。
いつもなら、午前中は仕事をして午後に事務所を出て新幹線に乗車して、東京に夕方到着というスケジュールなのだが、午前中の出勤は取り止めにして早目に出てしまおうかなと思っている。
もうそんな心配はいらないのだ。昨年もプレゼントを頂いた。もう恒例化してしまったら、負担になって仕舞う。
 10時半に、社会保険労務士が来た。私が、社内の問題を話し出来るのは彼女しか居ない。来る度に、問題があるので呆れ果てているだろう。ひと月に1度は来るが、その時その時で新たな問題が発生している。
70歳爺さんをどうするのか、新たに社員とした2名の勤務内容の問題。それだけで、2時間余りを要した。書類を処理する時間など大したことないのだが、私の話だけで相当な時間を付き合っているので、本当に申し訳ない。
 NPO法人常勤理事の智子さんが、ついに諦めて会いたいとコンタクトのあった男性と会う決心をした。気が進まずにいたのを、少し押してしまって私も後悔している。
「止めるなら止めるように。」
と言ったのだが、もう遅いようだ。


一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報