お知らせ


お知らせ

RSS

一覧に戻る

トップハート物語(4006)立志伝敢闘編
18/03/11
2011年(平成23年)7月中旬。
今では、失敗したと思っている。その一つが、元女子プロレスラー世界チャンピョンだった者の採用。登録で何とかなるかなと思っていた。
しかし、目算していた生徒が他の方面に行ってしまったので、研修担当の高学歴社員が推薦するので、試験的にイベントなどを開催することを念頭に実習型雇用制度で採用した。何度も、上司に当たる高学歴社員に事前に話しをしていた。
 「高校卒業して女子プロレスラーになって、引退後水商売をしていたので事務的な資質はない。顔が広いというなら外に出る仕事をさせるように。席に座って、パソコンなんかいじりだしたら目も当てられなくなってしまう。楽して給与が得られると考えてしまうので、最初からその余地が無いように指導するように。人材紹介事業が手付かずであるので、募集している事業所に片っ端から挨拶に行かせるように。その積み上げが結果に繋がる。」 
 そう何度も言っていたが、私が何度か研修センターに行くといつもいる。
つまり、外出させて営業的な仕事をさせるように言ったのにも拘らずパソコンの前に座って暇そうに、私が事務所に入ると慌てて仕事をしているようなフリをするのが分かった。7月1日の入社時点で、年金手帳の提出を指示したが何度請求しても、何の返事もない。
何度か高学歴社員に指示をしたが、全く持って来る気配すらない。その前には、
「私にも携帯電話やiphoneを揃えてくれませんか。」
と能天気な事を言う。
堪り兼ねて、事務所で何をしているのか聞いた。
 「受講生が持って来たハローワークの求人票を打ち込んで名簿を作っています。」
 「名簿を作ってどうするんだ。」
 「人材紹介の案内書を出します。」
 「もう何日もそんな事をして、どんな利益を産むんだ。ハローワークに求人票を出している事業所は、金を出してまで求人などしない。何度も言っているが、新聞の折り込みなどに出している事業所を回って営業するようにしないといつまで経っても結果が出ない。」
 そう言って、一週間。
 年金手帳の件もあって、強制的に午前中に年金手帳と業務日報を提出するように直接指示した。やっと、持って来た。その内容を見ながら、大半の時間を≪人材紹介事業事務処理≫と書いてあるのに対して、
 「事務処理ってなんだ。何軒回った。」
 「外に行って、無料配布している雑誌など集めて載っている求人事業所の名簿を打ち込んで居ます。」
 「営業に行ったのは何件ですか。」
 「1件だけです。」
 「そんな名簿を打ち込んで、何になるんだ。名簿が無くても営業は出来るだろう。それを求人票を見て、電話を掛けて事業を紹介して見込みがありそうだったら訪問して、それから名簿を作成するのが筋だろう。その時間、一体何時間だ。誰がその間の給与を稼いでいるんだ。みんな暑い中をケアに走って、戻って来て事務処理をしてという作業をしているんだ。中にいて、涼しい、ここに入って得した等と思っているなよ。何も直ぐに契約を解除しても良いんだからな。」
 何故か、みっともないと思って居るのかニヤケテいる。
 「いいか、いつまでもこの会社にいると思うな。俺だっていつまで続けるか不明だからな。自分の道は自分で考えて外に行っても出来るようにしなさいよ。裏表のある奴はこの会社は続かないからな。」
 そう言って、何度か厳しい言葉を投げた。
 心に届いたかは不明だ。
 同じ、研修センターでも誠実に過ごして真面目で、銀行勤務の経験があり数字に強くて、手話に長けている社員が来た。重宝していて、元女子プロレスラーと違って誠実を絵に書いたような感じだ。
にこにこ笑って、現在受講している聴覚障害者への対応は彼女がしている。それでも、家庭の都合があり勤務時間は月間30時間程度だ。待遇に他の社員との差はない。
 彼女が精算などをしに来た。6月から新人として採用したのだが、NPOにも加入して貰った。昨日の活動と懇親会に参加して
 「初めて食べたものばかりで、美味しかったです。」
 「そんな事はないだろう。」
 「本当です。一人5000円のコースなんか、普段食べられません。佐藤さんについて行くと美味しい物が食べられると聞きました。」
 「何をそんな事を言って。」
 彼女を紹介した支援費社員がそのような事を言ったのだろう。困ったものだ。
 先月退社した嘘つきせんと君も来た。彼は登録として働いているが、NPO法人会員となって新たな仕事を得られるように模索している。
以前、熱帯魚を育てて販売を自営としてやっていた。それを思い出して、藻を育ててネット販売しているという。結構取引があると以前言っていたが、
 「この暑さで、繁殖し過ぎて藻が絡み売れなくなってしまいました。」

一覧に戻る


  • ヘルパー講座・セミナー 最新情報
  • ケア事業・サービス 最新情報